« D123システム完成!&ご臨終 | トップページ | サチ子とHi-FiとHOTと »

2014年3月 1日 (土)

クロス変更

20140301_104908

店舗用のスピーカーを新調して半月が過ぎました。
フォステクスほどではないが音がきれいに鳴っています。
しかしちょっとジャズに対する熱さが足りない感じなんです。
弾けるような、JBLらしさが足りないんです。

今までクロスはハイパスが900Hz、ローパスが700Hzくらいでした。(6db/octのチャンデバです)
これだと女性ボーカルが、それほどウーハーから聞こえない、と言うポイントでした。
ハイとローのクロスを同じにすると、クロス付近でちょっと盛り上がる感じだったので、クロスを離していました。

熱くないのをどうしようと言うことになり、D123をフルレンジみたいに上まで使い、2416Hをプラスツイーターみたいに使おうかとも思ったのですが、それでは2416H-1がもったいないので、2KHz近辺で探ってみました。

そして変則的ではありますが、ウーハーを2KHz、ツイーターを900Hzと、クロス付近をかぶせることにしました。
若干クロス付近が盛り上がりますが、ウーハーから出るボーカル帯域のこもった感じが2416Hによってカバーされ、意外とすっきりと聞こえました。
とは言え、これもしばらく聞いてみたらどうなるかわかりませんがね。(笑)

いずれにせよこういう作業が簡単にできるのも、高低のクロスポイントが個別に設定できるメジャグランのチャンネルデバイダーのおかげですね。

Wsp001033

|

« D123システム完成!&ご臨終 | トップページ | サチ子とHi-FiとHOTと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D123システム完成!&ご臨終 | トップページ | サチ子とHi-FiとHOTと »