« 2021年9月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月 9日 (木)

デイトナのヘルメット用スピーカー

デイトナのバイク用イヤホンという、有線でマイク無し、本当に聴くだけの製品をOGKのカムイ3にインストール。
購入後にPCのイヤホン端子につないで聴いたら、普通に音楽も聴ける良い音でしたよ。
20211209-094816

 

充電も同時に出来るように、スマホからの二股分岐アダプター(音声・マイク(4端子)+電源)  、それと 4端子を3端子に変換するアダプターも買い求めました。(左端の方)
マイク付きのスピーカーなら4端子で良いのですが、スピーカーだけの製品は3端子に変換しないと使えないので、要注意です。
スマホ > 分岐アダプター > 3端子変換アダプター > イヤホン となります。
20211208-232653


付属の厚手のスポンジパッドを使い耳に軽く接するくらいにすると、上で書いた様に非常に良い音で鳴ってくれます。
音楽を聴かない時にはスマホナビの音声案内だけ認識できれば良いのでパッドを取り外してもOKですが、音質的にはシャカシャカしてしまいます。
ただ、耳の圧迫感が強いと長時間では耳が痛くなるので、注意しましょう。
20211208-235535

 


接続時の端子を使わない時は、写真の様にパッドの裏に押し込み、パッドを戻せば隠せます。
活躍するのは来年かな?w
20211209-091439

 

#下駄トレヤ
 #エストレヤRS 
#エストレヤ #エストレア #estrella
 #250TR  #FCR #FCR33 #FCR-FMJ #FMJ
 #フレキシブルメインジェット #ASウオタニ
 #SP2パワーコイルキット #SPIIパワーコイルキット

| | コメント (0)

2021年12月 7日 (火)

下駄トレヤ、ジェントルになり・・・過ぎたかな?

デイトナのインナーサイレンサー(200mm長)を仕込んだWMのキャブトンマフラー、狙い通りにジェントルに、マイルドになりました。

そしてレスポンスも若干落ちましたσ(^◇^;)

しばらくはこれで様子見ですが、大人しすぎるようなら少しカットするか、100mm長の物に交換するかも知れません。

 

#下駄トレヤ
 #エストレヤRS 
#エストレヤ #エストレア #estrella
 #250TR  #FCR #FCR33 #FCR-FMJ #FMJ
 #フレキシブルメインジェット #ASウオタニ
 #SP2パワーコイルキット #SPIIパワーコイルキット

| | コメント (2)

2021年12月 1日 (水)

マフラーの音量を下げてみた

WMのキャブトンマフラー、確かに見た目もかっこよく、音もいかす。

20210118-135125


でも最近思うのは、観光地に行って音量の大きなマフラーってどうよ?、って事。
マフラーの大きめな音量を(法的にどうよって言うのは置いて於いて)否定はしないし、今まで好ましく思っていたし。
簡単に言うと、自分自身が250cc単気筒独特の破裂音を伴うような排気音に疲れてきたって事。
SR400みたいな低音主体の排気音なら疲れないのかも知れないが、BJ250エンジン特有の物なのか、250cc程度の単気筒がそうなのかは分かりませんが、音質的にエストのエンジンの排気音は耳障りな感じがする、と思い始めたのもあります。
音量は大きいが、デイトナのJMCAマフラーの方が、音質的には耳障りな音がしなくて好ましかった。
でも、WMにしたのはキャブトンだから。
そう、下駄トレヤに乗り始めた頃はトライアンフタイプの後ろ側がシュッとした姿が好きでしたが、途中からフランクフルトに棒を刺したようなあのキャブトンの姿が好きになってしまい、WMにしたんですよ。

と言う事で、デイトナのインナーサイレンサーを、エキパイとサイレンサーとの接合部にしのばせてみました。
Ws000002

 

部屋の中で始動して見ただけですが、パンパンと歯切れ良かった(これが耳障りだった)のがだいぶマイルドになり、耳障りな音が無くなった感じです。
かと言って、音量自体は隔壁タイプのJMCAマフラーよりは、若干ですが大きいかも知れません。
音量を余り下げずに耳障りな破裂音だけを取るなら、100mmタイプで良いかと思います。
走行性能はまだ分かりませんが、トップエンドのパワーは落ちているだろうなーσ(^◇^;)

さて、取り付けですが、簡単にはいかなかったです(>_<)
サイレンサー側には入らないので、こんな感じでエキパイ側に突っ込んでみたいと思います。
エキパイは、外径38mmです。
20211130-185946

 

何度か押し込んだり試行しながらディスクグラインダーでカットして、うまくはまりそうな長さにしました。
最初は左のサイレンサー側を1cmほど残したのですが、たった1cmでもはめ込むことができませんでしたので、写真のようにギリまでカットしました。
20211130-192142

 

こんな感じで、無理なくエキパイに仕込むことができました。
結果、BJ250独特のパスパス言うような高めの音が消え、耳障り感が無くなりました。
音量に不足を感じたら、今回の200mmから短めの100mmに付け替えても良いかもしれませんね。
100mmなら頭をカットするだけではめ込めますし、加工が楽です。
20211130-193111

20211130-193116

 

#下駄トレヤ
 #エストレヤRS 
#エストレヤ #エストレア #estrella
 #250TR  #FCR #FCR33 #FCR-FMJ #FMJ
 #フレキシブルメインジェット #ASウオタニ
 #SP2パワーコイルキット #SPIIパワーコイルキット

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2022年1月 »