« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

決めの一手

 レコードで持っていなくてCDを捜しても情報が無く、探し始めて数年後に過去に発売されていた事実を知った時には廃盤から十年以上が経ち、さすがにジャズは在庫店が無く見つからず、あきらめかけてさらに7年ほどで、ネットのおかげでようやく中古CDの在庫ショップを四国で見つけ買い求め、そうしたら最近は再販でフツーになっちゃっている、デューク・エリントン/レイ・ブラウンの「This One's for Blanton」。(笑)

This_ones_for_blanton

 せっかくアナログも復活したことだし、レコードでも一枚と思い中古を求めたら、とてもひどく、卓上プレイヤーでかけていたんじゃないかと言うくらいのバチバチ・ヒリヒリな盤でがっかり。これ以上レコードはもう買わないと決めていたが、さすがにこれではと思い、再発の重量盤を注文。ちなみにオリジナルは軽量盤です。こちらは個人ではなくショップからなので、ミントコンディションと言う事で信頼がおけそう。

 CDとレコードの音の違いは、端的に言うとエリントンのピアノよりもブラウンのベースに現れている感じ。CDほど膨らみすぎず、かつその音色に色香がまとわりつくベースの音だ。これはCDが良い、いやアナログのが良いという問題ではなく、どちらのマスターが良かったかって所でしょうね。CD化にあたりノイズ成分を消し去る時に、一緒に音色まで減退してしまったのでしょう。
 音楽性が損なわれるとは申さないまでも、惜しいですね、CDの音は。これも後々アナログからCD化する候補に入れておきましょう。

| | コメント (4)

2009年10月30日 (金)

車の修理・・・(;>_<;)

<追記>   \(^O^)/ 
けっこうな雨でも水が溜まりませんでした! ふ~。。。
       \(^O^)/ 

レガシーランカスターBHE3.0

 去年水漏れで交換したリヤガーニッシュですが、1年待たずに又水漏れです。

 例によってリヤゲートの内装を剥がし、リヤガーニッシュを取り外します。(写真は去年の作業時の物)

_00

 取り外してから気がついたのですが、スモールランプが一個、割れていました。熱くなっているところに雨でも降った時に冷やされて割れたのでしょうね。

 何回交換してもこれでは駄目だなと言う事(設計自体がおかしいんじゃないかと言う事)で、今回は対処療法にしました。レンズユニットの下に4mmのドリルで2箇所に水抜き穴を空けました。これで侵入した雨水は溜まらずに、すっきりと排出できると思います。

Photo

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

行動開始 トーンアームの修理

 WADIAのDAC「DMX-32」も無事嫁ぎ、フィデリティー・リサーチのFR-64fxの修理に踏み切ることにしました。

 と言う事で、早速埼玉県にあるイケダ・サウンド・ラボラトリーズに再度電話をし、池田氏に修理依頼をお願いしました。あと数日間、修理前の試聴をしたあとに送り出します。この視聴時間は、修理前と修理後で音の変化を確かめて欲しいという、氏のお言葉からです。そしてその変化を教えて欲しいというのです。う~ん、それは困った、と言うのが現在の本音。だってオイラのシステムなんて、人にどうのこうの語れるレベルの物じゃないし、まして現在プレイヤーが繋がれているのは、テクニクスのプリ+シャープのミニコンポ(デジタルアンプ)ですよ!(笑) どうしましょ!!(爆) ミニコンポとは言え、シャープがデジタルアンプ創世記時代の力のこもった一品で、パワーは控えめながらフライングモールのアンプ以上に素晴らしい音質ですけど。

 又、発送の注意として、アーム本体から取り外せる物は全て取ってから送れと言う事でした。質量のある物体がくっついていれば、振動などで破損したり精度に狂いが生じるおそれがあるからと言う事です。まーこちらとしてもそのくらいのことは分かってはいるが、細部にまで注意を配るクラフトマンらしいご忠告である。

 そして使用中のプレイヤーの話になり、LENCOと言う事になり、「またとんでもない物を・・・」と意味不明なお言葉を頂きました。(笑)(本当にどんな意味なんでしょうね???) それはさておき、LENCOなどのフローティング構造のプレイヤーの場合、フローティングを断ち切りリジッド構造にしないと、音の輪郭・明瞭さは生まれてこないそうだ。幸にして(?)うちのLENCOちゃんは、当初よりフローティング構造の底板は取り払い、フレームにスパイクを直付けで完全にリジッドにして聞いていましたので、その点はOKでした。

 その他の話としては、やはりMCカートリッジをお使いなさいと言う事。それも数Ωと言うローインピーダンスの物でないと意味が無いと。それを使い倒してからうちのカートリッジやアームにステップアップして見なさいとアドバイスを頂きました。・・・が、どうやったら30数万円もするカートリッジや、現行型のアームに至っては30~80万円近く!に手が届くのでしょう・・・・(;>_<;)

 あ、そうそう、FRの前は池田氏はグレースのアームを担当していたそうです。グレースのウッドアームの前までですって。木製アームは氏の理論にそぐわないので、氏がグレースに在籍していた時は反対し続けていたそうです。グレース以前の会社のお話も出ましたが、あまりにも古い話で、私の知らない会社でしたので名前を忘れました。(^_^; 
 それともう一つ仰っていた事から推し量ると、ネットオークションでのFRやIKEDA製品の動向はやはり気になるようです。先日出品されていたFR-64Sの落札価格などもご存じでした!(笑)

| | コメント (6)

2009年10月27日 (火)

タミフル中です。。。

 一家4人中、罹患していないのは細君一人・・・ オイラはタミフル、娘二人はリレンザです。

 落札されたDACの発送も、関節痛との戦いだった・・・38.8度の熱の中σ(^◇^;)

 取り敢えずアームの修理費はできたので、快復後に早々に連絡を入れる予定です。

 それにしてもしんどいです、新型インフルは・・・(;>_<;)

 もちろん仕事は明日まで禁止です!

 貧乏人が稼げなかったら、首が絞まります~shock

| | コメント (2)

2009年10月25日 (日)

よっしゃー!

 アームの修理ができっど~~~!

 (^^)v (^^)v (^^)v (^^)v (^^)v

| | コメント (2)

2009年10月23日 (金)

トーンアーム

 

イケダ・サウンド・ラボラトリーズに電話をした時の池田氏の話です。トーンアームには各種の調整装置が付いていますよね、インサイドフォースキャンセラーとかラテラルバランサーとか。先日のお話の中で池田氏は、「その様な付加装置は本当は付けなくてもいいんですけどね」と、仰っていた。要するに、付加装置のプラス効果よりも、本当は振動による音質の劣化の方が大きいんだと。でも、池田氏ほどの方がそれを分かっていて、何故付加するのかという事も自分の口から仰ったが、やはり有ると無いとでは売り上げに影響するのだそうだ。もちろん付加装置が無いは無いなりの設計、又、付加する時も当然それなりのベストを尽くして設計していらっしゃるでしょう。だから(氏の設計したアームだけの話ではなく)付いている物を取り外したからって、音は変わるでしょうが、必ずしも”より良くなる”とは限らないのでしょうね。

 私のようないい加減な人間には及びも付かない難しいお話ですね。

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

オーシャンスパ犬吠埼 太陽の里

 千葉県銚子市に、2010年 10月 22日オープン!

 写真をクリックするとオーシャンスパ犬吠埼のHPに飛びます。

Tiyounosato_inubou

下の地図中の緑地が建設予定地です。


大きな地図で見る

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

レコードクリーニング その後

 えーっと、ネットを徘徊しておりましたら”shuks”さんのHPに、”イケダ・サウンド・ラボラトリーズの池田氏のレコード洗浄法”という物が紹介されていました。

このページの一番下の方です。

 洗浄液は無水エタノールの30%水溶液です。(精製水を使用の事) 30%と言うと、結構濃度が高いですね。それにデンター・システマ歯ブラシのヘッドだけ数個使ったお手製のブラシを使いこするという洗浄方法です。別に池田氏を信奉しているわけでは無いですが、あれだけアナログ再生に傾注している池田氏が使用している方法というのは、信用しても良いのかも知れません。

 デンター・システマ ; 全ての毛先が通常のハブラシの約10分の1と細く(0.02mm)、適度なコシがあってしなる。

| | コメント (2)

2009年10月20日 (火)

FRのアームの修理

 内部断線していると思われる、FR-64fx ですが、一応イケダ・サウンド・ラボラトリーズに問い合わせてみようと思い、電話をしてみました。

 最初に奥様がでられ、池田氏に取り次いでいただいた。年配だと言う事は分かっていたが、あまりにも元気の良いお声!(笑) 70才くらいに感じました。(80数才!) 氏はご自分のアームに絶対の自信を持っておられ、アームで音が変わるのは当たり前と仰っていた。

 FR-64fxを高額で落札し、さらに修理してまで使おうと思ったのは、このアームが一聴して素晴らしい音だったからに違いないからです。(私が払った数万円のお金なんて、オーディオマニアの世界では高額とは言わないでしょうが・・・weep

 ところでお話の途中、私がオークションで支払った金額を”高額だった”と話たら(実際の金額を告げています)、池田氏は「あのねー、そのあなたのお持ちのFRのトーンアームの音を今作ったとしたら、いったいどのくらいの金額になるとお思いですか? 64(シリーズ)を越えるアームはうちの今のアームしかないんですから!」と、逆に切り返されてしまった!σ(^◇^;) 要するに、オークションで購入した価格プラス修理費を払っても、現代ではその金額では到底販売できる様な安っぽい物では無いのですよ、と言う事なのでした。少し怒られてしまいました・・・高すぎるっていう意味で言ったんじゃないのですが・・・(^_^;(^_^;(^_^;

 今現在池田氏がIKEDAブランドで販売しているトーンアーム(30数万円~70数万円くらい)で、レコードの情報量の6割程度しか引き出せていないと言う。そして私の持っているFR-64fxで4~5割程度。SMEなどでは3割も引き出せればいい方じゃないかと、仰っていました。まー数値的な事はともかく、氏曰く、現代の現行品の(他社製)トーンアームは、旧世代の製品であるFRさえ越えていない、と言う事らしいが本当か?(笑)

 そしてできればローインピーダンスのカートリッジをお使いなさいと。MC型が良いと仰っておられた。でも、あのー、おいら、ジャズしか聞かないのですが・・・(爆) シュアーじゃ駄目だよと言いたげに、遠回しに、遠回しに仰っていました。。。(^_^; 「でもオイラ、レコードではロックとジャズしか聞かないんですけど」とは、はっきりと言えなかったです、ハイ、氏に面と向かって電話口では・・・ハハハ σ(^◇^;)

 そしてもう一つ、子育てを終えたオヤジ達がオークションやショップでFR製品の中古を買う件数が増えて、修理の依頼が増えたそうだ。そもそもがFR製品の修理メンテナンスは、IKEDA製品の製作の合間にやっているそうで、修理がメインじゃないので、修理期間は相当日数を見てくれとも言っておられましたので、数ヶ月かかるかも知れませんね。でもねー、修理してくれるだけ有りがたいですよ!ホントに。

 

 さて、駄文はこのくらいにして、今回の修理内容は、ヘッドシェルとの接点からフォノケーブル接点まで全て交換&オーバーホールと言う事らしい。確かな金額は忘れたが、4万数千円だそうだ。げ!ヤバイ!そんなにお小遣いがない!どうすっぺか~!?!?!?σ(^◇^;)

 と言う事で、WADIAのDAC、DigiMaster X-32(DMX-32)をヤフーにて売却する事にしました。

_toybox_digimasterx32_01

 なぜWADIAをかと言うと、WaveEmphasizer LEF-122 導入後は、DACによる音の変化も必要無くなったからです。LEF-122があれば、音が”作れちゃう”から。ハハハ、困った物です。(笑) DACとして使うには優れた物ですので安くは売りたくないから、強気スタートの5万円からです。何回かやって駄目なら千円スタートにしますけどね。(^_^;
_toybox_digimasterx32_02

_toybox_digimasterx32_03

 

| | コメント (11)

2009年10月19日 (月)

ビンテージオーディオ、バンザイ!?(^_^;

 書こうか書くまいか迷っていたが、いつまでも胸にしまっておいても仕方がないので書いてしまおう。以前短期間に使った事のある、マッキントッシュのC29の事です。

 全体的な印象としては、こっくりとした、まさにアナログオーディオの王道と言った感のする音色でした。
 これぞアメリカンサウンドと言った密度濃い中域(肥満中年の下っ腹のような脂ののった、まさにメガマックのようなサウンド)、ボリューム感に富み弾むような唸るベースの低域(現実には有り得ない思いっきり創られた低音ですね、そして決して最低域まで伸びているわけではないのがすばらしい!(^_^;)、そしてまさにこれぞマッキンサウンドと言うべききらびやかなピアノの高音の音色&ジャズはこうであるべきと言うカツンカツンのシンバルを奏でる高音(こんな音色のピアノが現実にあるはず無い!&本物のシンバルよりもジャズっぽいシンバルって有り!?(爆笑))

 いえね、別にいいんですよ、その音が好きならそれで。でもね、マッキンというブランドに夢を持って十数万円を払ったオイラが馬鹿だっただけです。マッキンが悪いんじゃないです。サウンドポリシーを理解しないで想像だけで使ったオイラが、誤解していただけなんですよね。
 そのサウンドが好きな人にとっては孤高の物でも、違う道を見ていたオイラには合わなかっただけなんですよね。ま、良い経験だったと言う事です、ハイ。

 あとちょっと感心したのが、メインのボリュームが抵抗を組み合わせたアッテネータータイプでしたので、常用域でも高域のロールオフが殆ど無いのには感心しました。でも直近の前後の他のモデルに採用しなかったのは何故なんでしょう? もったいないナーって思いました。
 と、良い事を書きましたが悪い事も一つ。せっかくアッテネータータイプのボリュームなのに、筐体上部にあるサブのボリュームが普通のヤツなんです。これではこのサブボリュームを最大にしておかなければ意味無いじゃん!と言う事。現実に周波数特性を計ってみたら(SP出力で)、ロールオフしましたからね、ボリューム位置によっては。大体2時以下ではロールオフを起こしていました。これでは現実問題としてサブボリュームの意味が無い! と言う事は、メインのボリュームを高価なアッテネーターにしておく事もないと言う事で普通のヤツにしたのかな? ちょっと勘ぐってしまいますね。

 ロールオフは大体10KHzくらいからで、それも気になりましたが、もう一つ決定的に手放した原因が一つ。それはどうあがいても、いくらブーストしても16KHz以上がでない事。これでスーパーツイーターも要らなくて良かったじゃん! なんて喜んでいられませんよね!(笑) いやいや、笑っていられませんよ、実際。手放した最大の理由がこれでした。
 最初はツイーターが壊れたか?とか、パワーアンプの不調とか考えましたが、原因はC29プリアンプのせいでした。経年劣化でしょうか?

 ビンテージアンプ、音色に関してはこう言う物も1台持っていても良いと思うのですが、本当に完全な調子の物を手にするのは難しいのかも知れません。なのでオイラは、メインに使うアンプに関しては、あくまでもクール&タイトを基本として選択するようにしています。今現在”オイラのシステムに適合”するのは、フライングモールのデジアンがベストだな~!
 うんうん、音色を押し殺した冷たい音が、とっても気持ちよいです~!!(^^)v

| | コメント (16)

2009年10月 6日 (火)

まじですか!?

 ホーム用のPCでそこまでできるようになるのか!?

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

まずい!?

 細君の堪忍袋の緒が切れた・・・

 今度何か届いたら、スピーカーに蹴りを入れるそうです!!!

 K145コーン紙でレストアした超貴重なE145に蹴りなんか入れられたらたまりません!(×_×)

 年内はアームの修理だけにしておきましょう・・・ (それも大丈夫なのか???(^_^;)

| | コメント (6)

2009年10月 4日 (日)

教えて~!

 アームの故障(アーム内部の接触不良)なのですが、FRでもこの64シリーズは専用の工具が必要で、一般のオーディオ修理が可能なショップでは無理なんだそうです。そこで、修理可能なショップをご存じの方がいましたらコメント(修理可能なショップの紹介)をいただけたらと思います。何もお礼はできませんが・・・
 イケダ・サウンド・ラボラトリーズがまだ営業していればよいのですが、ネットでググっても不明でして・・・(T.T) 

 もっともすぐには修理費もないので、ショップに出すのも11月か12月くらいになっちゃうと思うけれどσ(^◇^;)

| | コメント (4)

2009年10月 3日 (土)

LENCO のパーツ 出品中

 トーンアーム(ヘッドシェル無し)と、ヘッドシェル4個ひとまとめと、シュアーのMMカート付きのヘッドシェル1個、の3点です。

 

ヤフーオークション出品ページへ

 LENCOのB50、B55、L75、L76、L78等に使えます。ただし、同じ機種でもバージョン違いのような物も有りますのでお気をつけください。当方では計りかねます。全てノークレーム・ノーリターンです。

アームです。
_lenco_arm_01

_lenco_arm_02

ヘッドシェル4個です。
_lenco_headshell_01

_lenco_headshell_03

_lenco_headshell_02

シュアーのMMカートリッジ付きヘッドシェルです。
_lenco_shure_m91gd_01

_lenco_shure_m91gd_02

_lenco_shure_m91gd_03

 このエントリーは出品終了後に削除します。

| | コメント (3)

銚子国際トライアスロン大会

 明日だよ~!

Ws000088

|

2009年10月 2日 (金)

無視!!!(-.-#)

 無視じゃなく”虫”です。(笑)

 先のエントリーで書いた腹痛の原因は、アニサキスちゃんでした。先ほど胃腸科へ行き、内視鏡手術にてつまみ出してもらいました。

 ここがわかりやすいです。 
  アニサキスちゃ~ん!(^_^;

 食堂~胃~十二指腸は、アニちゃんが噛みついたところ以外はきれいな物でした。ただ、アニちゃんがそれ以降、腸の方にも住みついていたら、アニちゃんの寿命を待つしかないようですが。(アニちゃんは人間の体内では生きられません) まー、胃だけで済んだとしても、もう2~3日は痛みは残る模様。

 アニちゃんが噛みついている事による痛みではなく、蚊にさされると痒いのと同じ様に、アニちゃんが取り付くと何らかの物質を出すようで、それにより噛みついた周囲が炎症(アレルギー症状)を起こし、痛みを伴うようである。だから取り除いてもすぐに炎症が治まるわけではない。又、その物質に反応しない人はアニサキスを食べても痛みが起こらないそうだ。

 医者からは刺激のある物は飲食しないようにとの指示、&、腹一杯まで食うなって!(笑)

| | コメント (4)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »