« FCR-セッティング 10 | トップページ

2018年5月29日 (火)

ブレーキスイッチの交換

以前から気になっていたのですが、フロントブレーキのスイッチの接触が悪いらしく、ブレーキランプが点かない時がありました。
前後同時にブレーキをかける事によって不点灯は避けてきましたが、やっぱり危ないので交換しました。

写真の矢印のネジ1個で留まっていますので、ネジを抜き取りスイッチボックスを外し、2本の配線を引き抜き交換します。
配線は平型端子が差し込まれているだけなので、断線に注意して引き抜くだけです。

取り付けですが、スイッチのポッチが当たるのでブレーキレバーを軽く引いた状態で所定の位置にはめ、ネジ止めして配線をし、終了です。
簡単な作業ではありますが、一応点灯確認をしましょうね(^_^)
少し走行したら、確認のために増し締めをしておきます。

取り外したスイッチはばらして接点を磨き、グリスアップしてメンテして保存です。

下からのぞきこんでいる感じです。
_dsf5740

新しいスイッチですが、内部の作りが荒いようで、ブレーキランプが点きっぱなしになる時もあり、メンテした古いスイッチと再度交換しました。
(爆)σ(^◇^;)
安物スイッチは駄目ですね。

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#単気筒
#ウインカーブザー
#タコメーター
#FCR
#クラシックフェンダー
#メッキモール

|

« FCR-セッティング 10 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FCR-セッティング 10 | トップページ