« ダイアフラム | トップページ | ようやく64セブンへと・・・ »

2012年5月 6日 (日)

生音

先週、久しぶりにライブに行きました。

小さなレストランで、10組のバンドが30分ずつ交代で演奏です。

ロック・ポピュラーから、ブルースやジャージーな曲まで、様々でした。

そして確信したこと、と言うよりも”再確認”したことは、生のドラムの音はオーディオでは無理だって言うこと。

近づける努力はしますが、100%無理って言い切れますよね、悲しいですが。

そりゃー、あの音の立ち上がりを音量でカバー(正しくはごまかす)している人は多いですが。

もちろんその方達だって、無理を承知でオーディオを楽しんでいるのは、分かっていますよ。

ほんと今更なのですが、ライブを聴く度に思い知らされます、オーディオ再生の限界を・・・


とか言いつつ、いじっていると楽しいよね、オーディオは!

 \(^O^)/

|

« ダイアフラム | トップページ | ようやく64セブンへと・・・ »

コメント

よく判るハナシです。
炸裂するドラムを再生しようと音量を上げると塩水を飲んでしまった遭難者がさらに乾くのに似てしまいます。
あの瞬発力は元のソースに入ってないから再生しようがないとあきらめることで自分を慰めています。

投稿: だーだ | 2012年5月 7日 (月) 16時19分

だーださん,今晩は。
私もあきらめている1人ですが、それでもサウンドエキサイターとかLEF-122とか、藁にすがっていますよ。(笑)

まー、殆どのオーディオ好きは分かっていて、それでいてもがいているのですが、時々、気がついていない人もいますよね。

あと本当にやって欲しいことは、ソースづくり(CD製作)の時にお願いしたい事ですが、もっとレベルを下げて、リミッターの効きを弱めてくれればいいのになーってこと。
それだけでも本当の意味でのダイナミックレンジを稼げるのに。
ソースに入っていない(というか、削られた)音は、再現できないんだからね。
でもそうすると、ポータブル機器使用の大多数のアポーンな奴らから、迫力が無いクソCDって言われるんでしょうね。
平均レベルが高い方が、iPodなんかではごまかしやすいですからね。

投稿: 音爺@管理人 | 2012年5月 7日 (月) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイアフラム | トップページ | ようやく64セブンへと・・・ »