« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

困った物だ

 年を取ると本当にどうしようもなくなるのが親なのかな? 50にもなる息子をつかまえて、自分の思い通りのレールの上を走らないと「あんたらの家は私の名義なんだから、言う事を聞かなければ出て行って貰うからね。」とか、「本当は家賃取ったていいんだからね。」とか言い出す始末だ。5年ほど前に根抵当の額を書き換えたことも忘れ、「所有者である親に知らせずに勝手になんてことをしているんだ」とか言い出すし。もちろん両親の前でちゃんと説明してから銀行手続きをしたのを忘れ、「ナンでその時に言わなかったんだ?」とか言い出す始末。(ぼけているのか?) 生きた時代も違うし、これから生きていく時代なんてもっと違うのに、自分が歩んだ人生だけが100%だと思っている。自分のことだけならそれでもいいが、それを子供達に押しつけ、ましてや孫にも押しつけようとしている。父や母も、死んだ祖父や祖母には結構困らせられたのだが、自分たちがその年になり、全く同様なことを子供にやっていると言う事に気がつかないんだよな。年を取るという事は、そういうことなのかな? 困った物だ、親とは。(あくまでも家族愛とは別なこととして・・・)

|

Whisper Not

 暖房の効いた部屋でのんびりと・・・

 

| | コメント (2)

2009年11月26日 (木)

人を育てろ、日本よ!

 事業仕訳、まっとうな処理をしてくれよ。(-.-#)

 私の同級生が文科省へ送ったメールが 古森義久さんのブログ で公開され、熱い声が集まっています。人を育てなかったら、文化も化学もあったもんじゃ無いです!!!

 

古森義久さんのブログのエントリー
 (産経新聞ワシントン駐在編集特別委員・論説委員)

|

2009年11月21日 (土)

見つめられて・・・

 webからダウンロード>印刷>切り抜き>組み立て、してみました。 

冷や汗 ドラゴンが見つめています・・・ げっそり

 型紙はこちらから!

 実物は、視線を鼻の穴あたりに集中すると立体視しやすいです。 一度見えちゃえば、後はどこ見てもOK。 片目なら、より簡単に見えます!

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

JASRAC

ファンキー末吉、がんばれ~~~!

JASRACとの戦い

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

もう駄目だ・・・

 PCのビデオカードの事です。

 先日ボードのfanが死んで、今はオンボードを使っているPCのビデオ出力。 メモリ不足かなんだか知らないが、全くビデオ編集ができなくなってしまった。 僅か数分のビデオでさえ読み込めない有様。 本当に編集不能に陥った。と言うか、レンダリングが再生に追いつかないんでしょうね。
 あと、ストリーミングが引っかかるようにもなってしまい、YouTubeも不快指数85%!(笑)  なんかとってもロースペックなPCになった感じ・・・げっそり

 で、仕方ないので512Mくらいの、2Dだけできればいいからビデオカードを物色中。 ゲームは殆どしないから、3Dは適当な性能でいいや。 送料込みで5000円以内の予定。しかし、昔にくらべたらビデオメモリが512Mで4000円位なんて、信じられない価格ですね。去年のモデルですが、3Dゲームをしない私には去年ので十分!(笑) 動作クロックも最新の800MHzじゃなくて500MHz台ですが、4年前に買った壊れたのに比べれば、それでも倍近いクロックだし。とりあえずビデオ編集に支障がなければ、それだけで十分です。と言うか、マザボがマイクロATXなので、PCIBUSにカードが刺さっている都合上、PCIeは1スロット製品しか使えないので限定されちゃいます。最新のは殆どが2スロット占有型だから、当然使えません!(×_×)

 G9300GS-512-2-64-C ってやつです。 新品で3900円!
http://www.fastcorp.co.jp/product/forsa/g9300gs.html

 

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

老兵はただ去るのみ<追記有り>

 1962年、昭和37年竣工。 2009年3月まで全線使用されていました。 現在は中央部のトラス部分を新橋の吊り橋部分にゆだね、その役目を終えようとしています。新橋は来年完成予定です。下の写真の○部分と同等のトラスが、とうとう撤去されました。
Photo

 ほんの一部とは言え、下に有る車と比較してもさすがに橋です、でかいです。
Photo_2

 近くで見るとやっぱりでかい!
Photo_3

 老兵はただ去るのみ・・・・・
Photo_4

 ご苦労様でした。
Photo_5

銚子大橋
昭和37(1962)年12月開通
総工事費8億5千万円
鋼トラス橋
水面からの高さ11.5m
橋長1,203m
総延長1450m
川面に架けられた橋では日本一の長さ

平成22年に架け替え工事が終了します。

 11/10 一部が分解され、隣の台船に移されています。橋の上流側に建設用のヤードがあり、分解したパーツをそこに持っていって最終的に解体するようです。
Photo

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

懲りずに・・・最後です・・・

 これで最後です。本当です。キッパリと止めます。たぶん。。。

 e-bay見ていたら、数枚買えば日本で買うより送料を入れても安いぞ! と言う事で、ポチっとbuy it nowを3回ほど押してしまいましたが、オイラの責任じゃないです・・・(爆)

 ELLA Fitzgerald & DUKE Ellington Cote D' Azur

Ws000105

 Duke ELLINGTON JAZZ PARTY

Ws000103


 そして本命、The Pianist

Ws000106

 ごめんなさい。m(__)m

| | コメント (11)

2009年11月 2日 (月)

早速録音

 DUKE ELLINGTON & RAY BROWN のアルバム、「This One's for Blanton」がやってきましたので、早速PCに録音しました。このシリーズの再発盤です。新品ではなく、ミントコンディションの中古ですが、再生したかどうか分からないくらいのミント盤でした。

Supervynyl

 たま~~~に(2曲に1箇所くらい)パチっとノイズが入るのは、やはり静電気のせいなのかな? とはいえ、録音後に波形を作り直して(0.00005秒まで解析できます)ノイズは取り去ってしまいますが、作業がめんどうです。あまり複雑な波形の所は前後の1波長をコピー&ペーストしてしまいます。その方が簡単だし。(^_^;

 あらためてコンディションの良い盤を聞いていますが、エリントンのピアノの音色、敢えて言うならもろにマッキンの音色だね!うちのシステムは比較的クールな方なので、そう言った特色は良くわかりますが、本当にアメリカの音色です!
 そう、それは熱く情熱にあふれ、そのエネルギーがほとばしるかのようなパワーさえ感じます。二人の汗までもが感じられるような熱さを感じます。それに比べCDの方は良くも悪くもノイズレスで洗練された音色ですね。疲れた体を横たえて、癒されるように聞ける音色です。CDの静寂、レコードのパッション、同じ音源とは思えません!

 やはりCDかレコードかという以前に、全く違う音源と言ってもよく、そう、音源から違うのですからどちらが音がよいとか、鼻から比するべき物では無いですね。レコードの時代の物はマスターが枯れてしまってはCD化しても色あせてしまうし、デジタル録音(或いは最近の高音質マスター録音)の物はCDのが良い結果のようです。要は適材適所と言う事ですね。

| | コメント (4)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »