« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

オイルをグリスに

 先日、トーレンス用の軍用オイルで僅かに不具合のあったLENCO・B55のメインベアリングシャフト(スピンドルシャフト)、高温・耐圧製が抜群な二硫化モリブデン入りのグリスで復活しました。

 早速シャフトのお尻のオイル溜まりにグリスを詰め、ベアリングを落とし込み、シャフトに極薄くグリスを塗り、組み込みました。そうしたら・・・渋い!(笑) 金属同士がこすれる感じは全くなくなりましたが、想定していたとおりに、今度はグリスの粘度の問題です。ベアリング部分の粘度は問題ないはずですが、接触面積の広いシャフト部分はトーレンス用のオイルで薄めるようにグリスを軽く拭き取り、今度は元と同じ様な感じで回るようになりました。これで一安心です。

 でも、もうL75用のメインベアリングシャフト&プラッター取付に着手していますので、無駄骨だった事はナイショです。。。(笑) 本当はアームが使えていればフルノーマルで一度試すはずだったのですが、アームが使えないのでは仕方ないので、プラッター交換&FR-64fx搭載と、一気に行きます。センターの穴はステップドリルで20mm>22mmへ広げ、固定用ビス穴も、新たに三箇所空けます。

_mg_4623

 ただ、FR-64fxをシャーシに無理矢理おさめようと思っていますので、寸法上無理がでてしまい、どうしようか思案中です。ノーマルアームは有効長が212mmですが、FR-64fxは230mmと、18mmも違うのです。そこで、上の写真に映っている取り付け用のワッシャーを使おうとするとシャーシのフチに当たってしまうので、5mmほど取付位置を縮小しなければ取り付けられません。下の写真では、角に近い方がワッシャー無し、内側の方がワッシャーを使う場合のけがきです。

_mg_4625

 ワッシャーを使わなければ、ほぼ指定通りの寸法で収める事ができます。5mm程度で音に重大な変化が出るほどじゃないのは分かっていても、精神衛生上、ちょっと迷っています。
 どうしようかな・・・シャーシと当たる部分だけワッシャーの角を削ればいいのかな?

| | コメント (4)

2009年8月29日 (土)

外せない1枚

 Dexter Gordon 

 

 ”The Montmartre Collection”

 Montmartre_collection

 人それぞれにお気に入りがあるのでしょうが、私にとってラビットと共に外せないのが、デクスター・ゴードンです。マイルス・デイビスでもなく、ソニー・ロリンズでもなく、ジョン・コルトレーンでもなく、デクスター・ゴードンなのです。
 その中でも一番のお気に入りがこれ! CDですとボックス1個で済みますが、レコードだと3枚になっちゃうようです。日本、カナダ、イギリスから、各々1部ずつ取り寄せです。なんで一括で見つからないのかね~?(笑) 多分、手にした途端にセット販売が見つかるとか、まーそんなもんでしょうね!?

| | コメント (0)

2009年8月28日 (金)

Oil or Grease

 先日GREYにて分けていただいた、トーレンス用のオイルですが、メインベアリングシャフト(スピンドルシャフト)に使ってみました。CRCで洗浄し、洗剤で油分を落とし、良く乾燥させてから注油、組み込みをしてみました。

 組んだ当初からちょっと気になっていたのですが、ベアリングが回り始めるときに一瞬、金属同士がこすれる感触があるのです!(×_×) よく観察すると、一度回り始めてしまえばそんな事はない様で、静止時に油膜が切れてしまうのかもしれません。

 私はこの手の作業は経験がないので不慣れな事は否定しません。そこでなんとかしようとシャフトを眺めていましたら、ベアリングのはまるところ(シャフト末端、底部)にオイル溜まりの様な凹加工がなされていました。それではと、シャフトを逆さまにし、オイルをたっぷりと溜めたところにベアリングを落とし、そのまま(シャフトが逆さまのまま)ハウジングに収めてみました。
 その後シャフト抜け防止のねじ穴からオイルを追加し、抜け防止のネジを締めて戻したところ、今のところは気になるような感触は起きていません。

 しかし構造上、ここの部分はオイルでななくグリスを使うべき所ではないかと思われます。オイルが経年劣化でグリス状になったんじゃないかと思われたのですが、やはりここは元からグリスっぽいですね。と言う事で、二硫化モリブデンのグリスを調達しました。モリブデンは樹脂を侵すと言われていますが、LENCOのメインベアリングシャフトは、底部のベアリング受けも金属なので大丈夫でしょう。

 それと気になったのが、スピンドルシャフトの空転数。これは軽く回ればいいってワケじゃないようなのです。適度な粘度を持っていた方が振動バランスの上で効果的らしいです。アイドラーが軽々と回るよりも、多少の負荷をかけながら回った方が、回転数の安定と振動の面でベターだそうで。そう言う意味でも、オリジナルがオイルなのかグリスなのかって言うのは重要らしいです。と言って、私がそんなに気にしているわけでもないのですけどね・・・σ(^◇^;) ベルトドライブの場合はどうなんでしょうね?

LENCO L75 L76 L78 B55 B550

<追記>

 L75用とB55用を比較してみましたが、L75はオイルでも大丈夫なようです。L75のメインベアリングハウジングはグリスの痕跡が全くありませんでした。B55は金属板でベアリングを受けていますが、L75は金属のフタが付いてはいますが、受けているのは樹脂板の様です。 
やはり時代によって材質・仕様が違うようです。

| | コメント (3)

えい! めんどうだ!第3弾

 ジャズボーカル、33枚で \5,600- って安!(笑) 1枚170円って、出品者さん、泣いてない? これの中で期待があるのは、サミー・デイビスJr.です。(笑)

 これで今回買った物が単品買い併せて170枚くらい。手持ちの30枚くらいと併せて、目標の、手持ち200まいになりました。あとはポツポツと気になるのだけを買いましょう。小遣いも底をつきましたから・・・(爆)

 今回購入は、75,600円で170枚だから、送料を加算すると1枚あたり470円程度でした。

73_jazz_record

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

えい! めんどうだ! 第2弾

 今度は60枚です・・・ 2万円でした~(#^.^#) 前回購入分と、ダブりが何枚有るかですね。前回物は、販売者がダブりを解消して入れ替えてくれたそうです。今回のと、どーなんだろう。面倒だから良くは確認していないです。
 これで132枚、1枚あたり530円です。手持ちのと合わせると160枚くらいかな、ジャズは。

60_jazz_record

| | コメント (3)

2009年8月26日 (水)

調律と言う事

 先日、トーレンスのTD124のレストアをしている銚子の工房 GREY(グレイ) さんへ行き、メンテナンス用のオイルを買ってきた。メインベアリングシャフト(スピンドルシャフト)に使うオイルの事です。

 メンテナンスしなければ行けない機器なんて初めての事、取り敢えずブツを持って訪れる。そこで応対していただいたオーナーの阿部氏とレストアラーの竹内氏に見て頂き、GREYでトーレンス用に扱っている軍用規格のオイルで大丈夫だろうとの事で、一つ分けていただいた。

Oil

 15mlほどで\3,000(税抜き)だ。高いか安いかの判断はともかく、これがなければ始まらないのは確か。とりあえずこれを注油して1日くらい回し、再度このオイルで洗浄し、注油して本格的に使う事になる。

 で、標題の調律と言うキーワードですが、GREYさんで行われているのはメンテナンスではなく調律でした。機器を一つの作品として仕上げる。制作者の意図した方向にチューニング(調律)していく、それも極限まで、新品時同等、それ以上に、それがGREYさんの仕事のようです。
 竹内氏は、まさにチューナーと言う言葉がふさわしい感じの方でした。ただちょっとスキがなさ過ぎな感じがしたのは気のせいか? いずれにしろ対面販売をするようなお店でない事は分かりました。そうです、あそこは商店ではなく、工房だったのです。

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

LENCOの調整ちう~。。。

 会社の決算も目処がたち、又遊びにかまける事ができるようになりました。(#^.^#)

 LENCOもアームのヘッドシェルのガタがどうしようもなく頭の痛いところだが、まーそれはそれで置いておいて、モーターの調整をする事にしました。オランダのへんてこりんなプラグを、日本のプラグに交換して、家庭用コンセントにプラグを put on!
 あらら、やっぱり220V仕様のままでは回転数が上がらないです。(笑) そう言う事なので、モーターの設定を変更です。

 これは予備のL75用のモーター(55/75/76/78などは共用)で、220V結線になっています。ジャンパー線2本が2番と3番になっています。
Lencol75220

 上記をこの様に、1番-3番と2番-4番に変更すると110V仕様となり、日本のような100Vでもなんとか使えるようになります。33回転だけなら220V結線のまま、78回転用の辺りでこのまま使えますが、78回転を使いたいのでやはり110V仕様に変更します。
Lencol75110

 で、プラッターを外し裏側を初めて覗いてみました。う~ん、メカニカル! と言うか、おもちゃっぽい・・・(笑)
Lenco

 これがB55用のモーターです。基本的には同じ物です。これを先の例のようにつなぎ替えます。(変更後は上記と同じなので写真無しです)
Lencob55220

 とりあえず本体をプリンスに戻しモーターを回してみると、回転は上がるがモーター音がスゲ!!! うっそだ~、これじゃ使い物にならない よ~・・・(×_×) どうすっぺかー(;>_<;) 数秒だけ途方に暮れた後(笑)シャーシを良く見ると、モーターハウジング の取付ネジにスプリングが付いている事に気がついた。
Lenco_2

 裏側を見ると3点支持の先端側は固定されておらず、留められているのは重量のかかる回転子側だけ。表側を見るとモーターの回転子の方を2点で止めている 頭の赤いネジがある。わざわざ赤く塗ってあるんだから何らかの意味があるのではないかと思い、L75用の取説PDFを読んでみる。(英語だー・・・)   なになに、セッティングの項目で、「赤いネジを緩めろ」って一文を発見! で、さっそく回転させながら緩めていくと・・・おおっ! ”劇的 に”と言うほどではないが、静かになった。しかしDDやBDの比ではない回転音、こんな物なのかなー?
Lenco_3

 まー、さもうるさそうに書いていますが、プレイヤーから少し離れれば気にならないくらいだとは思います。アイドラーからベルトドライブに移行していった意味が少し納得かも・・・

 で、REK-O-KUT のカッティングマシン用のストロボシートを使い、各回転とも正常値を出せる事を確認。
Lencorekokut

 ここで使ったのがこの蛍光灯ライト。LENCOが来る前から準備してあった物。何に使うかというと、ストロボシートの50Hz帯を見るのに使います。
 最近の蛍光灯は小型ながらインバーター化されてしまい、ストロボシートが性格に視認できるかどうか分からなかったので調達しておいた物です。案の定、既存のインバーター蛍光灯ではストロボシートは全く役に立たなかったです! 大事に使わないと、この蛍光灯も。(マジで)
Lenco_4

| | コメント (5)

2009年8月23日 (日)

えい! めんどうだ!

 最近レコードプレイヤーをイジリはじめたのは良いのですが、CDに移行したときにレコードのほとんどを処分済み。なおかつ自分の(家庭での)聴取スタイルとしては、オーディオはあくまでもいじる趣味であり、音楽を聴く道具ではなかった。なのでオーディオも一時期なにもやっていなかった。それが数年前から又オーディオをいじくりはじめたのは、ワケがある。(JBLのバックロードホーンをもらったのはきっかけに過ぎなかった。) そのジャズ喫茶のご主人が亡くなられたから、「ジャズが聴けない!」状態になった事が、直接の要因だ。

 ジャズを聞くのは知人の経営するジャズ喫茶で十分! そう言うスタンスであったので、自宅に音源をほとんど持っていなかった。それでもある程度はあったのだが、レコードを諦めたときに、30枚ほどを残し、皆あげたりしてしまっていた。
 なので、当ブログで偉そうにLENCOだFR-64fxだと書いてはいるが、メディアが無い事には、何を聴くのになってしまう!(笑)

 と言う事で、ぼちぼちジャズのレコードを集める事にした。と言っても何百枚も集める事はないと思うが、取り敢えずは定番を100枚~200枚ほどと、目標としてみる。
 しかし、いちいちあーだこーだと探すのは面倒なので、第1弾は、「まとめてOO枚」と言う物にしてみた。73枚で5万円は、中古としては妥当なところだろう。後は単品でポツポツと集める事とするが、中古レコードも安くなったものだと実感。それだけレコード離れが進んでいるのでしょうね。

73_jazz_record

| | コメント (4)

2009年8月19日 (水)

奏鳴館

奏鳴館
ま、オルゴール館ですね。

| | コメント (2)

新穂高ロープウェイ山頂より

新穂高ロープウェイ山頂より
新穂高ロープウェイ山頂より
新穂高ロープウェイ山頂より
ロープウェイ山頂駅の展望台から望む。
本当は、乗鞍山頂をめざしたかったけど、家族の反対にあい、断念!
(ToT)

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

朝の七時半から

朝の七時半から
朝の七時半から
朝の七時半から
朝の七時半から
朝の七時半から
昨日は、夜通し走って朝から上高地を八キロほどお散歩でした。

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

トーンアーム、使えないな・・・

Photo

 後部のカウンターウエイトの垂れ下がりはガマンすればなんとかなるが・・・ とにかくどうしようもないのが、ヘッドシェルのガタ! 幾らネジを締めてもカタカタと、軽い力で動いてしまう。軽い力でと言うか、最後まで締めても固定されないといった方が早い。(×_×)

 FR-64fxを外部にアダプターで取り付けツインアーム化を考えていたが、これでは使い物になりそうもない。”こんな物だ”と、アバウトに使う事ができるむきには良いかも知れないが、私にはちょっと許容できるレベルではない。ヘッドシェルを数個買い込んでしまったが、無駄骨だったようだ・・・(;>_<;)

 となると今後の予定だが・・・既存のアーム穴を広げてFR-64fxが取り付けられるようにしよう。FR-64fxの実効長(アーム支点~針先)が245mm、有効長(アーム支点~スピンドル中心)が230mm。純正のアームが実効長227mm・有効長210mmなので、取付穴の中心を20mmほどずらさなければいけない。でも実際にオリジナルのシャーシを加工するとなるとそう上手くいかない場合があるが、5mmくらいなら目をつぶる事にしよう。(^_^; 何事も許容範囲と言う物がある。私の頭の許容範囲は、意外と幅広なようだ。(最初の記述と違うな・・・笑)

| | コメント (4)

2009年8月13日 (木)

オランダからいらっしゃ~い!

 やっと来ました美味しいバナナ!
Photo_5

 じゃないって、やっとお待たせのLENCOのB55です。(#^.^#)
Lencob55

 ちょっと動作確認でもと思いましたが、プラグがちが~~~う!  オーディオ出力もDIN5pinです~・・・(×_×)
Photo_2

 しょうがないからスカートめくりでもして遊びましょう。 この娘は、結構薄めの鉄板プレスのプラッターですね。 思いっきり磁性体を回転させるんですね。(^_^;
Photo_3

 じゃ~ん、現れましたは、縦型アイドラー機構です。
_

 引っ張り出してきたのが、同じLENCOのL75/L78用のプラッター。 こちらは非磁性材でダイキャスト(鋳物)です。
L75

 アップにすると、結構厚みの差がありますね。
1kg4kg

 直径も違うし! 重量にして、2Kgオーバーの差があります。
Photo_4

 あれ~、アームのおしりが垂れ下がっているぞ(;>_<;)  このタイプはほぼ確実にこう言う風になっちゃうんですよね・・・
Photo_5

 気を取り直して、アイドラーのアップでも・・・(^_^;
Lencocvt

 信号線の処理です・・・
Din5pin

 補修用のショートパーツと共に、L75プラッターを取り付けられるようにパーツを確保済み。 しばらくオリジナルで使ったら、改造予定です。
Photo_6

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

自分で使おうかな・・・

 LINN BASIK PLUS リン トーンアーム

 落札者がいなかったら、自分で使います~!

>>>激安で売れちゃいました・・・(;>_<;)

| | コメント (4)

2009年8月 7日 (金)

” 大 黒 モ グ ラ ”

 元箱フェチ・・・じゃないですが、元箱だとちょっと嬉しいのはナゼ? すぐに捨てちゃうんですけどね・・・

Ws000076_2

 ブツが到着!?

Dpamz16

 元箱って・・・どーせ潰して捨てちゃうんですけど・・・だれか必要ですか。 それにしてもでっかいです! 中身は普通のオーディオアンプくらいの大きさなんですが?(笑)

Dpamz16_02

| | コメント (4)

2009年8月 6日 (木)

予定、大幅に変更

 16ch×(160W/4Ω・100W/8Ω) エヘッσ(^◇^;)

 FLYING MOLE(フライングモール)の「DPA-MZ16」です。

  定格出力:160W/4ΩX16ch、100W/8ΩX16ch
  周波数特性:DC~50kHz(8Ω)
  歪率(THD):0.02%
  S/N比:120dB
  入力感度/入力インピーダンス:330mV/1MΩ
  残留ノイズ:25μV
  消費電力:330W(1/8パワー出力、100W/8Ω)
         490W(1/8パワー出力、160W/4Ω)
  待機電力:112W(無信号時)
  最大寸法:483WX486DX142Hmm
  重量:13kg
  販売価格 ¥790,000- (ぼったくりだ~!www)

 倒産したので中古も格安で出回っています。(これ、半年前のヤフオク相場の半額です・・・)

 6way、試験段階を経て、完全に完成を迎える!・・・寸前・・・(^_^;

Dpa_mz16

 あ、後これきました。。。(#^.^#) メチャクチャ重いです。バブル期を思い起こさせる作りです!(笑)

Fr64fx

| | コメント (2)

2009年8月 4日 (火)

早く 来い来い、LENCOちゃーん!

 カートリッジちゃん達が待っているよー! でも、V15 TYPE III が2個あってもしょうがないから、金文字のボディーの方だけでも処分しようかな。鏡面白文字に付いているVN35MR針をメインとして、金文字の方のJICO製VN35Eは、予備として取っておきましょう。LINNに入札が無かったら、LINNとFRのダブルでいってみようかなー? プリンス(モーターを収める箱、キャビネットの事)を縦にラックに入れれば、ダブルアームも可能かも知れないし。

Shure_001

| | コメント (2)

2009年8月 3日 (月)

ベアリング 2種 L75 & B55

 LENCOのL75用(L76,L78なども)とB55用(B52なども)の、2種類のメインベアリングの比較です。いわゆる「軸」です。大きさが違うけど、B55にポン付けはできなさそうだな。要加工か、面倒そう。。。(×_×) B55用にはエンドキャップがないけど、元々付いていないのか、それともこの中古パーツに付いていないだけなのか? 本体が来れば分かるけど・・・ L75用にはエンドキャップがパチッとはまる溝が切られていますが、B55用には溝が無いから、もともとエンドキャップはB55には無いのかもね。

_mg_4116 _mg_4116_mg_4119_2

_mg_4113

_mg_4112

Xyavj2zy_mg_4130_mg_4130_mg_4130


| | コメント (0)

2009年8月 1日 (土)

for SALE : LINN BASIK PLUS

 

アームのみ、カートリッジやフォノケーブルは付属しません! 

ヘッドシェルは交換不可!

 詳細画像はこっち~! 
(ヤフーフォトです)

for SALELINN BASIK PLUS (ヤフオクへ飛びます)

Linn_basik_plus_001

Linn_basik_plus_002

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »