« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月29日 (月)

ジェットニードルを交換 #135>#133

先日、ジェットニードルの交換と、メインジェットを#135から2番下げて#133にしてみました。

Dscf4554_02


求めたジェットニードルはノーマルよりも先細りで、先端付近の途中に2段溝が切ってあり、ストレートの純正物よりもより霧化が促進されるという事でした。
これを選んだ目的は、クリップの段が調整できるからです。
クリップはノーマルとほぼ同じ長さですが、ニードル自体が若干細めなので、ノーマルのニードルよりもわずかに濃いめであろうと思われます。
クリップは3段目にセットしました。

結果、低速-中間加速は確かにノーマルよりもピックアップが鋭くなり、好ましい結果です。
説明書によると、アクセル開度25%までがスロージェット、75%までが+ジェットニードルの性能、そこから上が+メインジェット領域と言う事です。
もちろんそれぞれの領域がある程度広くクロスオーバーしあっているので、上記の数字はおおよその目安であります。
当然エアスクリュー(エストレヤには付いていない)、パイロットスクリューでの調整も関連してきます。

メインジェットが大きく関与するトップエンドは、一般道では試せないですね。
#133で、プラグの焼けは#135よりも若干白っぽくなりました。
パイロットスクリューで少し濃くした方がよいかな?
後で調整ですね。

その後ニードルのクリップを4段目へと濃くしましたら、中間加速が穏やかで大人しくなってしまいました(×_×)
もちろんすぐに元の3段目に戻しましたσ(^◇^;)

ジェットだけ、或いはニードルだけの交換なら、20分くらいでできるようになりました(笑)

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2017年5月25日 (木)

養老渓谷へ、初ソロツー

先日、免許を取って365日目、57歳の誕生日に、初めて遠くに出かけました。
この日までは初心者につき免許点数3点なので、気をつけて行ってきました。
1時間もするとお尻は痛くなるし、翌日は全身筋肉痛だし、慣れない事をすると大変ですね。(笑)

今回訪れたのは、うちから100キロほどにある千葉県の養老渓谷の「粟又の滝(養老の大滝)」(あわまたのたき)です。

朝7時前に出発するも、ウインカーの球切れで出立10分で帰宅、というハプニングから始まりました(×_×)
9時半のホームセンターオープンと同時に球を買い求め交換し、10時頃に再出発です!

20170522_072716



空腹で11時頃にギブアップ、街道の食堂で特上2段重ねの鰻重(誕生日なのでwでも味は並(^_^;)を詰め込みました。

18620897_1345813492160953_219472451

18556784_1345813042160998_819241301



さらに1時間半ほどで山の中の目的の「粟又の滝」に到着です。(途中山道で「エストにもっとパワーを!」とか心の中で叫んでいたりして(^_^;)
でもでも目的の滝、梅雨前の渇水期で水はチョロチョロ、ただの岩肌しか見えませんでした。(×_×)

20170522_130839

Dscf4551

自然には勝てないので早々に滝を後にして、帰宅の途につきました。
途中スマホナビの叛乱に遭い、北上するはずが10分ほど思いっきり反対方向に進んでいました。
太陽が正面にあったので気がつきましたが、曇っていたら、海に出るまで気がつかなかったかも・・・
スマホを再起動しナビを再設定、なんとか海岸までたどり着き、ほっとしました。

部原海岸で一休みです

20170522_144853

きれいですねー!

18558688_1345919095483726_283670708



その後はきれいな海を眺めながら、初ツー、無事に終える事ができました。
230km、燃費は28km/Lでした。

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (2)

2017年5月21日 (日)

ジェット交換 35>40、128>135

直菅に近いマイエストレヤのマフラー、抜けは良いです(^0^)
でもやっぱり燃料が薄くて、パイロットスクリューを規定値よりもさらに半回転戻しても(ガスを濃くしても)、まだ若干焼け気味でした。

と言う事で、ガスが若干薄そうなので、少し番手を上げてみました。
93’エストレヤの純正は、スローが#35で、メインが#128です。
用意したのはスローが(38/40/42)で、メインが(130/132/135/138)です。
20170520_215741

ガソリンを抜きます。
手に付いたら、痒くなったー!(×_×)
Dscf4525

配管類を外し、シリコンスプレーを吹き付けてから、横向きにしました。
Dscf4526

フロートタンクを取り外した所です。
ジェットはくすんでいますね。
Dscf4528

ピカピカの新品のメインジェット!(^_^)
とりあえず#40と#135に交換しました。
Dscf4535

プラグもちょうど良くこんがりと焼けています\(^O^)/
Dscf4539

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

アリランからの~濃溝の滝!♪(^0^)

千葉県長南町の アリランラーメン に行きました。
4878

4843

「アリランチャーシュウ/大/辛さ普通」を注文です。
辛口は、ラー油で辛くしているようです。(信頼度、ちょっと怪しい情報(^_^;)
まー普通においしかったです。
自分的には豚骨スープか魚介系スープの方が好きです。
4866

麺は中太であまり長い麺ではありませんでした。
箸から逃げちゃって、たべづらかったσ(^◇^;)
ザク切りの大粒のタマネギがた~~~っぷり!(笑)
なので見た目よりもマイルドです。
4867

そこから山道を小一時間走り、濃溝の滝 に到着。
おじいちゃん・おばぁちゃんが大量に・・・(笑)
駐車場から滝までは、一方通行になっていました。
訪問者が多いから、安全のためには仕方がないかな。
Dscf4500

上の方から見るとこんな感じ。
Dscf4504

下に下りないと、洞窟上の部分はよく見えませんね。Dscf4508

きれいでした、癒されます。
Dscf4511

帰り道はウッドデッキを行きます。
Dscf4515

| | コメント (0)

2017年5月10日 (水)

ナビ、パーキングブレーキ線をムニャムニャ

ディーラーオプションのナビ、パナのストラーダ(CNR-300WDFA)ですが、プログラムや地図のバージョンアップにはどうしてもシリアルナンバーの登録が必要という事で、仕方なくパネル剥がしです。
うまい具合に筐体上面にシリアルナンバーが記載されていて、裏面にアクセスせずに済みました(^_^)

20170508_165054



あと、ナビ本体から出ている若草色・ピンク・紫/白の3本線のコネクターで、若草色の線をカットして延長し、ナビ本体を固定しているビスにクワガタ端子で共締めしました。
(この3本線、コネクターの先車両側で別の色の線になるので、間違いに注意です!)
これでサイドブレーキを下ろしてもフルアクセスできるようになりました。
走行中はナビもテレビも2秒以上の注視は道交法違反ですから、停止時以外はじっくりと見ない、触らないようにしましょう。
工場出荷オプションではできない小技ですが、ハンドルでボリューム操作ができるとか、工場出荷オプションはそれはそれで便利だと思います。

20170509_104015

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

サブコン追加 & ベンチェリー効果?パーツ

スバル XV 2014 C型 FB20 です。
(2.0i-L eyesight)

サブコンピューター等を取り付けました。
ECUの学習済データにサブコンが割り込むので、バッテリーは外さないで作業します。
効果はそれなりにありますが、一度に取り付けたので、どれがどの様な効果かわかりません。
が、あくまでもごく普通の走りの中でのもたつき(もっさり感)の軽減です。
これに関しては満足していますが、俊敏さを求めるなら、Sモードにした方が手っ取り早いです。

ミニコンとミニコンアルファは、それぞれ 1 のレスポンスモードにしてあります。

下記4点の取り付けです。

siecle(シエクル)
minicon ミニコン F2A
miniconα ミニコンα54ARS
レスポンスリング RF06RS

TGS
スロットルスペーサー TGS-301SSSR61

20170501_122733

 
 

************************
minicon(ミニコン)


エアフローメーターのカプラーに割り込みで取り付け。
カプラー類はぶらぶらしていると断線につながるので、適当な所にタイラップで抱き合わせる。
コントローラー本体は、うまい具合にがたつかずにすき間に収まってくれています。

20170501_174333

 

 

************************
レスポンスリング

同社の同時装着推奨品ですね。
他車種ではインテークパイプ内で脱落の情報もあるので、アルミテープで脱落防止です。

20170501_121813

 
 
 

************************
スロットルスペーサー

これはシエクルではなく、TGS 製です。

インテークを取り外すと、スロットルボディーには簡単にアクセスできます。
エアクリ側とスロットルボディー側のバンドを緩め、インテークからEGRホースを抜いて取り外します。
スロットルボディーからコネクターを抜いておくと、ボルトの脱着作業がしやすくなります。

組み付け時は、インテークにEGRホース、スロットルボディにコネクターをはめ忘れないように。
私はスロットルのコネクターを戻し忘れてエンジンをかけてしまい、エンジンチェックランプを点灯させてしまいました。
この場合、エンジン・オン>オフ>再度オンを5回か6回繰り返すと、チェックランプの表示が消えると言う事でしたので、やってみたら消えました。
閒のオフ時間を1分おくとかの情報もありますが、続けてやっちゃいましたが消えました。
消えない時は、ディーラーで消してくれるそうです。(有料か無料かはわかりません)

20170501_122633

 

 

************************
miniconα(ミニコンアルファ)


エアクリーナーボックスの空気取り入れダクトを外さないと、1番気筒(右タイヤ側、前側の気筒)にアクセスできないので、事前にピン2箇所を抜いて、ダクトを外しておきます。

これはインジェクターのカプラーに割り込みで取り付けるだけ。
鉄製のインジェクターカバーを10mmのボックスレンチで取り外し、配線をカプラーに割り込ませて取り付ける。
ここもぶらぶらしないように、適当に抱き合わせ処理。
配線は熱くなるエンジンに触れないように、吸気管側にタイラップで沿わせました。
コントローラー本体は、ヒューズボックスとバッテリーの閒に設置。
本体をヒューズボックスに両面テープで貼り付け、アース線はヒューズボックスの後ろ側、ストラットタワーのアース取り用のボルトに共締めしました。
スライドスイッチをエンジン側にすれば、手探りでスイッチを切り替えられます。

20170501_103855

20170501_174321

20170501_175514


| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »