« ランカスター、ミラー交換 | トップページ | NAGにチェンジ(内圧コントロールバルブ) »

2017年2月 9日 (木)

JASRACが又暴挙に出ようとしています

JASRAC が、音楽教室から著作権料を徴収しようとしています。

しかも、著作権が掛かった曲を少しでもそのレッスンで指導していれば、全レッスン料の2.5%を徴収するという包括契約まで実施しようとしているのです。

これは若い音楽家にとって、レッスン料の値上げと言う問題に直結します。

1人でも多くの反対意思を表明するためにも、下記リンク先で賛同の意志を示して頂ければと思います。

JASRAC音楽教室からの著作権料徴収
取りやめを求めます!


|

« ランカスター、ミラー交換 | トップページ | NAGにチェンジ(内圧コントロールバルブ) »

コメント

音爺さんこんにちは。

いやはや、この団体はヤクザ以上のあこぎな商売してますね。
以前、ベーシーの菅原さんが「エルビン・ジョーンズに JASRAC から一銭も入っていない」と述べていたと思います。
アーティストに渡らずに自分たちで遊び使っているのではないでしょうか。何軒かのジャズ喫茶を窮地に陥らせたのもこの団体ですよね。

投稿: akakura52 | 2017年2月18日 (土) 08時00分

akakura52さん、まさに「あこぎな商売」ですね!(--#)
音楽の普及・浸透を一番阻害している行為だと思います。
そのうちプレイヤーが激減しても、知らん顔をするんでしょうね。
クソオヤジどもから音楽を取り戻せ!、ですよ!

投稿: 音爺@管理人 | 2017年2月19日 (日) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランカスター、ミラー交換 | トップページ | NAGにチェンジ(内圧コントロールバルブ) »