« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月13日 (木)

ハイパープロのスプリング-2

ハイパープロのフロントスプリングの取り付け

20181211_111358

雨が上がったので、数キロですが試乗してみました。

静止状態で体重をかけてハンドルを押し込んでも、ノーマルに比してあまり沈み込まないので固そうに感じましたが、走り始めると細かい振動を見事に吸収してくれています。
ダンピングが良く効いているというのかな?
簡単に言えば、バネ下が暴れない、です。
でも、路面から伝わってくる情報量は増えていると思います。
長距離でも疲れないかも知れません。

デメリットは(これは想像ですが)、固くなった分、砂が浮いている路面や落ち葉のシチュエーションで、滑りやすくなったかも知れませんね。
まー今のところ想像なのですがσ(^◇^;)

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33
#HYPERPRO
#ハイパープロ
#フロントスプリング

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

ハイパープロのフロントスプリングの取り付け

エストレヤのフロントサスペンションを、ハイパープロのフロントスプリングに交換しました。

ノーマルスプリング 自由長
新品 353mm
使用限界 346mm
今回の取り外し時は、350mm でした。
(15年、13,000km)

ハイパープロ 自由長
新品 310mm

無負荷時(非乗車時)は、ノーマルに比べて車高が落ちています。
しかし、乗車時の沈み込みはノーマルよりも少なく、足つき性が悪くなりました。

20181211_111358

今回の作業はバネのみなので、トッププラグ(要するにフロントフォークのフタです)を開けて、中のバネを取り替えるだけです

トッププラグを外しますが、ブリッジのアッパー側をゆるめてから取り外します。そこをゆるめておかないと、トッププラグがブリッジで締め付けられており、なかなか緩みません。
20181211_110334

スプリングだけの交換なので、カラーを抜いたらスプリングを抜き取ります。
オイルが垂れるので、ゆっくりと抜き取ります。
ポタポタ垂れるほどですと油面も変わってしまうので、よくオイルを切ります。
20181211_110712

ハイパープロのフロントスプリングを密巻側を上にして入れます。
このあとカラーを入れますが、間にワッシャー(スペーサー?)を入れ忘れないようにします。
スプリング>ワッシャー>カラー>トッププラグ です。
この後、トッププラグを締めてから、ブリッジのアッパーボルトを締めます。
20181211_111453

ノーマルとハイパープロではスプリングの自由長が違うようで、カラーの突き出しがノーマルは5cmほどですが、ハイパープロの方は5mmほどでした。おかげでトッププラグのはめ込みも、簡単にできました。
546gggfgfgfb

厳密に言えばバネの体積も違うので、ノ-マルに比してオイル量も変わるはずですが、それは知らなかった事としてスルーしますσ(^◇^;)
オイルが多いと残留空気量が減り硬めのセッティングとなり、オイルが少ないと空気量が多くなり柔らかめのセッティングになると思いましたが、違ったかな?
もともと、先日のオーバーホールで柔らかめなオイルが(#10)入っています。(バイク屋さん(ホンダ)の在庫の都合です、カブ用かな?)

室内でハンドルをつかんでフロントを沈めてみましたが、あまり沈みません。
ノーマルでは体重をかければけっこう沈みましたが、交換後はわずかにしか沈みません。
インプレッションは天候が怪しいので後ほど(^_^;

全長で5cmほど純正よりも短いので、全体的にはノーマル比硬めです。
でも見た目で判断すると、密巻側(バネレート柔らかめ)が十分に長いので、初動は比較的ソフトにショックを受け止めると思われます。
で、密巻側が十分に縮むと、今度は荒巻側のハード側で突っ張る感じかと思われます。
密巻側が十分に長く取ってあるので硬さもさほど感ずる事もなく、ノーマルよりも硬めとは言え、沈み込んでからがしっかりとしていると思われます。
推測ばかりですみませんσ(^◇^;)

アウターチューブ上端からブリッジアンダーまで130mm。
W650用ヘッドライト下端から風切り板まで85mm。
交換前は100キロオーバーの私が思いっきり押し込むと、風切り板とヘッドライトが当たっていました。
交換後は全く当たる気配もないです。
地面からブリッジアンダー下端まで、垂直で71cmです。
Cghn546v8h574gh5

組み立ての時にトルクレンチを使いましたが、レンチのハンドルが50cmと長いせいか、20数Nmなんて「嘘!?」と言うくらい軽く締まっちゃいました。あとから普通の工具でもやってみましたが、手で締めている時って、けっこう締めすぎな事が多いみたいですね。

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33
#HYPERPRO
#ハイパープロ
#フロントスプリング

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

NAG S.E.D. パイピングの変更

ある日の深夜2時半頃、何を血迷ったかNAG S.E.D.(内圧コントロールバルブ)を掃除しました。
その時思ったのが、前々から考えていたパイピングの変更。
なので本日、作業いたしました。

1fg8f7g45g4n_5f4gv6

NAGによると、ブローバイの出口からのパイピングが複雑になる場合、バルブより後になるべく負荷をかけない方が良いという事でした。
今まではバルブ以降の曲がりがきつかったのですが、バルブの取り付け場所をエアクリーナーボックスの間際にし、曲がっている部分を前半にもってきました。

環境に配慮せずに大気解放にすればこんなに悩まなくて良いのですが、やはりエアクリボックスに戻したくて・・・

効果のほどは変更して正解、エストレヤで体感できるほど、吹け上がりがスムースになりました。

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33
#内圧コントロールバルブ
#NAG
#NAGSED

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

とにかくスタッドレス

雪道を走らなくても、とにかく スタッドレスタイヤ に交換です。
だって、放置しておいても スタッドレスタイヤ は劣化しちゃうし、通勤に使うわけでもないので。
その間、サマータイヤも減らないしね。

自宅には庭も駐車場もないので、別宅で作業のために積み込みです。
これも面倒・・・

20181203_102431

どうせ自己責任ですから、パンタジャッキ は危ないよと言うのは無しでお願いします。

20181203_110020

今年は秘密兵器のインパクトレンチを使いましたが、でもその前の下準備が面倒ですね。
タイヤの空気圧をチェック&充填、コンプレッサーを準備し、入れるごとに圧を点検、余分を抜いてと言う作業、超めんどうくさい!(笑)(^0^)

20181203_110030

取り付け・取り外し 自体は、インパクトレンチでガガガッと楽ちんでした。
取り外しで手のひらが痛くなる事もないし、便利この上ないですね。
もっともバイク整備用に買ったのですがね、インパクトレンチは。

今回は取り付け時にこれを使いました。
トルクリミットインパクトソケット って言う物です。
最大でも 100Nm 以下にしか締め付けないソケットです。
これでどんどんガガガッって締め込んでいきます。

Ws000449


そして最後にトルクレンチで、指定の 100Nm にカチッと締めます。
トルクレンチ、絶対に2回も3回もカチカチ言わせたら駄目なんですよね。
1回だけカチッとでOKだそうです。

20181203_185115

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »