« エストレヤにレッグシールドを
ついでにウインドスクリーンも
| トップページ | トライアンフタイプのマフラーに交換 »

2016年8月18日 (木)

エストレヤにシーソーペダルを!

エストレヤRSに限りませんが、バイクのシフトペダル(チェンジペダル)ってシフトアップ時につま先でかき上げるので、靴によってはつま先部分が傷ついちゃいます。

じゃー、スーパーカブの様に踵チェンジができればいいじゃないか!と言う事で、合う物を物色しました。

最初はスズキのGN125(台湾製?)のペダルが良さげなので取り寄せてみたら、取り付けシャフトのスプライン(溝)のピッチがカワサキよりも粗くて差し込めない( 。-_-。)
SW-1のペダルも形状はよいのですが、ネットの写真を拡大して見てみると、やはりピッチが粗い・・・
そこでもうちょっと調べてみましたら、ヤマハのYBR125G用が少しの加工でエストレヤに付くという書き込みを、2chで発見!

早速オクで落札し、万力ではさんでステップと当たる所をグラインダーで削りました。
一ヶ所だけ深く削るのもなんだから、周囲も削っていったら、あれ?細くなっちゃったぞ?
σ(^◇^;)
でもまー、それほど力がかかる場所じゃないし、転倒しても当たる場所じゃないし、厚み自体は十二分にあるので大丈夫、見なかったことにしようと(;゚ロ゚)
実物は厚みもあり、写真ほど細く見えないです。
_dsf3689

で、取り付けてみました。
エストレヤや250TRをカスタムをしてシートを思いっきり後ろに下げている人なら、もうスプライン1本分か2本分「前上がり・後ろ下がり」に取り付ければ、あまり削らなくても取り付けできそうですね。
(写真ではシャフトにあまり差し込まれていない様に見えますが、この状態で十分差し込まれています。)
_dsf3692

使い勝手ですが、革靴の様に踵と土踏まずにしっかりと段差があるタイプの靴なら良いですが、ベタ底のスニーカーだと踵で踏みづらく、つま先で操作してしまいます。(笑)
純正よりも先端部が外側に曲がっていますから、1速に入れた後につま先を下に回り込ませるのに、慣れないとちょっと引っかかるかも。

その後、踵部分に3mmのゴム板を切り抜いて貼り付けたら、多少踏み込みやすくなりました。
もう1枚貼り足そうか、様子見です。

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#estrella
#250TR

|

« エストレヤにレッグシールドを
ついでにウインドスクリーンも
| トップページ | トライアンフタイプのマフラーに交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エストレヤにレッグシールドを
ついでにウインドスクリーンも
| トップページ | トライアンフタイプのマフラーに交換 »