« デジカメ新調 FujiFilm X100T | トップページ | お元気そうで »

2015年2月 4日 (水)

フィルターを削っちゃう

X100T を手に入れる前にこのサイトを参考にさせて頂き、色々と画策していました。

で、結局アダプターリングは滑り止めのギザ付き八仙堂の49-49継ぎ手リングにし、ペンタックスのインナーフード(壺フード)を付け、30.5mmのビデオ用のMC保護フィルターを中に装着したのです。

_dsf0280

上記サイトを見て分かる通り、八仙堂のアダプターリングは純正やUN製に比べ、若干(1.2mm)短いんです。
まー大丈夫かなーと思っていたのですが、X100系はマクロ時にレンズユニットがせり出す構造なのが災いし、中側に付けたフィルターに当たってしまい、フォーカスエラーに・・・( 。-_-。)
かといって外側に付けるのは豚鼻みたいで嫌だし・・・

と言うことで、鉄やすりを引っ張り出してきて、ガリガリと削ってしまいました(^0^)
ガラス面には保護のために、ハガキを切り抜いて糊で貼り付けています。
コーティングに影響があるとまずいので、水溶性のヤマト糊です(笑)

_dsf0251

フレームをほぼ半分まで削り(まだ削れますが無理せずに)、良い感じになってきました。

Innerhood_02

角は怪我をしないように、耐水ペーパーで軽くなぞっておきました。
気休めでもいいので切削面をマジックで黒く塗り、カメラに取り付けてマクロ時最大に繰り出しても当たらないことを確認しました。

なんとか上手くいってほっとしました(^0^)

_dsf0269

|

« デジカメ新調 FujiFilm X100T | トップページ | お元気そうで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジカメ新調 FujiFilm X100T | トップページ | お元気そうで »