« FCR-セッティング 22 | トップページ | FCR-セッティング 23 »

2020年7月 6日 (月)

フューエルコックのオーバーホール

250TRとエストレヤ、フューエルコックの出口の向きが違います。
左側はエストレヤ用の新品コックです。
右側がオーバーホールした250TR用のコックです。
タンク幅が狭い250TRは、下出しだとホースがヘッドに当たっちゃうのでしょうね。
20200704-132732

 

エストもノーマルキャブだとそのまま下向きに出しても良いのですが、キャブを換えて流量の多いフィルターを装着すると、エンジンの放熱フィンに当たっちゃうんです。
今までは断熱材やゴムシートで当たりを防いでいましたが、250TR用のコックを使い、写真の様に後ろ向きに出してやろうかなと、中古コックを買って、メンテナンスしてみました。
元々、エストのコックをオーバーホールしようと思い、ダイアフラムやOリングなどは買いそろえてあったので、そのまま使用しました。
Filter_test_01

 

分解したところです。
4穴のガスケットが写っていなかった...(^_^;
20200704-125730

 

レバー部のOリングは、ボロボロでした。
こうなると、回すのが凄くきつくなります。
組み付け時は、Oリングに薄くグリスを塗ってからはめます。
20200704-125133

 

各摺動部には、耐薬品(耐ガソリン)性のグリスを極薄く塗ってから、組み付けました。
写真のグリスは、キャブレターのFCRで使うフッ素グリスのバリエルタです。
このグリスはものすごくねっとりしており、気をつけないと直ぐにべったりとついてしまいます。
リング 51039-003 (タンク取付部用)
ダイアフラム 43028-1033
リング(0) 92055-1085 (コック用)
ガスケット 11009-1188 (4つ穴が開いている丸いの)
20200704-131322

 

 

#エストレヤRS #エストレヤ #エストレア #estrella #250TR 
 #デグナー #FCR #FCR33 #FCR-FMJ #FMJ #STEED 
 #スティード #フレキシブルメインジェット 

|

« FCR-セッティング 22 | トップページ | FCR-セッティング 23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FCR-セッティング 22 | トップページ | FCR-セッティング 23 »