« 冬期の始動方法 | トップページ | ウインカーブザーの取り付け »

2017年12月29日 (金)

寒冷時のFCRの始動性

キャブをFCRに換えてから、冬でも暖かい地方の方がうらやましい日々が続いています(^0^)
チョーク機能が無いので、寒冷時の始動にこつがいるFCRです。
最近ようやく10度未満の低温での始動に自信が持てるようになりました。
これで冬の深夜でも、エストレヤで遊びに行ける(^0^)

Dscf4736

結局何をどうしたかというと、加速ポンプで注入したガスが十分に気化する時間を与える、と言うことでした。
30秒から60秒くらいでしょうか?
気化する前の生ガスでも夏場は何とかなりますが、寒冷時は始動しないです。
さらに気化しない液体状の生ガス(ガソリン)がマニフォールドやバルブ周りに多く残っていると、始動後にガバッと吸い込んでしまうタイミングでかぶってしまい、最悪ストールしちゃいます。
ここらは単気筒の弱いところですね。

ノーマルキャブって良くできてているなーと、実感しますねσ(^◇^;)

#エストレヤ
#エストレヤRS
#エストレア
#250TR
#FCR33
#FCR35
#FCR
#単気筒

|

« 冬期の始動方法 | トップページ | ウインカーブザーの取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬期の始動方法 | トップページ | ウインカーブザーの取り付け »