« D123、悪夢再び(^_^; | トップページ | PS300のコーン紙を弾いた時の音 »

2014年6月17日 (火)

30cm フルレンジがやってきた!

先日、根性無しでぶっ飛んだD123(JBL)は、見限ることにしました。
こんなへたれスピーカー、うちには置いておけまへん!と言うことで。(^_^;
いえいえ、酷使した自分が悪いのはわかっているのですがね。
でもね、平面バッフルで低音を十分に出そうとすると、鼻血が出るほどグリグリしないと駄目なんですから、しかたありません。

と言うことで、例によってオクでフォステクスのPA用ユニット「PS300」をゲット。

Ps300


オーディオ好きな方なら、「オーディオみじんこ」と言うHPで見かけたことがあると思います。
あるいは故長岡氏の製作SPにも登場する、高能率ユニットですね。
(私は長岡教信者でも何でもないので、先生とは呼びません)

Ws000057

ここで注目は、どこか一点だけが突出して能率の高い部分があるのではなく、ほぼ全域にわたり、100db近い能率を確保しているという事。
97db以下のSPは認めないと宣ったランシング氏もニンマリするほどの素敵さ!(笑)
ただし1KHzから上の乱れはたぶん、サブコーンの分割振動によるものだと思いますが、800Hz/12db/octですから、ある程度は押さえられるかなと思っています。
ぶっちゃけ、自分で切り取っちゃっても良いのですがね。(やりませんが(^_^;)

近いうち、交換しましょう。
今日は暑い中、キス釣りに行っていたので疲れてしまい、もうできません・・・

|

« D123、悪夢再び(^_^; | トップページ | PS300のコーン紙を弾いた時の音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D123、悪夢再び(^_^; | トップページ | PS300のコーン紙を弾いた時の音 »