« 6wayチャンデバ登場
& ミッドバスの威力
| トップページ | 洗濯中です(;^_^A »

2009年5月 7日 (木)

オイラの耳は駄耳だった。。。

 

  一昨日からのチャンデバ交換によってバランスが崩れたオイラのSP、ようやく本気で調整をし直しました。

 他のオーディオマニアと違い、駄耳なおいらは耳だけで調整できるのは2~3wayまでで、4way以上は耳だけでは全くできません。オーディオ マニアじゃ無いオイラは無理に能力が高そうな法螺は吹かずに、そこらの自分の限界は心得ていますので、さっさと機械を引っ張り出します。持ち出したのは、 ベリンガーのデジタル機器、DEQ2496とRTA用のマイクです。

 

 今回は仮調整なので、ささっと数分で基本調整だけ済ませましたが、耳で調整したのとレベルが全然違う!(爆) あ~、やっぱりオイラの能力では機械に助けを借りなければマルチは出来ないことを検めて思い知らされました(×_×)

 と言う事で、とりあえずどのCDを聞いてもちゃんとバランスが取れた音が出るようになりました。

 

 ここで一つ変更点が。ミニキューブを付けた2402ですが、さすがにその状態で1KHzのクロスは無理でした。RTAで見たら5KHz以下がだ ら下がってしまい、ミッドのドライバーとつながっていませんでした。いわゆる中抜け状態でした。まーこれで分かったので、ミニキューブを外して調整してお 終いです。

 

 その状態にLEF-122をかまして終了! バスドラがドスドス!(ドスンのンは切り取っちゃいます<分かる人は分かるでしょ?)と響き、タム タムが豚と響き(^_^;、濡れた唇の湿り気まで伝わり、木のスティックがハイハットに当たるカツンという質感まで再現されるシステムの出来上がりです!  クラシックの時には低音は切り取らずバンド幅も広めにし多めにエフェクトし、高域もエフェクト量をその時々で調整すればOKですね。

Lef122_02

 基本的にオイラのシステムは、決まった音って言うのはありません。LEF-122により、常に自分の”その時の好みの 音”に変えちゃうからです。敢えて言うならLEF-122をオフにした状態が基本の音でしょうけど、SP盤の再生とか以外はオフにすることは あり得ませんけどね!

|

« 6wayチャンデバ登場
& ミッドバスの威力
| トップページ | 洗濯中です(;^_^A »

コメント

この「バルキー」なシステムからは想像できないような
リアルで生生しい音が、ここまで聴こえて来そうです。

いよいよ、大詰めですね・・・

最終的にはどこかへ移動されるのですか?

投稿: jbl375jp | 2009年5月 7日 (木) 12時35分

えー!?最終的にここですよ。
いわゆる”廊下”です!(爆)
まわりはかたづけますけどね。。。。。(^_^)

投稿: 音爺@管理人 | 2009年5月 7日 (木) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/44913115

この記事へのトラックバック一覧です: オイラの耳は駄耳だった。。。:

« 6wayチャンデバ登場
& ミッドバスの威力
| トップページ | 洗濯中です(;^_^A »