« 穴子 | トップページ | ENLIGHTENMENT よ、おまえもか。 »

2010年8月 2日 (月)

理由が無くても

 特別に理由が無くても、何故かダイナミックバランスのアームにこだわっちゃう。

 DUALで味わった、かっちりとした音が忘れられない。

 必ずしもアームのせいではない事はわかってはいるが・・・・・・

 それでもこれといった理由が無かろうと、選んだっていいじゃないか。(笑)

 だって仕事じゃなくて、遊びなんだから!(^_-)-☆

|

« 穴子 | トップページ | ENLIGHTENMENT よ、おまえもか。 »

コメント

音爺さんこんばんは。

僕も同感です。でも影響としては池田さんのアドバイス。

あの方の話し方は本当に誠意と熱意がありますから聴いている

うちにその気になってきます。

でもモノラルの場合はパイプ・アームはどうでしょうか・・・・・・

投稿: akakura52 | 2010年8月 2日 (月) 20時46分

akakura52さん、こんばんは。
そうそう!
池田氏の理論というか考え方は、非常に合理的ですね。
たら・ればではなく、こうだからこうでしょ?って問いかけてくる言葉は、非常に説得力がありました。
逆に言えば、オーディオを趣味として遊ぶと言う事とは真逆のお話ですね。
正論ではあるが、遊び場を取り上げないで~!って感じかな?(笑)

(以下、私感)
モノラルでもステレオでも、レコードの反りに追従できさえすれば、アームの質量は大きい方がいいと思っています。
感度よりも剛性と。
一瞬の追従に歪みが伴っても、トータルで剛性のあるアームのが優れていると思います。
だって多分、反りで歪みが出たって、気にしなければいいだけじゃないのかな?
聞けない様な歪みになるとは思えません。
(製品では当然関知されるレベルではいけませんがね。)

投稿: 音爺 | 2010年8月 2日 (月) 21時29分

音爺さんお早うございます。
やはり池田さんはそういう方ですよね。
跡継ぎがいるのですかね~  昔聴いた話では息子さんが
大手電機メーカーのS社にいるとか・・・

所有している多くのモノラルLPはほとんどソリが見当たりません。
盤厚が最近の180g並みに厚いせいですかね。
ですから僕のGEもGrayも快調のようです。

投稿: akakura52 | 2010年8月 3日 (火) 08時58分

akakura52さん、IKEDAはなくなっちゃうのかな?(T_T)

レコードの反りって言うのは珍しいと言っていいかもしれませんね。
アームが追従できない様な反りよりも気になるのが、偏芯ですね。
偏芯の方が聞いていてわかりますもの!(笑)

>盤厚が最近の180g並みに厚いせい
そう言えば古いLPレコードって、普通に厚いですよね。

投稿: 音爺 | 2010年8月 3日 (火) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 穴子 | トップページ | ENLIGHTENMENT よ、おまえもか。 »