« クラッチホルダーに悪戦苦闘 130Nmは手強かった | トップページ | サイドカバーの化粧直し »

2022年5月11日 (水)

復活までもう少し

クラッチホルダーの峠を乗り越え、前のエンジンからFCCの強化クラッチキットを移植しました。
20220509-165605

 

これでここをホルダーで押さえる事が出来、ドライブギア(フロントスプロケット)を130Nmで締め込みました。
この時に気がついたのですが、前回ここが緩んだのはスプロケットが裏返しで奥まで入りきっておらず、そのためギア溝付きの座金がシャフトの溝にはまっていなかったのが原因でした。
今回座金を交換した時に気がついて、良かったです。
危なく事故るところでした。
20220509-165621

 

その後ヘッドを載せてカムチェーンをセットしました。
カムチェーンの脱落防止金具のプラスネジ、そこらに転がっていた六角ボルトに交換しておきました。
20220510-100426

 

フライホイールの半月キー、最初、こいつに30分ほど手間取ってしまい、まいりました。
そしてうまくはまったと思ったら、今度はカムスプロケットのボルトを締めるときにチェーンを落としてしまい、又やり直し・・・
まーその時には直ぐにはまったのでよしとしますが(笑)(^0^)
20220510-140924

 

その後エンジン固定ボルトを本締めしたり、腰上のロングボルトをセットしたりして、この日は終了です。
疲れるとろくな事が無いので、クラッチカバーとジェネレーターカバーのパッキンを取り付けて本締めは、また後日。
それにしてもこのツートーン、いくらダサさが売りの下駄トレヤでも、あまりにも格好が悪い配色だなー・・・何か手を考えないと。
20220510-172948

 

#下駄トレヤ
 #エストレヤRS 
#エストレヤ #エストレア #estrella
 #250TR  #FCR #FCR33 #FCR-FMJ #FMJ
 #フレキシブルメインジェット #ASウオタニ
 #SP2パワーコイルキット #SPIIパワーコイルキット

 

|

« クラッチホルダーに悪戦苦闘 130Nmは手強かった | トップページ | サイドカバーの化粧直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラッチホルダーに悪戦苦闘 130Nmは手強かった | トップページ | サイドカバーの化粧直し »