« バン・クライバーン国際 2009 | トップページ | MBT 再び »

2009年6月10日 (水)

HID(ディスチャージ)ランプ・ヘッドライト
キセノンバーナーの寿命

 今回寿命の尽きたキセノンランプのバーナーは、約5年(3万キロちょっと)ほど使いました。普段は休日以外は夜釣りに行くときしか運転しませんので、ほとんどが夜間走行なので、走行距離に比して点灯時間は結構長い方でしょう。
 初期症状は、通説通り暗くなったかな?と言う感じでした。でも、それでもハロゲンよりも明るいので気になりませんでしたけど!(笑) で、最終 的には走行中に消えちゃいました。スイッチをオフにして再点灯すると、又点灯しますが、暫くすると消えてしまいます。その後走行していると、何故か薄暗く 点いている事もありましたが、何故でしょうね?

 HIDが出てきた頃、バーナー1個で2万円近くしていました。ネット通販で安くなった頃にようやく1万円を切ったものでした。それが今、なんと バーナー2個で¥1.500-、宅配便の送料込みでも2.800円を切っているという、馬鹿激安!!! ただし樹脂レンズ・樹脂リフレクターの場合、UV カットのコーティングのなされていないガラス管のバーナーだと、樹脂が劣化したり溶けたりする場合があるという。後で知ったが、大丈夫かexclamation & question!?、2個で1500円!冷や汗

 注文した物が届いたので早速交換し、古くなって点灯しなくなった物を観察してみました。まずは点灯していた物と切れた物と並べてみます。ガラス管中央の卵形に膨らんでいるところが発光部です。

Xenon_000

 下はまだ点灯していたが、暗くなってきているのを感じていたバーナー。発光部分に、若干異物感が有りますね

Xenon_01

 下が完全に点灯しなくなっていた方です。発光部分がカスみたいな黒い異物で埋まっているように見えます。多分これが絶縁効果を起こして点灯しなくなったのでしょう。電極もなんかおかしい感じですね。先端部には、ガラス管に丸いくすみのような物の付着もありました。

Xenon_02

 何年か使用しましたら、一度取り外して観察し、発光部分に写真のような黒ずみ(カス?)が見られたら、交換しちゃった方がよいかも知れませんね。

|

« バン・クライバーン国際 2009 | トップページ | MBT 再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/45298501

この記事へのトラックバック一覧です: HID(ディスチャージ)ランプ・ヘッドライト
キセノンバーナーの寿命
:

« バン・クライバーン国際 2009 | トップページ | MBT 再び »