2017年5月10日 (水)

ナビ、パーキングブレーキ線をムニャムニャ

ディーラーオプションのナビ、パナのストラーダ(CNR-300WDFA)ですが、プログラムや地図のバージョンアップにはどうしてもシリアルナンバーの登録が必要という事で、仕方なくパネル剥がしです。
うまい具合に筐体上面にシリアルナンバーが記載されていて、裏面にアクセスせずに済みました(^_^)

20170508_165054



あと、ナビ本体から出ている若草色・ピンク・紫/白の3本線のコネクターで、若草色の線をカットして延長し、ナビ本体を固定しているビスにクワガタ端子で共締めしました。
(この3本線、コネクターの先車両側で別の色の線になるので、間違いに注意です!)
これでサイドブレーキを下ろしてもフルアクセスできるようになりました。
走行中はナビもテレビも2秒以上の注視は道交法違反ですから、停止時以外はじっくりと見ない、触らないようにしましょう。
工場出荷オプションではできない小技ですが、ハンドルでボリューム操作ができるとか、工場出荷オプションはそれはそれで便利だと思います。

20170509_104015

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

サブコン追加 & ベンチェリー効果?パーツ

スバル XV 2014 C型 FB20 です。
(2.0i-L eyesight)

サブコンピューター等を取り付けました。
ECUの学習済データにサブコンが割り込むので、バッテリーは外さないで作業します。
効果はそれなりにありますが、一度に取り付けたので、どれがどの様な効果かわかりません。
が、あくまでもごく普通の走りの中でのもたつき(もっさり感)の軽減です。
これに関しては満足していますが、俊敏さを求めるなら、Sモードにした方が手っ取り早いです。

ミニコンとミニコンアルファは、それぞれ 1 のレスポンスモードにしてあります。

下記4点の取り付けです。

siecle(シエクル)
minicon ミニコン F2A
miniconα ミニコンα54ARS
レスポンスリング RF06RS

TGS
スロットルスペーサー TGS-301SSSR61

20170501_122733

 
 

************************
minicon(ミニコン)


エアフローメーターのカプラーに割り込みで取り付け。
カプラー類はぶらぶらしていると断線につながるので、適当な所にタイラップで抱き合わせる。
コントローラー本体は、うまい具合にがたつかずにすき間に収まってくれています。

20170501_174333

 

 

************************
レスポンスリング

同社の同時装着推奨品ですね。
他車種ではインテークパイプ内で脱落の情報もあるので、アルミテープで脱落防止です。

20170501_121813

 
 
 

************************
スロットルスペーサー

これはシエクルではなく、TGS 製です。

インテークを取り外すと、スロットルボディーには簡単にアクセスできます。
エアクリ側とスロットルボディー側のバンドを緩め、インテークからEGRホースを抜いて取り外します。
スロットルボディーからコネクターを抜いておくと、ボルトの脱着作業がしやすくなります。

組み付け時は、インテークにEGRホース、スロットルボディにコネクターをはめ忘れないように。
私はスロットルのコネクターを戻し忘れてエンジンをかけてしまい、エンジンチェックランプを点灯させてしまいました。
この場合、エンジン・オン>オフ>再度オンを5回か6回繰り返すと、チェックランプの表示が消えると言う事でしたので、やってみたら消えました。
閒のオフ時間を1分おくとかの情報もありますが、続けてやっちゃいましたが消えました。
消えない時は、ディーラーで消してくれるそうです。(有料か無料かはわかりません)

20170501_122633

 

 

************************
miniconα(ミニコンアルファ)


エアクリーナーボックスの空気取り入れダクトを外さないと、1番気筒(右タイヤ側、前側の気筒)にアクセスできないので、事前にピン2箇所を抜いて、ダクトを外しておきます。

これはインジェクターのカプラーに割り込みで取り付けるだけ。
鉄製のインジェクターカバーを10mmのボックスレンチで取り外し、配線をカプラーに割り込ませて取り付ける。
ここもぶらぶらしないように、適当に抱き合わせ処理。
配線は熱くなるエンジンに触れないように、吸気管側にタイラップで沿わせました。
コントローラー本体は、ヒューズボックスとバッテリーの閒に設置。
本体をヒューズボックスに両面テープで貼り付け、アース線はヒューズボックスの後ろ側、ストラットタワーのアース取り用のボルトに共締めしました。
スライドスイッチをエンジン側にすれば、手探りでスイッチを切り替えられます。

20170501_103855

20170501_174321

20170501_175514


| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

散る桜、雨でへばりつき

毎年桜が散る時期、それに合わせて雨が降ると、こうなります。
乾いていれば吹き飛んでしまうのですが、雨混じりだと、へばりついてしまいます。
すぐに流しましたが、フロントガラス下の排水穴とかが詰まるので、面倒です。

20170418_101848

| | コメント (10)

2017年3月28日 (火)

電車かー・・・

今乗っているランカスター、知人が現状承知の上で来年の車検まででいいから乗りたいというので、譲る事となった。

リサイクル料金と自動車税、重量税を月割りで算出し9万円ちょっとなので、ちょうどの所で10万円とした。

となると、埼玉の中古車屋まで電車で行かないとならない。

うーん、けっこう面倒くさいな(^_^;

Ws000502

| | コメント (2)

2017年3月21日 (火)

ランカスター、間もなく別れの時が・・・

オイル漏れの続く平成13年(2,001年)型のランカスター(スバル現行アウトバック)、16年目で諦める時期が来てしまいました。
この車種のエンジン、EZ30型やEJ型は、お漏らしは付きもののようです。

Img_20120407_0932

エンジンをスチームで洗浄し、オイル交換と共にオイル漏れ留め材を投入しました。
滲み出るオイルがエンジンの熱で固まって漏れを止めるのですが、漏れの量が多すぎて固まらなかったようです。
新たなオイルの漏れが車の下にできており、小皿ほどの大きさで黒光りしていました。
車両火災にもなるかも知れないので、ここらが潮時かも知れません。

次はダウンサイジングでスバルXVの中古を探します。
と言うか、発注しました(^_^;
車庫証明を取らないと、面倒だなー・・・

この色で、ルーフレールは無しです。
アイサイトは要らないのですが、希望の色だと付いて来ちゃうんですよね。
(×_×)

A408f079ca2c66e81f6d91ca602ad1fe618

| | コメント (0)

2017年1月24日 (火)

ランカスター、ミラー交換

仕事中だっちゅーのに時間が空いたので、レガシィ ランカスター BHE-D のミラー交換です。

先日、狭い道ですれ違いざまにまん中よりを走ってきた車に当てられて、割れてしまいました。
K察には事故届けを出してありますが、相手は割れていなかったようで、行ってしまいました。
まー、相手が端を通らなかった事による事故でもあるので、ちょっと腹立たしいです。
でも場所・状況的に、二次災害を防ぐために、そこに留まれなかったのは仕方がないのは分かっていますが・・・
20170116_190155



ネットで内張の剥がし方をググってから始めました。
数年ぶりに電動格納機能も復活して、嬉しいですね(笑)(^0^)

ミラーはツートンになってしまったが、塗装する気無しですから。w
でもとにかく、北風ピューピューで寒かった~(×_×)
20170124_140316

作業自体は難しくないのですが、16年もたつと、内張を留めているプラのピンが割れたり折れたりしちゃいますね。
20170124_130725



スピーカーのウレタンエッジですが、経年劣化でボロボロとなっており、ぐるっと一周何もなかった(笑)(^0^)
当然放置しますww
20170124_130621

なんとか左右で1時間以内で終わりました。慣れれば左右で30分かな。内張剥がしのツール、絶対にあった方が良いね。買ってあって良かったです。
これ1本で重宝しますね~♪(^0^)
Img56629932

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

マイクロPTFE と マイクロボロン

添加剤って言うと、昔っからこれが好き!

30数年前は、どこが発売していたんだっけ?
自動車工学やオートメカニックに広告が載っていたっけな。
昔はPTFEとセラミックだったが、今はセラミックじゃなくボロンなんだね。
「マイクロフロン」と「マイクロセラ」だったかな?
今は値段もリーズナブルだし、グッドです。
これだけ(PTFE100g、ボロン50g)有れば、俺が死ぬまで足りちゃいそうだね(笑)

化学合成オイルをちょびっと加えてねっとりと練り上げれば、テフロングリスやセラミックグリスが作れて、重宝しました。
粘度も自分で調節できたしね。

パワステのポンプがちょっとうなっているから、PTFEを少し入れてあげよう(^_^;

_dsf3254

| | コメント (0)

2015年9月 6日 (日)

老体に鞭打つ

15年目のSUBARUのランカスター君、入院です。

今度は電動ファンとかエアコンのコンデンサーのガス漏れ、コンプレッサーの異音。
コンプレッサーはリビルド品5万円を使っても(新品は倍以上)、コンデンサー(これもリビルド)と併せて12万円コース確定。
で、ついでにラジエターコアも交換になっちゃった。(爆)σ(^◇^;)
と言うことは、今回の修理
電動ファン
ラジエターブラケット
ラジエターコア
ボンネットオープナー用ケーブル
エアコンコンプレッサー
エアコンコンデンサー
エアコン高圧ホース
以上修理代、25万円コース決定!
車を換えるよりは安いと言ってもさー・・・
あと5年乗るためだから、しかたがないけれどさー・・・
財布には厳しいね。。。

| | コメント (0)

2015年8月27日 (木)

ランカスター、又修理・・・

先日の那須2泊3日、初日はなにもできなかった。

だって・・・銚子>宇都宮東北道大谷パーキングで仮眠>ファンぶっ壊れ(×_×)>銚子に戻る>代車に乗り換え>那須に向かう>18時にホテル着、だったから。

と言うことで15年目に入ったうちのレガシィランカスターBHE-D君、エンジンクーリングの電動ファン交換・・・がすんだら、今度はボンネットワイヤーの交換だって。

年寄りになると医療費がかかるのは、人も車も同じだなー・・・

| | コメント (2)

2014年9月27日 (土)

オイル漏れ対策

Dsc00936_2  14年目に入ったレガシィ・ランカスター3.0、満身創痍ってほどじゃないけれど、あちこちおかしくなってきています。
まだまだ致命傷には至らないので、めざせ21年をスローガンに、老体に鞭を入れさせてもらいます(笑)

  しかし数年前から顕著になってきたのが、水平対向エンジンの弱点、オイル漏れ。
漏れというか、滲みというか・・・
オイル交換の間の減りは、7,000km-8,000kmで、アッパーレベルだったのがロワーレベル弱になるくらいだから、ポタポタといっているわけではなさそう。
でも今年13年の車検を終えてから、とみにその滴下が激しくなってきている気がします。
新鮮なきれいなオイルの方が、漏れやすいのかなー???(爆)σ(^◇^;)

  と言うことで、オイルリークストッパー?を注入!
ブツはネットで調べた結果、これにしました。
NUTECと言うところの「NC-81plus」というもの。
外車やさんなんかが使う、ヘビーデューティー仕様のようです。
このサイトを参照しました。

20140926_193130

  オイル量が6Lなので、1本半を投入。
なんとなくオイル量がオーバーフローしちゃう気もしますが、漏れを考えて、まーいいかなと。
すんげー適当です。(笑)
オイルが減ってきたら、残りを投入しちゃいましょう(^_^;

  これの注意点は、テフロン系の添加剤との併用が不可と言うことらしいです。
弾いちゃうから漏れ箇所に吸着できないと言うことなのでしょうか?
ま、とりあえず、2ヶ月前にオイル交換してあるので、そのままぶっ込みました。

あと、AT古井戸にも使用不可ですので、ATミッションに入れないように要注意。

  さてさて、漏れが我慢できるレベルまで緩和されるかどうか、しばらく様子見ですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧