« リアスプロケット | トップページ | FCR-セッティング 8 »

2018年2月15日 (木)

バルブクリアランスの調整

2,016年の12月以来、1年2ヶ月ぶりのバルブクリアランスの調整です。
1年で1,700kmとわずかな走行ですが、変わっているのかな?

in 吸気側 (後側)
0.15mm (0.1-0.15) に調整したのが、0.13mm になっていました。
こちらはそのままの 0.13mm としました。

out 排気側 (前側)
0.20mm (0.17-0.22) に調整したのが、0.15mm になっていました。
こちらは 0.22mm と、最大値に調整しました。

(気温6度に於いて検証)
これにより、アイドリングを1,500回転以下にするとエンストしやすかったのが、完全暖気前で、不安定ながら1,100回転前後を維持できています。
FCR33キャブ本体のセッティングで、スロットルの隙間を最大にセットしてあるので、これ以上アイドリングを下げる事ができません。
完全暖気後は、1,150-1,250回転の間で落ち着きます。

もうちょっと、規定外ですが0.25mmとかにしたら、パワーの落ち込みとかを考えなければ、もっと低い回転で鼓動を打たせる事が可能かも知れませんね。

_dsf4896

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33
#バルブクリアランス

|

« リアスプロケット | トップページ | FCR-セッティング 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアスプロケット | トップページ | FCR-セッティング 8 »