« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月22日 (金)

ウルトラヘビーバーエンド

なんだかんだと弄っていますが、どうしてもやりたかったのがバーエンド(ハンドルバーエンド)です。

ハンドルブレースも振動低減には効くのですが、やはりヘビーウエイトタイプのバーエンドが良いらしい。
もともとエストレヤのハンドル内にはウエイトみたいなのが入っていますが、物足りないので、こんなのを調達しました。
片側約 330g と、まじでウルトラヘビーです。σ(^◇^;)

【ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンド ホンダ車/スズキ車用 M6ホンダ/スズキ用 ウルトラヘビーバーエンド マットブラック 2個入 031979-26】
Ws000395_01
Ws000395

で、分かっていた事なのですが、エストレヤのバーエンドのネジって、直径5mmでねじ山ピッチが0.8mm、M5-P0.8mmってやつなんですよ。
なので当然付属のネジでは駄目という事です。
ただ、この重さで激しい振動下で、5mmのネジで大丈夫かと言う心配もありますが、そこは見なかった事にしまして・・・σ(^◇^;)

あ、そうそう、バーエンドのネジは、ネジロック剤のおかげで、もの凄く、本当にもの凄くがっちりと固着しております。
たぶん、ラッキーなユーザー以外は、ネジ頭を舐めてしまい、泣きを見る事と思います(汗)
と言う事で、これを推奨いたします。
持っていなかったら、一つあっても邪魔になりませんので、お勧めです。
【アネックス(ANEX) ネジとりインパクト No.1903-N】
まじで「うそ!?」って言うくらい楽に、なめずに取り外せますよ!

さてさて別途調達したのは、M5のステンキャップスクリューです。
同時に黒塗りのも求めたのですが、塗膜の厚さのせいか、なぜかネジが入っていかなかったので、ステンレスの方を使いました。

グリップエンドとハンドルとの兼ね合いで、スロットル側は22mmのワッシャーを3枚、クラッチ側には2枚はさみこみました。
付属のスペーサー(樹脂製)は1枚だけ使いました。
最初はそのスペーサーを削ろうかと思いましたが、手持ちにちょうどワッシャーがありましたので、それを使った次第です。
あとはM6とM5の違いによるガタを取るのに、ストローを使いました。
_dsf3618


ワッシャー2枚のをクラッチ側に、3枚のをスロットル側に組み込んで完成です。
できれば少々、ネジロック剤を塗った方が良いかも知れませんね。

クラッチ側はワッシャー2枚でちょうどぴったりでした。
_dsf3625


スロットル側は3枚でちょうど1枚分の隙間ができて、スロットルが引っかからなくなります。
_dsf3626


前から見ると、こんな感じ。
_dsf3621


あとはネジの強度かなー、心配なのは・・・

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (2)

2016年7月19日 (火)

お散歩

近所のラーメン屋さんで昼食後、お腹が落ち着いてから、ふらっと近場をお散歩してきました。
後ろから車が来なければ 15km/h - 25km/h で、本当にトコトコと走っていました(^_^)
灯台に登ろうと思ったのですが、祭日で混んでいたのでやめました。
銚子半島を1時間半ほどかけて一周して、帰ってきました(^_^)

_dsf3597


_dsf3601


_dsf3600


_dsf3599


_dsf3602


_dsf3604

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

ステンレスのエキパイ

2003エストレヤRSに、ヤフオクで出品されているステンレスのエキパイを付けてみました。
ついでにWMのフランジも。
_dsf3548

フランジからのスタッドボルトの突出量が若干短くなってしまい、ナットが深くはまりません。
これは非常に危険です。
_dsf3565

純正ナット(上)も接触面がツルツルなら、WMフランジも表面はツルツルで、あまりナットが効いていない様子。
これはロックナット(下)を使うしかないですね。
_dsf3566

さらにスタッドボルトを5mmほど引き出し、埋没量は17mm>12mmとなりましたが、何とか大丈夫そうです(^_^;
_dsf3572

これだけ出ていればOKでしょう。
_dsf3575

さらに、後々長めのスタッドボルトに交換するために、少し長めの63mmのスタッドボルトを取り寄せておきました。

純正は50mmです。
_dsf3569

_dsf3592

 

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

ブレースバー

エストレヤRS、250cc最長のロングストロークエンジンと言うこともあり、シングル独特の鼓動は250cc中一番だと思いますが、それと共に振動もすごいんです。
と言う事で、期待を込めてブレースバー(ハリケーンの極太SS、型番HB0701)を付けてみました。
極太Sでも良かったかも知れませんが、見た感じでブレーキのマスターシリンダーと干渉しそうな気がしたので、SSサイズにしておきました。
なにかと後付けできるかと思い、7/8インチのバーにしました。

効果は、確かに手のしびれは相当軽減されたと思います。
それとともに、ターン時のハンドリングも気持ちよく操作できるように感じられました。
やはり剛性が上がっているのでしょうね。
実用性もあり、いいですね、これは。
_dsf3554

 

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

エストレヤRS+スーパーカブ(笑)

エストレヤにスーパーカブの荷台を取り付ける作戦、完了しました。(二人乗りは想定外です。)
_dsf3560

純正シートもあるので、いつでも元に戻せます(^_^)
なんかエストレヤが全然スタイリッシュじゃなくなってきたのは、見なかったことにします(*゚∀゚*)
前側はウインカーステーを使い、グラブバーにM8ボルトで固定です。
Ws000381

その際切り離したシートベースの一部を使い、シート固定用のステーに載せる形にしてあり、この部分に関しては、タンデムレベルの加重が可能です。
後側のステーは3tのスチール製を使いましたから、フロントの固定方法と併せて、数十キロくらいは大丈夫だと思います。
グラブバーの根本に共締めしましたが、フェンダー内のナットと面一くらいですから、用意した1cm長いボルトには交換しませんでした。
又シルバー塗装にしようと思いましたが、黒の方がかえって目立たないかなとか考えて・・・(本当は面倒くさかった(^_^;)
Dsnbbnsdiu

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2016年7月 2日 (土)

エストレヤのGG化作戦

GG化作戦と言う事で、今夜はスーパーカブキャリアを付けるための最後の工作、純正タンデムシート改造ソロシートの皮張りをしました。

最初は明るめなキャメルカラーにでもしようかと思いましたが、やっぱりGGは落ち着いた色かなと言うことで、焦げ茶にしました。

合皮.jp http://www.gohi.jp/

アウトドア用途で耐候性のある、ちょっと金額の張るビニールレザーを奮発しました。(笑)
一枚皮で張ったので、どうしてもできてしまうシワを後に集めてみましたが、プロのようにきれいにはいきませんね。
ステーの形に逃げも作ったので、余計にシワが取れなかったです。
最後は集中力もなくなり、やっつけ仕事になっちゃうし(×_×)
でもまーこれで、スーパーカブの荷台を取り付けできるようになりました。

前側のステーは調達してあるので、それを付けた状態で長さの合う後側のステーを探さないと。
_dsf3529

防水に使った燃えないゴミ用のビニール袋、丈夫でちょうどよかったです。(笑)
_dsf3525

この直後に娘のマニキュア除去用のアセトンをぶちまけてしまい、若干まだらになり、ものすごく落ち込みました。(×_×)
_dsf3526

後のシワはこんな物かな・・・
気休めですが、ステーも銀色に塗装してみました。
_dsf3528

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2016年7月 1日 (金)

エストレヤRSに
フロントバンパー(エンジンガード)を

_dsf3521

Ws000374

出品者:fgjjf726

先日ヤフオクで試作品リアバンパーを購入した方から、又々試作品的なフロントバンパー(エンジンガード)を購入しました。
リアバンパーの時もそうですが、出品者から取付の様子の公開を求められてはいません。
でも試作品として格安で提供頂いたので、お礼と言うことで又、取り付けの様子を載せてみます。

まず最初に気をつけなければならないのは、ボルト・ナットの頭が13ミリと言う事です。
DIYをよくする方なら13mmのスパナやボックスレンチをお持ちかと思いますが、お持ちでない場合は2個用意しましょう。
まー、1個はスパナで、もう1個はモンキーでも良いかも知れません。

エンジンハンガーボルトをいじるので、万が一があったら危険ですから、車のジャッキでエンジンをほんのわずかだけ持ち上げておきます。
ボルトが抜ける程度でOKでしょう。(2本同時に抜くことは避けた方が良いかも知れません。)

出品者は少しでも強度を持たせたかったそうで、下側のステーが凝った作りになっています。
エンジンハンガーのボルト2本でステーを固定し、そこに下側のボルトを利用して、バンパー本体を固定します。

後から気がついたのですが、ステーが本体に付いたまま取り付けようとしてしまっていたのでやりづらかった様です。
別体なっているステー単体でまず上側のボルトに取り付け、続いて本体をU字フックで仮留めしてから、下のボルトを抜いてはめ込めば楽に取付ができると思います。
上側のU字フックを仮留めしてから作業した方がよいですね。
取り付け時にU字フックを仮留めしておかないと、あっちこっちぶつけてキズにするし、ふらついてしまい下側のステーを固定すること自体が難しいかもしれません。
何故かというと、ステーの遊びがほとんど無く、寸法ぴったりに作られているからです。
_dsf3519

 

U字フックの取り付け場所も、上側の溶接の始まる場所(ホーンのあたり)の本当にキワですから、キズ防止のゴムシートが挟めませんでした。
矢印の所から溶接が始まっていますので、その下で固定です。
_dsf3524

 

インシュロックの下は、もう溶接です。
_dsf3517

 

ちょっときつめのボルトをねじ込み、なんとか下側をしっかりと固定したら、次にU字フックを締め込んでいきます。
ただU字フックはある程度まではたわみますから、適当な所でやめて、しばらくしたら増し締めしたほうがいいかも。
このU字フックはフレームに対してきつきつで、買ってきたキズ防止のゴムシートをはさむことができませんでした、残念。
でも確実な直付けなので強度的にも優れているとは思いますが、キズが付くはずだし、そこから錆びないか心配です。

しかし作りもよく強度も配慮されており、何よりもステンレスなのが、港町には嬉しいです(^_^)

危なげなくエキゾーストパイプも回避しています。
_dsf3520

 

渦巻きホーンとの干渉もないです。
_dsf3523

 

必要最小限の出っ張り、十分かと思います。
_dsf3522

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »