« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

良い年をお迎えください

この一年色々な事がおこりましたが、挫けずに生きていきましょう。
みなさん、ありがとうございました。
来る年も、皆さん笑顔で過ごせる事を願っています。
良い年をお迎えください。
_mg_5986

| | コメント (4)

2011年12月22日 (木)

お手軽チーズフォンデュと
カクテルの作り方

すきくる×コトコト倶楽部企画のご案内クリスマスはお家でパーティー♪~

Barのマスターが教える「お手軽チーズフォンデュとカクテルの作り方」

内容 クリスマスに家族で楽しめるカクテルと手軽な材料に工夫して簡単、美味しいチーズフォンデュをBarのオーナーが伝授します。 

17232629_1458638656_144large

講師 宇佐美先生(Boozy,s Shelterオーナー)
日時 平成23年12月23日(金・祝日)13時30分~14時30分
場所 イオン銚子店1階ベーカリーショップ横参加費無料 スキクルスタープレゼント 1名100スター

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

銚子のラドンガス測定値

Photo

18日(日曜日)の夕方から表示をし始めるはずなのですが・・・今12/17現在の数値はグラフ表示用のフェイクですので、ご注意を。

銚子のラドンガス測定値、朝・夕、2回の更新です。

赤線が朝 

青線が夕方

合成がこっち

見辛くてすみませんが、使用サイトの関係で一日に一度しか数値の入力ができず、2種類のグラフを作成して、それを重ね合わせたグラフ表示にしています。
まー、朝・夕どちらか見ていればとか、その程度でいいと思います。

例によって、その数値の見方等は、ご自分でググってください。
放置プレーに感じるかも知れませんが、その取り扱いに慎重を要する事案と言う事で、ご容赦を。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

リサンプリング

先日来”遊んでいる”知人のBARのライブ録音ですが、あまりにも録音レベルが低いので、ノーマライズするとデジタルノイズまで大きくなっちゃう。
具体的に言うと音のレベルが高くなるときとか、ノイズというか何というか、ヒステリックな嫌な高調波がつきまとっちゃう。
ボーカルが大きな声で張り詰めて歌っている時、ヒステリックな高調波がつきまとうというのかな、そんな感じのことです。
アナログ時代にはなかったことなので、デジタル特有の現象ですね。
もちろんこれは最近のCDには無い事ですが、CDが誕生してから数年、特にボーカルの大音量時に、顕著に聴き取れたノイズ現象です。

どうしようかと思いましたが、ビットレートをハイサンプリングして見たら、少しはおさえられるようです。
とりあえずサンプルを上げてみます。

ノーマライズのみの元ファイル(44.1KHz・16bit)

これは44.1KHz・16bitファイルをPEQとノーマライズ
(普通のCDのフォーマット)。

こっちは同じ音源で96KHz・24bitに変換してからPEQとノーマライズ
(DATやDVDオーディオのフォーマット)
これは再生できない環境の方が多いので、再度44.1KHz・16bitにダウンサンプリングした物を掲載しています。。
それでもこちらのが、音の陰影がわかる感じで好ましいですね。

| | コメント (0)

2011年12月 9日 (金)

ライブ録音を編集!

知人のBarで行われたライブ録音ファイルを、編集開始。

聴いてみると、すっげレベル(音量)が低い!
-20dbくらいって、アッテネーターかけ過ぎ!
確かに歪み無く録音されてはいるが・・・σ(^◇^;)

で、早速作業開始。
まずはノーマライズして、音量をリミットまで引き上げる。
次にコンプレッサーで、拍手とか何かがマイクにぶつかる音とか、諸々のピーク性のある要らない音を削ってあげてから、もう一回ノーマライズします。

そして問題の音質の調整。
とてつもなくブーミーな低域なので(普通にライブ録音すると、だいたいそうなる)、大幅にいじってあげる。
パラメトリックイコライザーで殺す中心周波数を探して(まーだいたい80Hz~150Hzなんですが)、ついでに不必要な50Hz以下をばっさりと切り落 とし、気持ちよく聞こえる高音域である8KHz-12KHz付近(中心10KHz)をちょっと(3db程度)持ち上げて、オーバーレベルにならない様に持 ち上げた分はレベルを落として(-3db)、ハイ、ここまで設定してOKボタンを押してPEQ処理してあげる、ふー。(^_^;

この作業は、演奏者によって声質や楽器が違うので、ファイルごとに設定しなければ為りません。
モンキーさんは125Hzを-18dbでしたが、しゅうさんは同じポイントですが-6dbです。
帯域幅は同じで済みました。

で、最後にノーマライズして、基本になるファイルが完成。
後はこれを曲ごとに切り分けてやれば、CDにも焼く事ができますね。

今日は2ステージ分だけやって、残りの2ステージ分は明日にしよう。
できあがりまで、もうちょっとです♪

実はこれ、やっていて楽しいんですよ、本当に。
音をいじるのって、面白いです!

(これ、明日同じ事をやるための手順記録でもあったりして。σ(^◇^;))

| | コメント (2)

2011年12月 8日 (木)

やっぱり・・・LEF-122

 メジャグランの音乃翔と、WaveEmphasizerLEF-122、どちらか一つしか選択肢がないとしたら、やはりLEF-122を取るな。
そりゃー両方有ったら、それに越したことはないが・・・

| | コメント (4)

2011年12月 7日 (水)

プリアンプ、新調

 いままでテクニクスの、SU-C1010Ver.3を使っていましたが、新たにメジャグランの超ローノイズプリアンプを調達してみました。
メジャグランお得意のNFボリュームの発展型で、4連ボリューム(アルプス製特注品で、これだけで1,2万円ほどするそうです)使用のオリジナル回路だそうです。

Mejogran_up

音は、いつものメジャの音。(^0^)
ただ、透明感があり、やたら生々しいのが印象的。
要するに歪み・雑音の質が、相当良いのでしょうね。
と言っても、メジャグラン(MEJOGRAN)ですから、一切甘い音は出しません、スパーンと鳴ります。

これを使い、CDP>LEF-122>SoundExciter>プリアンプ と言うような構成に。
音は一つ前のエントリーの時のような、こんな感じ。

LEFT ALONE
http://bit.ly/sKzCo3

MINOR PULSATION
http://bit.ly/vxYYoD

SU-C1010Ver.3 も価格の割に、相当まともないい音だったのですがね。
処分しようかどうか、思案中・・・

| | コメント (5)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »