« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月28日 (火)

電車かー・・・

今乗っているランカスター、知人が現状承知の上で来年の車検まででいいから乗りたいというので、譲る事となった。

リサイクル料金と自動車税、重量税を月割りで算出し9万円ちょっとなので、ちょうどの所で10万円とした。

となると、埼玉の中古車屋まで電車で行かないとならない。

うーん、けっこう面倒くさいな(^_^;

Ws000502

| | コメント (2)

2017年3月21日 (火)

ランカスター、間もなく別れの時が・・・

オイル漏れの続く平成13年(2,001年)型のランカスター(スバル現行アウトバック)、16年目で諦める時期が来てしまいました。
この車種のエンジン、EZ30型やEJ型は、お漏らしは付きもののようです。

Img_20120407_0932

エンジンをスチームで洗浄し、オイル交換と共にオイル漏れ留め材を投入しました。
滲み出るオイルがエンジンの熱で固まって漏れを止めるのですが、漏れの量が多すぎて固まらなかったようです。
新たなオイルの漏れが車の下にできており、小皿ほどの大きさで黒光りしていました。
車両火災にもなるかも知れないので、ここらが潮時かも知れません。

次はダウンサイジングでスバルXVの中古を探します。
と言うか、発注しました(^_^;
車庫証明を取らないと、面倒だなー・・・

この色で、ルーフレールは無しです。
アイサイトは要らないのですが、希望の色だと付いて来ちゃうんですよね。
(×_×)

A408f079ca2c66e81f6d91ca602ad1fe618

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

危険運転だよ~(--#)

追い越し禁止の標識の真下で追い越されて被せられました。

ほんと、銚子の人の運転は危険なのが多いなー。

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (2)

2017年3月 4日 (土)

エストレヤエンコ

昔はエンジンが調子悪くて止まってしまう事を「えんこ」って言いました。
エンジン故障の短縮形でしょうかねー?(笑)

さて、昨晩は仕事も早く終わったので、20:40の映画を見に、21キロ先の隣町のシネコンにエストレヤで向かいました。
今までレギュラーガソリンだったのですが、オクタン価向上剤が手元にあったものですから、エストレヤにハイオクはどうかと思い規定量投入してハイオク化して出かけました。

ところが10キロくらい走った頃から息継ぎ現象が起き始め、17キロ地点でストップ!
(((゚Д゚)))
そう、えんこです(笑)
とりあえず歩道によせてプラグチェックするも問題なし。
一応、新品プラグと交換しました。

気を取り直して始動してみると始動したので、大事を取って引き返す事にし交差点でUターンしましたが、その間も若干ぐずぐずしていました。
そして家から15キロ地点まで戻った所で、完全に仮死状態に・・・
( 。-_-。)
またプラグとか点検しましたが、新品プラグは焼けても居ない状態(笑)

20170303_210315

20分くらいして、どうしようもないので保険のロードサービスに、TELをいれました。
おねーさまの柔らかで優しい声、凍てつく夜道で彷徨う私には、天使の歌声のようでした(笑)
対応業者を探してコンタクトするため、いったん電話を切り、待ちます。
寒いのでヘルメットをかぶりグローブも手にしました。
車だったら車内なのになーとか思いながら、連絡を待ちます。

その間に友人に連絡し、迎えに来てもらう段取りを付けました。
レッカー業者は人を乗せたら駄目なようで、タクシーか公共交通機関を使ってくれとの事。
もちろんタクシー代は後日請求で支払われるので、領収書を貰っておかなければいけません。
ま、今回は友人に来て貰いましたが。

そうこうするうちに保険会社から連絡があり、すぐに近隣のレッカー業者が来てくれました。
そして無事に積み込んで、帰宅する事が出来ました。
ロードサービスは、50kmまでレッカー無料です。\(^O^)/

20170303_212608

保険付帯のロードサービスに感謝です!

その後深夜に点検し、バキュームホースのトラブルでガスが落ちていないかもと思いタンクを下ろしたら、コイルの+配線がほとんど抜けかかっていました。
σ(^◇^;)
端子に差し込む雌側のかしめが緩んでいるようでした。
でもこうもきれいに抜ける物なのかちょっと疑問で、ひょっとしたらコイル交換をした時に深く差し込んでなかったのかなとか、単にさっきタンクを下ろした時にタンクの端があたって抜けたのかなとか、まー、今となっては推測しかできない状態です。

とりあえず雌側の差し込み部分をペンチでかしめ、コイルにきちんと差し込みましたら、あっさりと始動いたしました。
アイドリング時の失火も見られません。
タンクを戻し(ハイオクのままです)、先ほど数キロ試走しましたが、問題ないようです。
ただ若干燃調があってないようなので、パイロットスクリューだけでもアイドリング回転を見ながら(聞きながら?)調整しておきました。
基準よりも半回転以上濃くした状態で安定しました。
ちょっと遠出をせずに、しばらく様子を見てみます。

次はレギュラーに戻そうか思案中です。

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (2)

2017年3月 3日 (金)

NAGにチェンジ(内圧コントロールバルブ)

KTMの内圧コントロールバルブを付けていたわけですが、NAG 製の中古が手に入ったので、交換しました。
今回手に入れたのは、乳化対策バージョンです。
写真では金属バンドが使われていますが、取説によると、バルブの変形を防ぐため、タイラップ(ナイロンバンド)を使用してくれという事です。
Dscf4120

バルブにバネを利用した Superb (可変コントロールタイプ)ではありませんので、なるべく上向きに取り付けなければなりません。
作業は、例によって手持ちのチューブを使っての取り回しです。
前回のKTMと同じく、エアクリーナーボックスのAIの穴にチューブを差し込んでいます。
写真ではバキュームチューブが外れかけていますが、取り付け直していますので大丈夫です!
σ(^◇^;)

Nag_01

Nag_02

KTMに比べると、低回転~中回転での効果を強く感じました。
高回転域では同等くらいに感じました。
でもKTMでは60km/hで流しているくらいのエンジンの振動の感じだと思っていると、NAG では65km/hちょっとになっていましたから、効果は高いのかも知れません。
KTMに比べると、わずかながらエンジンブレーキも利いている感じです。

効果を実感した、交換して良かったパーツの一つになりました。

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

#内圧コントロールバルブ

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »