« できないよ・・・ | トップページ | クラッチキットの感想 »

2019年6月 3日 (月)

クラッチを交換です

  今日はクラッチの交換です。
カスタムと言うよりは、修理ですねσ(^◇^;)
作業詳細は、諸先輩方が詳しく書かれていますので、ググってください^_^;

作業を始めましたが、始めた途端に腰が痛み出し、カバーを開けたところでさっそく休憩です(笑)(^0^)
細君の買い物のアッシー君もあるし、夕方までに終えれればいいかな。
カバー取り外しで一番苦労したのが、クラッチけーブルのホルダーのヘックスボルトを緩めるところ。
ヘキサゴンレンチの短い方にモンキーをかけて、祈る気持ちで腕力勝負!
バキッ!ッと言う音と共に緩みましたが(2本とも)、L型のレンチの長軸が歪みそうなほどでした。
狭いところなので、インパクト用のがっちりとしたのが使えなかったのです。
クラッチのレリーズシャフトは抜かなかったです。
マニュアルによると、シャフトを抜いた場合、必ずオイルシール交換だそうです。
左下に見えるチェンジ用のリターンスプリングも交換です。
このスプリングの毀損、エストの持病だそうです。

20190603-122938

 

エストのクラッチカバーを開ける時には、クラッチレリーズシャフトは抜かなくてもカバーは外せます。
図のようにシャフトがロッドを引っかけているので、反時計回りにひねって外せば、抜かなくてもOKです。
抜いてしまうとオイルシールを傷つけてしまい、交換する羽目になることが多いそうです。
(サービスマニュアルでは、抜いたら交換となっています)

_001

次の写真は、Advantage(アドヴァンテージ)の、FCC強化クラッチキットです。
エストレヤ用は、FPフリクションプレート×6、STスチールプレート×5 です。

ノーマル
FP t2.7×5枚+SP t2×4枚+SP t1.6×4枚
全体の厚み27.9mm
FCC
FP t2.9×6枚+SP t2.4×5枚
全体の厚み29.7mm

フリクションプレートのベースは、ノーマルもFCCも同じ厚さの t2.65です(材質は違う)
FCCの方が摩擦材が0.2mm厚い(片面0.1mm、材質も違う)ですね。

20190523-125503

 

一生懸命に、ダイソーのスクレーパーで剥がします!
剥がしたガスケットが、変なところに入り込まないように・・・

20190603-144312

 

こいつが役立ちます!

Rsfdhug

 

最後にレバーとシャフトのポンチマークを合わせますが、これがなかなか合わないんだよな―(>_<)

20190603-120424

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33
#内圧コントロールバルブ
#NAG
#NAGSED
#brenbo
#ブレンボ

|

« できないよ・・・ | トップページ | クラッチキットの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« できないよ・・・ | トップページ | クラッチキットの感想 »