« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

X100Tのフードの銀化その2

塗料を剥がしたX100TのUNのインナーフードと八仙堂の継ぎ手リング、昨日よりももうちょっと頑張ってみました。
スポンジやすりとリューターとアセトン(マニキュア落とし)で1時間ほど内職。
多少は良くなりましたが、もうこれ以上は面倒だから終わり。
_mg_6297

| | コメント (0)

2015年2月27日 (金)

フジツボを銀化してみました

Fujifilm X100T のフジツボフード(インナーフード)と継ぎ手アダプター共に黒だったのですが、よりジジー臭く仕上げるために、塗装を剥がしてみました。

今回はUN製のインナーフードを使用。
ペンタックス製は開口部にデザイン性の溝があり、ちょっと大変そうだったから。
Silverhood

最近の塗装は強固で、ローレット加工の溝奥は取り切れませんね。
肉眼ではなんとなく黒っぽいかなって言う程度ですが、さらにアップにすると・・・しっかりと残っていますね( 。-_-。)
これ、薬剤で落とせるのかなー?
でもまーこれもまた、きたなシュランっぽくていいかな?(笑)
_mg_6295_03

今回は10年前の キッスデジタルN で撮ったのですが、ただ記録するという意味ではX100T (1,600万画素)よりも、画素数半分(800万画素)のキスデジNの方がより現実を正確に記録できる、と言うことを実感。
やっぱデジイチも捨てがたいなー。

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

お元気そうで

akakura52さん、お元気そうで良かったです。(^0^)

| | コメント (2)

2015年2月 4日 (水)

フィルターを削っちゃう

X100T を手に入れる前にこのサイトを参考にさせて頂き、色々と画策していました。

で、結局アダプターリングは滑り止めのギザ付き八仙堂の49-49継ぎ手リングにし、ペンタックスのインナーフード(壺フード)を付け、30.5mmのビデオ用のMC保護フィルターを中に装着したのです。

_dsf0280

上記サイトを見て分かる通り、八仙堂のアダプターリングは純正やUN製に比べ、若干(1.2mm)短いんです。
まー大丈夫かなーと思っていたのですが、X100系はマクロ時にレンズユニットがせり出す構造なのが災いし、中側に付けたフィルターに当たってしまい、フォーカスエラーに・・・( 。-_-。)
かといって外側に付けるのは豚鼻みたいで嫌だし・・・

と言うことで、鉄やすりを引っ張り出してきて、ガリガリと削ってしまいました(^0^)
ガラス面には保護のために、ハガキを切り抜いて糊で貼り付けています。
コーティングに影響があるとまずいので、水溶性のヤマト糊です(笑)

_dsf0251

フレームをほぼ半分まで削り(まだ削れますが無理せずに)、良い感じになってきました。

Innerhood_02

角は怪我をしないように、耐水ペーパーで軽くなぞっておきました。
気休めでもいいので切削面をマジックで黒く塗り、カメラに取り付けてマクロ時最大に繰り出しても当たらないことを確認しました。

なんとか上手くいってほっとしました(^0^)

_dsf0269

| | コメント (0)

2015年2月 2日 (月)

デジカメ新調 FujiFilm X100T

EOS KissDN 購入から10年近くたち、それでもまだまだスマホカメラよりは使えるとは言え、道具としての飽きも来ますし・・・
なによりもダイナミックレンジの面では、スマホよりも厳しいかも知れません。
そこで、本当に久しぶりにデジカメを新調しました。
フードがペンタックスですが、富士フイルムのX100Tと言うモデルです。

20150202_154822


とは言え、なかなか新品をとも言えず、バツイチ(中古ね(^_^;)を迎え入れました。
まーバツイチとは言え、200ショットほどの新古品と言っていいレベルで、新品よりも2万円近く安かったのでいいかな。

単焦点(ズーム無し、35mm換算で35mm相当)なので、使いこなしが楽しそうです。
KissDNの時にも単焦点は使っていたので、特に違和感もないですね。

ここのところずっとスマホ写真に慣れていたので、ボケる画が楽しいですね。
とは言え、風景を求めて撮り歩くってしないので、撫で回しているだけかもしれませんが。
σ(^◇^;)

Dscf0208_02

| | コメント (4)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »