« エストレヤにフェンダーを与えよう | トップページ | 風切り板と鞍型シート »

2017年7月14日 (金)

フェンダーとタンクパッドとエンブレム

シックのクラシックフェンダー取付です。

純正フェンダーを取り外し・・・
Dscf4641


前後装着完了!
でもスーパーカブキャリアが無くなった・・・(×_×)
後でどうにか取付をしないと。
20170711_114243


タンクをW650化しました。
エンブレムはフィットするポイントがありました。
Dscf4652

ニーパーッドは、芯材をなんとかして取り付けました。
風切り板、フロントがフルバンクすると、ヘッドライトケースが少し当たるが、大丈夫そう。
いざとなったら、ディスクグラインダーで少し削ろう。
Dscf4648

W650のニーパッド、心材がABS樹脂みたいで、ちょっとやそっとじゃ割れません。
最初バーナーで柔らかくして変形させようとしましたが、周辺部まで樹脂が入り込んでおり、どうしてもパッドのゴムを熱で傷めてしまいます。
しかたがないので写真のように万力でくわえ、全力で折り曲げて割り、まん中の部分を除去しました。
Dscf4624



その後ラジオペンチを突っ込んで、所々折り曲げたり、原型を崩さないように気をつけながら除去したりしました。
ここまででほぼ、平らな面に取り付けられるくらいまでになりました。
2-3ミリほどのよじれならば、両面テープの力で貼り付ける事が可能です。
Dscf4636

除去したまん中の部分はゴム板で底上げして、ネオジウムマグネットを貼り付けておきました。
このアイデアはのすさんのこちらのページを参考にさせて頂きました、感謝。
(のすさん、バイク日記)
磁石にはタンクの傷防止で、ごく薄いナイロンシートを貼り付けました。
その後パッドの縁に両面テープを貼り付けて、タンクに取り付けました。
Dscf4644

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

|

« エストレヤにフェンダーを与えよう | トップページ | 風切り板と鞍型シート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エストレヤにフェンダーを与えよう | トップページ | 風切り板と鞍型シート »