« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月27日 (木)

karaoke@damが再生できない現象

震災前まで clubdam.com のコンテンツの「karaoke@dam」で遊んでいましたが、ある時ポップアップで出てきたウインドウのボタンを適当に押していたら、再生できなくなってしまいました。
環境は、自作マシンの WindowsXP Pro SP3 です。

症状としては、別ウインドウは開くのですが、「準備完了」と表示された状態で停まってしまいます。
しかも、なぜか入会前の環境チェック用のサンプルカラオケは再生できます・・・なんで?(実は、この症状が原因究明のミソだった!)
当時はなぜ再生できないのか、色々試してみましたが駄目で、結局解約してしまいました。
その後分かったのは、他の有料デジタルコンテンツが軒並み駄目になってしまっていた事です。
もう有料ストリーミングが再生できないのかなと、半ば諦めました。

震災のゴタゴタもあり、この10月まで放置していたのですが、やはりカラオケハウスと同等の音源が自宅で使えるのは捨て難く、再度調べてみました
そうしたら他にも同じ様な症状の人が居まして、結局は”セキュリティのアップグレード” の失敗と、”DRM”システムのトラブルが原因と判明。

と言う事で、マイクロソフトのHPのこちらから 、解決方法の1番と2番を行って解決しました。
まーわたしは何故か1番>2番>1番と、こう言う順番になってしまいましたが、何故だかはよく分からないです。
要は「デジタル署名を1度リセットして、セキュリティーのアップグレードをしたら直りましたよ。」と言う事です。

| | コメント (2)

2011年10月19日 (水)

緊急地震速報専用PCソフト
SignalNow Professional

 

緊急地震速報専用ソフト「SignalNowExpress」ですが、ご活用されている方も多いと思います。 私も震災直後からですが、使用しています。 無料です!  このソフトは揺れるまでの秒数と到達の様子が、円の変化により視覚的にわかるのがいいですね。

 そして先日、これの有料版高機能タイプが出ました!  

 

緊急地震速報専用ソフト「SignalNowProfessional」

 今ならセール中!(^_^)
Signalnowpro


 Express版では県庁所在地しか設定できませんでしたが、有料のProfessional版では任意の地域を設定できます! まー、県庁所在地近辺の方は無料版でもいいでしょうけれど、銚子のように県庁所在地から結構離れていると、その差は不安に感じる物が有ります。 しかも、その地域の地盤強度データも設定されるので、結構正確に ”あと何秒で、どのくらいの揺れが到達するか” がわかります。 興味のある方はご一考ください。
 ただし、音声出力ができる事と、インターネットに常時接続で、なおかつパソコンを常時起動させておける人じゃないと、あまり意味がないかも知れませんので、購入は慎重にどうぞ。 私は・・・とりあえず1年だけでも使ってみます。

 参考までに、地震の表示例です。 実際はマグニチュード 4.7でした。
Ws000668

 (私は、この会社とは利害関係は一切ありません。)

| | コメント (0)

2011年10月 7日 (金)

考えてみたら

 今さらながら考えてみたら、2インチスロートドライバーで、アルミとかチタンの金属ダイアフラムのドライバーって、自分では使ったことが無かったです!(笑) もちろん、他所では数えられないくらい聞いていますよ。まー、フェノリックダイアフラムの音が気に入っているので、今後も交換する事はないですけれどね。ふっと思って、書き留めてみました。

写真はJBLの375HP同等品(DUKANEのラベルで販売)
5a360_daiphram_01_2

| | コメント (4)

2011年10月 5日 (水)

JBL E145-8

 E145ですが、画像を見て分かる通り、D130等と違い、コーンがパラボリックじゃなくストレートです。このユニットをフルレンジで動作させるとわかるのですが、高域にいくに従い指向性が狭まるのです。以前フルレンジとして試したところ、ほぼ正面以外は使い物になりませんでした。(もちろんフルレンジ使用は無理があります。) ですから、D130同等のクロスオーバーでは、システムの指向性が狭められますので、低めにした方がいいと思います。500Hz以下でしょうね。 

 左がE145で、右がD130のコーンです。

E145_eddge_2

E145_eddge_2

| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »