« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月17日 (火)

銚子みなとまつり中止

\銚子みなとまつり中止が決定/

5月16日(土曜日)・17日(日曜日)に開催予定だった「銚子みなとまつり」を中止します。

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況から、市民の皆さんや観光客の皆さんの健康と安全面を最優先に考え、銚子みなとまつり実行委員会で決定されました。

令和3年度以降は例年どおり8月第1週の土・日曜日に開催する予定です。

問合せ 銚子みなとまつり実行委員会 
銚子商工会議所0479-25-3111
銚子市観光商工課0479-24-8932

89932896_n

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

タンクのイメチェン準備-2

アクセントのラインステッカーと、ニーパッド部分以外のウレタンクリアーを剥がし終え、オフホワイトのタンクになった下駄トレヤです(^0^)ここからどうやって格好悪くなく(格好良いのは一番NG!)、でも田舎臭い感じの雰囲気にするか?無難なのは、純正色の様に枠内だけ白を残し後は黒塗りでしょうか。アクセントステッカーは剥がすと地金が出そうで怖いから、そのまま色づけせずに生かす予定。ニーパッドは剥がし取ると変形しそうで怖いので、できればそのままやりたいところ。最終的には「艶消しウレタンクリアー」の予定なのですが、このまま艶消しクリアーを吹いてタンクバンド、という逃げの一手も有りますね。悩むところです。いっその事、全黒に逃げるか?σ(^◇^;)

取らないで塗装しようとしていた下駄トレヤのW650ニーパッド、簡単に剥がれた。ネオジム磁石はがっちりと付いていましたが、両面テープ部分は、ウレタンクリア層ごとベリベリと簡単に剥がれちゃった(笑)(^0^)この後、ガムテープで残ったクリア塗装を除去しました。

 20200313-184912

20200313-184818

#エストレヤRS #エストレヤ #エストレア #estrella #250TR 
 #デグナー #FCR #FCR33 #FCR-FMJ #FMJ #STEED 
 #スティード #フレキシブルメインジェット 

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

タンクのイメチェン準備-1

なんかタンクの模様替えをしたくなった。
艶消しの黒、今風に言えばマットって言うのかな?

とりあえず、ニーパッドを残してクリア層を剥がした。
シルバーのアクセントラインを残して艶消しの黒にし、耐ガソリンのためにウレタンクリアーの艶消しを吹く予定。

なんか艶の無い白も良い感じかな?(笑)(^0^)

20200312-224230

 

#エストレヤRS #エストレヤ #エストレア #estrella #250TR 
 #デグナー #FCR #FCR33 #FCR-FMJ #FMJ #STEED 
 #スティード #フレキシブルメインジェット 

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

エストレヤ・250TR、カムチェーンのこと

2,004年式250TRのヘッドを予備で取ってあります。
キャブエストの持病、チェーンテンショナーのトラブルですが、現在は簡易対策で対応中。
それで引ききれなくなった時のための、対策済みのヘッドです
未対策の物に比べると、テンショナー取り付け位置が1cmほど左にずれています。
今のヘッドは簡易対策済みなので、これはメンテして取っておきます。
対策前ヘッドでもチェーンが対策済みの物が付いているのもあるようで、そう言うモデルは、3万キロ以上削れないようです。

エストレヤのエンジンでは 2,005年後期から、250TRだと2,003年後期以降なら、たぶん対策済みヘッドのエンジンのはずです。
設計不良の在庫ヘッドを全部吐かしてから改良ヘッドにしていったのかも知れませんね。
テンショナーとチェーンガイドの品番も変わっています。

対策済みヘッドには「0004」の刻印があります。
テンショナーの取り付けネジ穴が、1cmほど左に寄って、クリアランスをかせいでいます。

20190213-115249

 

現在はエーモンのステンレス金具 S612 で、仮対策しています。
この金具は穴径7mmなので、そのまま使えます。
1mm程度しかなかったすき間が、とりあえずこのぐらい開きました。

Gbmiushojopghg58

Gh46gh1gh46865fg

 

メーカー対策、前・後の比較。

Ws000789

 

#エストレヤRS #エストレヤ #エストレア #estrella #250TR 
 #デグナー #FCR #FCR33 #FCR-FMJ #FMJ #STEED 
 #スティード #フレキシブルメインジェット 

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »