« FRのアームの修理 | トップページ | オーシャンスパ犬吠埼 太陽の里 »

2009年10月21日 (水)

レコードクリーニング その後

 えーっと、ネットを徘徊しておりましたら”shuks”さんのHPに、”イケダ・サウンド・ラボラトリーズの池田氏のレコード洗浄法”という物が紹介されていました。

このページの一番下の方です。

 洗浄液は無水エタノールの30%水溶液です。(精製水を使用の事) 30%と言うと、結構濃度が高いですね。それにデンター・システマ歯ブラシのヘッドだけ数個使ったお手製のブラシを使いこするという洗浄方法です。別に池田氏を信奉しているわけでは無いですが、あれだけアナログ再生に傾注している池田氏が使用している方法というのは、信用しても良いのかも知れません。

 デンター・システマ ; 全ての毛先が通常のハブラシの約10分の1と細く(0.02mm)、適度なコシがあってしなる。

|

« FRのアームの修理 | トップページ | オーシャンスパ犬吠埼 太陽の里 »

コメント

やってみてないので何とも言えないですが
見る限りでは、
これはブラシでゴミをかき出してるだけですね
水にアルコール(エタノール)を30%入れているのは、水洗いを早くするためだと思われます、
アルコールには洗浄能力なく殺菌としての能力はあります、
考えれば少し洗浄液としてが出来ると思うのです、私権ですけどある程度ゴミを集めて、ネリ消しなので叩いて取るて手もあるかも…化学をならった人では思うのですが。

投稿: ip2005 | 2009年10月23日 (金) 23時53分

jp2005さん、こんばんは。
確かにアルコールと水だけでは、界面活性剤が入っていませんので”洗浄力”は見込めませんね。
ブラシで掻きだした汚れが再付着しないように保持するための水分?
だとしたら水だけで良いし・・・
でも、脂分を除去する能力をアルコールは持っているのかな。。。
エタノールは水には親和しますが、油にはどの程度の親和性があるのでしょうか。
ま、早く乾くためのアルコールって言うだけでもかまいませんけど。
ベストはレコードパック(レコパック等)なのでしょうけれど、もう作っていないし。
そこまで悩まなくても良いのでしょうが、悩むのも又楽しということで!(笑)

投稿: 音爺 | 2009年10月24日 (土) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FRのアームの修理 | トップページ | オーシャンスパ犬吠埼 太陽の里 »