2015年12月30日 (水)

レコードの録音

Dscf2984


ピーク-2dBで録音したのですが・・・
このレコード、コンプレッサーがバリバリにかかっていますね(^_^;
ダイナミックレンジなんて語れないですよ、これでは(笑)

Ws000247


ちなみに下記は、ヤマハのセッションシリーズ(非売品)のレコードの波形です。
本当にたまにある過大入力だけにしかコンプレッサーは反応していないようですね。

Ws000240

こちらはジュニアマンスのジュニアからの一曲目ですが、やはりコンプレッサーは最小限ですね。

Ws000241

| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

ベルベット

昨晩プチ工作で、レコードクリーナー改造。

皇室御用達の天鵞絨(てんがじゅう/ベルベット)仕様。(右側)

こんなの張った椅子に座ってみたいわwww

20140110_120827

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

デジタコ

たこ焼きじゃないです。

デジタルタコメーター(デジタル表示の回転計)です。

20130322_013248

これ、買わなきゃ良かったと、大後悔・・・
いままでビミョ〜な回転差なんか気にしなかったのに、数値として現れると、も〜気になっちゃう!(笑)
時々刻々と、聴感上変わらない程度とは言え数値が変わるのは、精神衛生上良くないよね。(×_×)
確かに縞々ディスクもほんのわずかにではありますが、流れているし。
ふっと「ダイレクトドライブの時には気にしなくて良かったなー」って、思っちゃったりして。
でも老眼っぽい目には、縞々ディスクとにらめっこするよりは、楽に読み取れるんですよね、デジタル表示は。(爆)

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

接合型スタイラスチップ

先日、ピッカリング(PICKERING)の NP/AT-S と言うカートリッジを手に入れました。

このカートリッジ、一部からはカモメマークのシュアーのM44よりもアメリカンサウンドと言われています。
私は聴いた事がないので何とも言えませんが、そう言うことなので手に入れてみたのです。

オークションでの説明でトレース不良という事でしたが、どうせ針先に汚れがこびりついているんだろう程度に、高をくくっていました。
そうしたらチップがこんなありさま!
先っぽが無い!(爆)
出品者、あまりにも掃除のしすぎか何かで、接合型チップのダイヤ部分をすっ飛ばしたようです。(笑)

Tip_00

アルコール系のクリーナーを使うとたまにあるそうです。(レコード針専用のクリーナーの殆どは、アルコ-ルフリーの様です。)
アルコール系ですと、まれに無垢ダイヤの物でも剥がれ落ちる事があるそうです。

どちらにしても、ジャンクで状態を承知の上で購入したので、なんとか換え針を調達しないと使えませんね。
幸いこの型は、これ以降の色々な型の針が差せるので、苦労はしないで調達できます。
価格も4千円未満ですしね。

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

ビフォァ・アフター

久しぶりにプチパチノイズの激しい中古盤に出会ったので、レコード盤のクリーニングのビフォァ・アフターを録音してみました。
とか書きつつ、単に自分用の録音の片手間ですが。(^_^;

レコードは、ハービーマンのラテンマンのA面です。
まー、歴史的名盤ではないですが、ジャズというかコンテンポラリーというか、ラテンリズムにのって小気味良い演奏が聴けます。
私はハービーマンは大好きです。

どちらのファイルも録音レベルは一緒で、音加工は、一切していません。
レベルもノーマライズしていないので、最大音量には達していません。

なおどちらのファイルも、初めの10秒ほどは無音溝のトレース音です。

ファイルはしばらくしたらリンクを解除します。

http://db.tt/Pw49RKFz
こっちがドライクリーニングだけで録音したファイル。
相当激しいノイズで、いかにもレコードを聴いている気にさせてくれます。(笑)

http://db.tt/ZHnH4aYi
こちらのファイルは、普段プチパチノイズが激しいときや、カビが生えている時に行うクリーニング作業後の録音です。
先のファイルと比べれば、一応 ”鑑賞” に堪えるかな、と思います。
とは申せ、私の持っているレコードの中でも、クリーニング後にこれだけノイズが残る盤も珍しいです。

このレコード、MMカートリッジとかじゃなく、クリスタルカートリッジの重針圧にさらされていたのかも知れません。

| | コメント (0)

2013年1月25日 (金)

「歯ブラシですが、なにか?」 Part2

これで見てくれも悪くないですよね?
6096

交換するときは、ブラシ部分を熱湯にさらして・・・瞬間接着剤だから熱湯で取れます。
6097


黒く塗ろうかな・・・
6098

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

針先、ピッカピカ〜♪

小物調達は、ティアックの電動スタイラスクリーナー「TZ-60」です。

20130122_171559


でもねー、鞭毛ブラシらしいのですが、毛なんて無くなって、禿頭〜♪
と言うか、最初からこうなの???
よくわからないです 。

20130122_171617

でもね、ここに水を1滴か2滴垂らしてスイッチを入れて針先をのせると、あれまー水が振動を伝えてくれるらしく、ピカピカになっちゃいました!

_mg_6092

| | コメント (2)

2013年1月17日 (木)

追従するレコードクリーナー

先日作ったこのレコードクリーナー、ボンドG17が剥がれて脱落しちゃいました。(×_×)

_mg_6045_02

部屋が部屋なだけに、やっぱりほこりが多いので、針に追従するクリーナーが欲しいという事で、またまたこんな物を工作してみました。
20130117_224718

ネジとナットとスペーサーと歯ブラシ(勿論システマ!)だけなので、工作って言えないかな?(^_^;
20130117_224734

厳密に言えば、歯ブラシが鳴いていると思います。(爆)
静電気を発電していると思います。(核爆)

σ(^◇^;)

でも最内周の溝まで追従してくれるので、いい感じ。(^_^)
針先も見た目でほこりの付着は感じられませんでしたので、一応実用にはなるようです。
でもなー、もうちょっとかっこよく作れないかなー?
ブラシの色も黒とかが有れば良いのですが・・・

| | コメント (0)

2013年1月10日 (木)

針先、磨いたよ

今日も元気に音楽を奏でてくれている鏡面白文字君、でもちょっと最近音が変です?
普段から柔らかいブラシじゃなく、結構腰のあるナイロンブラシで針先をなでてはいますが、どうしたってほこりやレコード溝の汚れがこびりつきます。
そこで先ほど、ダイヤモンドチップのお掃除をしました。

カミソリの刃で、そーっと優しく撫でてあげました。
左がお掃除前で、右がお掃除後。
お掃除後でもチップの先っぽにほこりが付いているのはご愛敬。σ(^◇^;)

V15type3_tip_bfr_aft


歯ブラシくらい腰のあるナイロンブラシでレコード片面ごとに針先をこすっていても、これだけ汚れがこびりつくんですから、チップ脱落の危険がなければ液体のスタイラスクリーナーを使いたくなるのも、まー頷けますよね。

これでまたしばらくは大丈夫です。

\(^O^)/

| | コメント (0)

2012年12月22日 (土)

店に置いてあるレコードプレイヤー、どうしても人が動き回るので、通常よりはほこりっぽいらしい。

片面の途中でも、結構針にほこりが溜まる。

トッププレートにねじが切ってある穴がちょうど良いところにあったので、苦肉の策で細い4mmのボルトをねじ込み、スタントンのカーボンファイバーブラシのクリーナーをパイプを使って取り付けてみました。

_mg_6045_02

このカーボンブラシ、ブラシの毛は驚くほどしなやかなんです。

幸いにも、レンコはアイドラードライブなのでそれなりにトルクがあり、回転力不足から来るぶれも全くなく使用できました。

といっても、プレー中に落ちてきた浮遊物を回収してくれるだけで良いので、パイプを上下させ軽く触れさせている程度です。

やっぱりCDの方が面倒くさくないなー・・・(×_×)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧