« えい! めんどうだ! | トップページ | 調律と言う事 »

2009年8月25日 (火)

LENCOの調整ちう~。。。

 会社の決算も目処がたち、又遊びにかまける事ができるようになりました。(#^.^#)

 LENCOもアームのヘッドシェルのガタがどうしようもなく頭の痛いところだが、まーそれはそれで置いておいて、モーターの調整をする事にしました。オランダのへんてこりんなプラグを、日本のプラグに交換して、家庭用コンセントにプラグを put on!
 あらら、やっぱり220V仕様のままでは回転数が上がらないです。(笑) そう言う事なので、モーターの設定を変更です。

 これは予備のL75用のモーター(55/75/76/78などは共用)で、220V結線になっています。ジャンパー線2本が2番と3番になっています。
Lencol75220

 上記をこの様に、1番-3番と2番-4番に変更すると110V仕様となり、日本のような100Vでもなんとか使えるようになります。33回転だけなら220V結線のまま、78回転用の辺りでこのまま使えますが、78回転を使いたいのでやはり110V仕様に変更します。
Lencol75110

 で、プラッターを外し裏側を初めて覗いてみました。う~ん、メカニカル! と言うか、おもちゃっぽい・・・(笑)
Lenco

 これがB55用のモーターです。基本的には同じ物です。これを先の例のようにつなぎ替えます。(変更後は上記と同じなので写真無しです)
Lencob55220

 とりあえず本体をプリンスに戻しモーターを回してみると、回転は上がるがモーター音がスゲ!!! うっそだ~、これじゃ使い物にならない よ~・・・(×_×) どうすっぺかー(;>_<;) 数秒だけ途方に暮れた後(笑)シャーシを良く見ると、モーターハウジング の取付ネジにスプリングが付いている事に気がついた。
Lenco_2

 裏側を見ると3点支持の先端側は固定されておらず、留められているのは重量のかかる回転子側だけ。表側を見るとモーターの回転子の方を2点で止めている 頭の赤いネジがある。わざわざ赤く塗ってあるんだから何らかの意味があるのではないかと思い、L75用の取説PDFを読んでみる。(英語だー・・・)   なになに、セッティングの項目で、「赤いネジを緩めろ」って一文を発見! で、さっそく回転させながら緩めていくと・・・おおっ! ”劇的 に”と言うほどではないが、静かになった。しかしDDやBDの比ではない回転音、こんな物なのかなー?
Lenco_3

 まー、さもうるさそうに書いていますが、プレイヤーから少し離れれば気にならないくらいだとは思います。アイドラーからベルトドライブに移行していった意味が少し納得かも・・・

 で、REK-O-KUT のカッティングマシン用のストロボシートを使い、各回転とも正常値を出せる事を確認。
Lencorekokut

 ここで使ったのがこの蛍光灯ライト。LENCOが来る前から準備してあった物。何に使うかというと、ストロボシートの50Hz帯を見るのに使います。
 最近の蛍光灯は小型ながらインバーター化されてしまい、ストロボシートが性格に視認できるかどうか分からなかったので調達しておいた物です。案の定、既存のインバーター蛍光灯ではストロボシートは全く役に立たなかったです! 大事に使わないと、この蛍光灯も。(マジで)
Lenco_4

|

« えい! めんどうだ! | トップページ | 調律と言う事 »

コメント

おおお! いよいよ指導始めましたね・・・

決算も好調だったようで・・(笑)

投稿: jbl375jp | 2009年8月26日 (水) 02時37分

始動でした・・・(汗)

投稿: jbl375jp | 2009年8月26日 (水) 02時38分

お早う御座います。

レンコ、やりがいがありますよね。
モーター音はベルトやDDと比較したらやはり避けられないのではないかと思います。
ただ便利なのは簡単に220Vから110Vに変更可能なことだと思います。
アメリカのプロダクトでは見たことないですからこのへんはやはりヨーロッパ製。

アームのガタは本当にこまりますよね。
別の物にしますか?
アームリフターはそのまま使用できたとおもいますが。

投稿: akakura52 | 2009年8月26日 (水) 08時41分

やっさんこんにちは。
実際はこれをやる前にシステムを再構築しないと音が出せないんですけどねー。(^_^;
手持ちのアンプは全部売っちゃっていますので、MZ-16でつなぎ替えておかないと音が出ないんですよ。(笑)

投稿: 音爺 | 2009年8月26日 (水) 16時00分

akakura52さん、こんにちは。
手を入れると言う事は、LENCOの音じゃ無くなってしまう事を意味するのですが、それも仕方ないと思っています。
アームが使えればフルノーマルで暫く使ってみようと思っていましたが、使えそうにないのでFR-64fxをなんとか取り付けてみようかと思っています。(プリンスに外付けとかでも良いので)

モーター音は子供の頃のアイドラードライブを思い出しました。(笑)
それでもその頃(B55発売当時と同じ1970年)の国産よりははるかにましですけどね!
オーディオなんて、そんな物と思って使えばそんな物なんですよね。
あまり神経質にならないように考えています。

投稿: 音爺 | 2009年8月26日 (水) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« えい! めんどうだ! | トップページ | 調律と言う事 »