« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月24日 (土)

犬吠埼 2017年元旦・初日の出ライブ

[フェースブックからの転載です]

2017年元旦・初日の出ライブのお知らせ
3年連続 WAHAHA本舗のポカスカジャン「タマ伸也」さんが
銚子電鉄犬吠駅で盛り上げてくれます!!

155910928_n

今年はなんと!
犬吠駅ステージ2部構成
①第一部:4時30分~
グラビア・スピリユアルアイドル、オカルトアイドル、萌えキャラ
ぶっ飛びのLiveステージ!!
・大じゃんけん大会☆プレゼント多数用意しました

②第二部:7時~
WAHAHA本舗初日の出ライブ
・お祭り次郎の「光野亜希子」さん
・ポカスカジャン「タマ伸也」さん

オール銚子ロケの劇場映画「トモシビ」進捗報告会もあります!!

【銚電屋台村】
銚子の有名な出店者さんたちが
もつ煮、トン汁、お汁粉、熱燗・・・
あったかい飲み物と食べ物を用意して
お待ちしています

詳細は
銚子電鉄HPを見てください
http://www.choshi-dentetsu.jp/detail/event/69

#銚子
#銚子電鉄
#タマ伸也
#ワハハみっちゃん

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

イグニッションコイル交換と
なんちゃってホットワイヤー自作

なんとなくイグニッションコイルを交換してみましたσ(^◇^;)
H.CRAFTの標準的なコイルです。
取り付け穴経が5mmボルト用だったので、6.5mmに拡大しました。
Dscf4073

Dscf4075


そしてなぜかジャンクなノロジーホットワイヤーがあったのでそれをばらし、そしてなぜかNGKのシリコンパワーケーブルもあったので、二つをPPAPして、なんちゃってホットワイヤー化してみました。(笑)
Dscf4076

まだエンジン始動を確認しただけですが、何か変わるかな?

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

DIY内圧コントロールバルブの注意点

内圧コントロールバルブのメリット、デメリットですが・・・

■始動時に軽くかかる様になりました。
■加速時に(今までに比べて)軽やかに加速していきます。加速時のドッドッドッ感が穏やかになり、スムーズです。
■レヴリミットまでの中間の振動が強い回転域で、振動が軽減されている。
■エンブレが急にかからないので、すーっと惰性走行しやすい。ギヤには優しいかも。
■惰性がスムースなので、燃費を稼げるかも?(^_^;
■エスト/TRエンジンよりも、ストロークの短いバイクに乗っている感じですね。

個人的には成功と思っています。
あとは、メンテナンスのインターバルがどのくらいか、です。
注意点は、
■ワンウエイバルブに付着したオイルの乳化により、バルブが凍ったり動きづらくなったりする場合があるので、効果のほどを体感で覚えておき、効果が薄れたらすぐに清掃しなければならない。バルブが固着するとクランクケース内の圧力が高まり危険。(ガスケットが飛ぶ等)
■エンジンブレーキが弱くなるので、ブレーキタイミングと、急な下り坂に注意。
■クランクケースが負圧になるので、ブローバイガス(ピストンとシリンダーのすき間からクランクケースに漏れる燃焼ガス(排気ガス))が増えるので、通常よりもオイルの劣化が早まるそうなので、交換を早めに考える。
■ネットでも情報が少ないので、常にエンジンの状態に気をつけること。

完全に自己責任です!

--------------------------
--------------------------

乳化に関して、本家NAG S.E.D.のHPに、乳化現象に関する取り扱い注意点が書いてありました。
4輪車ほどは乳化しないようですが、気をつけないと。
ある程度のメンテフリーを希望するなら、上記NAGのS.E.D.を検討した方が良いでしょうね。

■十分に暖気をする事。エンジンが暖まる前にオフするような、短時間乗車は避ける。
■エンジンを停止する時はすぐに切らないで、10秒ほどアイドリング状態を保ってからオフにする。これは発生した水蒸気が処理される時間を作るって言う事らしいです。

とはいえ、DIYバルブではNAG製のように負圧による吸引構造がないので、有効性は無いと思われます。

結局メンテナンスフリーにしたければ、NAG製品にした方が良さそうですね。 

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#estrella
#250TR

#内圧コントロールバルブ

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

内圧コントロールバルブ

内圧コントロールバルブの取り付けです。
エアクリーナーへの挿入はAIバルブを撤去した後のゴムブッシュをそのまま使いました。
Dscf4062

なんとか大気開放せずに出来ないものかと考えて、いくつか曲がりのきついブローバイホースを物色してみました。
(なかなか内径14mmの耐油ホースって無いんですよね。)
その中から「カワサキ純正 チューブ ブリーザ(92191-1379)」(14mm)と、クネクネとうねっている「UA06J ヤマハGEAR用 ブローバイホース」(10mm)を選択しました。
Ws000405

ホースをカットしながら、なんとか折れない様にスムーズに取り回せました。
エアクリーナー側の穴は、そこらにあったサイズがぴったりの椅子のゴム脚?を適当にカットしてはめ込んであります。
今気がつきましたが、バンドで留めて無かったりして。
σ(^◇^;)
Dscf4069_02

シリコンスプレーを吹いて滑りやすくしてから差し込みました。 けっこうきつめだし、エアクリ内は極端な負圧ではないので、ホコリや水の浸入は大丈夫かと思います。 気休めかも知れませんが、エアクリブッシュの前に他のブッシュを抱き合わせて保護しました。
これでメンテ時もすぐに取り外せます。(^_^)
この後、ホースはAIバルブのステーに、タイラップで軽く固定しておきました。
Dscf4067

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#estrella
#250TR

#内圧コントロールバルブ

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

エストレヤにUSB電源を-2

と言う事で、先日取り付けたは良いが、初期不良だったUSB電源、販売者から代替品が送られてきたので再度取り付け作業をしました。
安易にハンドルブレースに取り付けました。w
電源直結なので、スイッチを切り忘れない様にしないとバッテリーが上がっちゃいます(笑)
20161203_191840

中華製ですが、一応 IC で急速充電をコントロールしているようです。
この写真は故障品を開けてみたものです。
20161203_200930


あとは耐久性ですね。

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

バルブクリアランスの調整

USB電源を取るのにガスタンクを下ろしたので、ついでにバルブクリアランスを調整しました。
30数年前、ホンダの50ccを88ccにボアアップしたとき以来のバルクリ調整です(笑)

(キャップのOリングは交換しました。)
Dscf4056


シャフトを回すとシュコーと言う吸気音が響きます。
その直後に写真の様にTマークに合わせれば、圧縮上死点ですよね???
でもこの作業、圧縮圧力がかかっているので、ちょっと回しすぎるとスコンと行き過ぎちゃいます。(プラグを抜いておけばいいのかな?)

20161201_201151


調べてみると・・・
( )内は規定値です。

in側 0.17mm (0.1-0.15)
0.15mmに調整しました。

out側 0.20mm (0.17-0.22)
こちらはいじらずに、そのままにしました

1万キロでは、それほど大きく狂ってはいませんでした。
ネット情報では、最大値で調整した方が調子がよいようですね。

今回はこんなものでOKです。
次の調整は2万キロかな。

でもって肝心のUSB電源ですが、
製品が初期不良で通電せず・・・
また後でやり直さないとなりません。
はぁ~・・・(×_×)
 

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

カムチェーンテンショナー

この記事は、修理効果を保証するものではありません。
あくまでも「ど素人によるこんなもんかな?的な作業」です。
まねされて生命が失われる・危険にさらされる等の事故・事態になっても、完全に自己責任であり、当方は一切の責任を負いかねますのでご了承願います。

先日書いた、カムチェーンテンショナーの不具合・・・( 。-_-。)
_dsf3964_002

もう軽く当たって傷が付いていました。
ひどく削れていなくて良かったです。
_dsf3965


修理は、ネット情報で対処しました。
※完治修理でなく、あくまでも対処療法だから(笑)
厳密に言えばタイミングもわずかながら狂っていると思いますが、実用上無視しうる範囲だと思う。
そう、「と、思う・・・」だけれど。(爆)σ(^◇^;)
ステーで反対側のチェーンガイドを引っ張ってやるだけ。

金具はエーモンの「ステンレス金具 S612」と言うものです。
穴経が7mmでそのまま使えます。
テンショナーと干渉する部分は、ディスクグラインダーで削り落としました。
20161122_170035

取り付けるとこうなります
_dsf3971

軽く引っ張って、これだけの隙間を確保しました。
もう少し引っ張れると思うのですが、何万キロ保つのやらσ(^◇^;)
_dsf3972



#エストレヤ # 250TR #カムチェーンテンショナー

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »