« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

やっぱり親って

今年53歳になる息子を、それでも自分の意思通りにコントロールできないとごね始める。

一から十まで根掘り葉掘り聞き出さないと気が済まない。
それだって単なる興味本位。
ほんと、そんな親の存在って、なんなんだろうね。
生きていて有り難いとか、いつか思う事があるのかなー?
金なんて出さなくても良いから、口も出さないで欲しいよ。

| | コメント (0)

2013年5月30日 (木)

008 / 銚子港から観音堂を望む

Photo_5

http://goo.gl/maps/IQcPD

今の銚子漁港ですね。
これもやはり明治期かと思います。
ちょうど現在の中堤防のように作られた中州?越しに、銚子観音が見えます。
この時代から比べると今は、驚くような変貌ですね。

川に浸かり船を押している男達、褌も締めていない真っ裸です。^_^
銚子漁港、現代的な護岸が一切されていない様が見て取れます。

| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

プリを交換しました

と言っても、店舗のサブシステム(別名・メインシステム?(爆))のですが。

今まではメジャグランのDPと言うプリアンプでしたが、同じメジャグランのウルトラローノイズプリ UPの中古が出品されていたので、さっそくゲット。

20130527_221045

早速交換して聴いてみましたが、やはり際だって音の粒立ちが良いなー。
今までのDPも、その価格の十数倍の価値はあると思いましたが、今度のは情報量がさらに多いです。
うん、交換して良かったです。
とか書きつつ、実はメインシステムのプリもこれなんですが。σ(^◇^;)
このサブシステム、90%はテレビの音声用なのがもったいないが・・・(爆)

余ったメジャグランのプリアンプDPは、近いうちに売却ですね。

あ、テクニクスの SU-C1010 Ver.3 もあったんだっけ。
これも売却ですね。

| | コメント (0)

2013年5月27日 (月)

007 / 銚子川口の帰帆

Photo_4

http://goo.gl/maps/flktI

漁船の帰港風景です。
これは明治期の様子と思われます。

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

おとりよせ~♪♪♪

以前も紹介しましたが、諏訪の味噌屋からお取り寄せが届きました。

信州諏訪 手造り味噌醤油工房
喜多屋醸造店

20130525_093341

普段使いのリーズナブルなお醤油(420円/L)と、たまり醤油ブレンドのちょっと良いお醤油(900円/720ml)、そして白味噌(680円/kg)です。

「地元の食材を食いやがれ」とおしかりを受けるかも知れませんが、近年は銚子の物よりもこれに惚れてしまっているので、ごめんなさい。

特に420円の醤油は特別に高級な材料を使うわけでもなく、ただただ”普通に、昔ながらの製法で、1年かけて醸造した醤油”なだけです。

空気に触れないようにとかそんな事関係有りません、ただただ普通に美味しいお醤油です。

この味噌屋とのつきあいはオーディオがきっかけで、つきあいでなんとなく取り寄せた白味噌・雪娘がはじまりでした。

いつしか醤油もここの物に惚れてしまい、取り寄せたり、諏訪湖方面に行った時にも、直接購入したりしています。

高ければ美味い物はいくらでもありますが、とにかくここはコストパフォーマンスのバランスが素晴らしいと思います。

| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

ビッグパフェ

暑く なると 大忠家 が恋しいな。

528505525

| | コメント (0)

006 / 外川港

Photo_2

http://goo.gl/maps/LyvhS

時期は不明ですが、戦前の銚子の外川港です。
と言っても、築港中ですね。

上段は、多分現在のイルカウオッチングの銚子海洋研究所の辺りから千騎ヶ岩(sengaiwa)と本家の台(ほんけのでー、銚子では”だい”と言わずに”でー”と言います)を展望しているのかなーと思います。
下段はどこから見ているのか、私には分かりません
犬若側かもしれません。

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

005 / 飯沼観音門前

Photo

http://goo.gl/maps/VHlOs

明治後期か大正期の飯沼観音前です。

電気も整備されてきて、電柱に通る電線の本数も多数見受けられます。
地図上、緑色の屋根が私の家なのですが、ちょうどその前辺りから撮影した写真ですね。
右に見える木造3階建ては「吉野屋旅館」です。
その向こう側の店先に人がいるのが「今井書店」です。
今井さんは、戦前は現在の書店の場所で陶器も販売しており、書籍販売は飯沼観音境内がメインだったようです。
(記憶違いだとしたら、境内の方が陶器だったかも知れません(^_^;)
その先には「田中屋」「原梅」「泉」の3軒が並んでいます。
「泉」さんの手前には、見えませんが路地があり、戦後に「泉」さんのところが「水戸屋」になりました。

左側ですが、一番手前の垂れ看板(中将湯-オリジナルはツムラの婦人薬ですが、マークがツムラの物じゃないですね)のあるのが、現在「観音食堂・丼屋七兵衛」さんの場所であり、当時は「郷医院・薬局」でした。
その向こう、電柱の所に白い掲示板のような物があるお店が「いしげ呉服店」です。
その手前の蔵が現在のいしげさんの駐車場になっています。
その隣、陰になって見辛いですが、カステラで有名な「つる弁」さんです。
一番奥が、今は転居して駐車場になっていますが、金物・雑貨の「日の伝」さんになります。

銚子観音に参拝する人たちの服装も殆どが着物で、当時の文化を垣間見る事ができますね。

| | コメント (0)

2013年5月19日 (日)

らー麺ゴルジ

パンク町田さんプロデュースの、らーめんゴルジです。

お店のHP らー麺ゴルジ

場所はここ http://goo.gl/maps/8wo3H 

入り口の看板です。24228_2013051300111800_136837507835


道は人とすれ違うのも危ないくらい細い道! 
ネット時代じゃなければたどり着けない、秘境のラーメンハウスです。
道順動画をアップしました。

タイミングが良ければ、ご本人が調理されていますよ。
_06


客席は完全露店につき、訪れる季節、時間、天候、服装、虫対策は個人の責任です。
_04

その後には、わんことのどかな風景が!www
_03


ゴルジらーめんと焼き豚丼(ミニどんぶり)です。
驚くほどてんこ盛りの背脂!
でもSPF豚の背脂だから、旨い!
_07_2


替え玉も逝っちゃいました。σ(^◇^;)
_08

| | コメント (0)

2013年5月16日 (木)

004 / 銚子漁港

__01_2


http://goo.gl/maps/mDc2p

明治か大正の銚子港です。
現在の漁港の体を為す埋め立てが始まったのが、大正15年ですから、少なくとも逸れ以降ではないですね。

地図中心の「飯沼町」の文字のすぐ上の左右の通りが写真の護岸に当たります。
その下の「254」と言う道路の数字が手前の路地の所です。
撮影アングルとしては、「254」の下の銚子観音の山門から見下ろした感じでしょうかね?(多分空撮かと思われます)

右側に半島のように突き出た所が船着き場でもあり、魚を水揚げした所でもあります。
トロッコの線路が敷かれているのですが、3.11の津波の際、引き波の時にその残存していた線路が露出したそうです。

一般的に銚子の人が呼ぶ「観音ロータリー」は、右側の建物群の向こう側になります。
左側から右側に斜めに見える砂地の護岸が、現在の消防署前から続く通り(ローソンの利根川側)となります。
写真下側を左右に横断している路地ですが、左側は現在はありませんが、右側は銚子観音裏の「舟附き坂」と呼ばれる階段の下の路地です。
この路地には明治期(あるいはひょっとしたら江戸期からの物?)と思われる石塀が現存しています。

| | コメント (0)

2013年5月14日 (火)

Amazing Grace

モンキー村上さんの歌うAmazing Graceをアップしました。

2011/11/19 千葉県銚子市
Boozy's Shelter (ブージーズ・シェルター)のライブから「アメージング・グレース」です。

写真は千葉県銚子市「地球が丸く見える展望館」の駐車場からの夕景です。

| | コメント (0)

2013年5月13日 (月)

003 / 銚子飯貝根カツオの大漁

__01


http://goo.gl/maps/Q524O

銚子飯貝根カツオの大漁-明治?、大正?

飯貝根>いがいね=いがいねっこ=大きな岩礁、の意らしいです。

今の銚子第2魚市場から千人塚辺りにかけてでしょうか?

| | コメント (2)

2013年5月 8日 (水)

002 / 戦後の銚子漁港(昭和30年代)

___01_02

http://goo.gl/maps/ad8Tq

これは戦後の銚子第1魚市場です。

手前を横切る赤茶色のパイプは製氷工場から伸びている、船に氷を積み込むためのパイプです。

漁船も木造船ですね。

今の漁船は、鉄かグラスファイバー製です。

20tくらいまでですとアルミの船も多くなりました。

漁師さんのファッション(?)も、レトロです。(笑)

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

001 / 飯沼山円福寺山門

___01

http://goo.gl/maps/Fc9dU

坂東二七番札所飯沼山円福寺 通称-銚子観音-大正?

戦前、空襲で焼失する前の山門です。

人々の服装など、当時の風俗も垣間見る事ができますね。

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

一億三千万年前の

銚子の犬吠にある銚子のエアーズロック、GW明けには創価学会の会館の駐車場整備のために破壊されます。

もったいないなー・・・

1900794087_28

結局犬吠の巨大礫岩は、学術的価値も薄いと言う事だった。
この手の礫岩は市内他所にも散在しているそうで、特にあそこに残す必要性(学術的価値)の薄い物という事だ。
そうなると当然政治が絡む話ではなくなるので、政治家が目を背けるのは必然というものだ。
強いて言うならば、ジオパーク構想とか観光目的には商業価値があるという事かな?
(学術的価値が薄いと言う事は、次期ジオパークの更新手続きにも影響しないであろうから、関係者にとってはホッとする要因となったかも知れません。)
結局は、だれがその金を出すかって言うところでつまづいたのだろうね。
まー、価値のない物を税金を使って買い取るという事にならなくて良かったという事かもしれない。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »