« エストレヤにUSB電源を-2 | トップページ | DIY内圧コントロールバルブの注意点 »

2016年12月 8日 (木)

内圧コントロールバルブ

内圧コントロールバルブの取り付けです。
エアクリーナーへの挿入はAIバルブを撤去した後のゴムブッシュをそのまま使いました。
Dscf4062

なんとか大気開放せずに出来ないものかと考えて、いくつか曲がりのきついブローバイホースを物色してみました。
(なかなか内径14mmの耐油ホースって無いんですよね。)
その中から「カワサキ純正 チューブ ブリーザ(92191-1379)」(14mm)と、クネクネとうねっている「UA06J ヤマハGEAR用 ブローバイホース」(10mm)を選択しました。
Ws000405

ホースをカットしながら、なんとか折れない様にスムーズに取り回せました。
エアクリーナー側の穴は、そこらにあったサイズがぴったりの椅子のゴム脚?を適当にカットしてはめ込んであります。
今気がつきましたが、バンドで留めて無かったりして。
σ(^◇^;)
Dscf4069_02

シリコンスプレーを吹いて滑りやすくしてから差し込みました。 けっこうきつめだし、エアクリ内は極端な負圧ではないので、ホコリや水の浸入は大丈夫かと思います。 気休めかも知れませんが、エアクリブッシュの前に他のブッシュを抱き合わせて保護しました。
これでメンテ時もすぐに取り外せます。(^_^)
この後、ホースはAIバルブのステーに、タイラップで軽く固定しておきました。
Dscf4067

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#estrella
#250TR

#内圧コントロールバルブ

|

« エストレヤにUSB電源を-2 | トップページ | DIY内圧コントロールバルブの注意点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エストレヤにUSB電源を-2 | トップページ | DIY内圧コントロールバルブの注意点 »