« FR-64fxが返ってきました。 | トップページ | 首の痛み~(寝違いの治し方) »

2009年12月 3日 (木)

学研 『学習』『科学』が休刊

 うーん、寂しいぞ・・・

 『学習』『科学』休刊のお知らせ

------- 以下、上記リンクより転載 ------                     

『学習』『科学』休刊のお知らせ 2009年12月03日

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、当グループが発刊しております1946年(昭和21年)創刊の『学習』は“「できる」よろこびと深く学 びとるチカラを”をコンセプトに、1957年(昭和32年)創刊の『科学』は“小さな発見・大きな感動・科学っておもしろい!”をコンセプトに、多くのお 子様に長い間愛され親しまれてまいりました。

しかしながら、児童数の減少やニーズの多様化等の市場環境の変化による部数の減少のため、誠に勝手ながら『学 習』は2009年度冬号(2010年1月1日発行)、『科学』は2009年度3月号(2010年3月1日発行)の発行をもちまして休刊させていただくこと になりました。

『学習』『科学』で培ってきた子どもたちを育む力は、これからも各種の科学関連教材や「科学実験教室」等に随時活かしていく所存です。

皆様の永年のご愛顧に心から感謝申し上げますとともに、突然の休刊案内にて大変恐縮ではございますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

株式会社学研ホールディングス 代表取締役社長 遠藤洋一郎
[発行会社] 株式会社学研ネクスト 代表取締役社長 碇秀行
[企画制作会社] 株式会社学研教育出版 代表取締役社長 矢崎悦男

--------------- ここまで ----------

|

« FR-64fxが返ってきました。 | トップページ | 首の痛み~(寝違いの治し方) »

コメント

そうなんですかぁ。残念ですねぇ。
本当にCMの「まだかなぁまだかなぁ~♪」って感じで
毎月届くのをとても楽しみにしていた小学生でした、僕。
自分で作ったラジオが鳴ったときの感動や、プランクトンが卵からかえった喜び、アリの巣の断面が出来たときの驚きなどなど、今でも鮮明に覚えています。

投稿: kenmihokenmiho | 2009年12月 4日 (金) 08時36分

kenmihokenmihoさん、こんにちは。(初めましてでしょうか?(^_^;)
いつも楽しい記事を拝見させて頂いております。
m(__)m

「学研の~おばちゃんまだかな~!?」、でした!(笑)

今でも思い出すのが、1石の鉱石ラジオです。
なんでダイオード1個と、ビニール袋に銅板(アルミ板?)を出し入れするようなものでチューニングができて音が出るのかが、非常に不思議な体験でした。
プランクトンも楽しかったです!
最終的に金魚の水槽に入れたら食べられましたけど・・・(爆)

又よろしくお願いします。m(__)m

投稿: 音爺 | 2009年12月 4日 (金) 20時05分

kenmihokenmihoさん、はじめましてじゃ無かったですね。σ(^◇^;)
失礼致しました!
m(__)m

投稿: 音爺 | 2010年1月 8日 (金) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FR-64fxが返ってきました。 | トップページ | 首の痛み~(寝違いの治し方) »