« 中国四川料理 やまもと天山 | トップページ | オイラの耳は駄耳だった。。。 »

2009年5月 6日 (水)

6wayチャンデバ登場
& ミッドバスの威力

 一時、6wayにしたシステムも、このところず~っと4wayでした。で、アンプもじきに出来上がるだろうと言うことで、メジャグラン(MEJOGRAN)の6wayチャ ンデバ「No.26 Highgrade」を使えるように設定してみました。こいつは入力にバランスを使った特注仕様で、購入者は32万円だか33万円だかで購入したそうだ。 ちなみにメジャグランは表示価格から一切値引きはしません。オイラはヤフオクで1/5以下で落札しました。
 最終的にこいつで6wayにするときには、
~100Hz~400Hz~1KHz~4KHz~10KHz~(12db/oct)、
で使う(クロスさせる)予定です。今回は4wayで使うので、ダミーチップを使っています。
No2626way

 メジャグランの製品は確かに音はよいのだが作りが雑な印象があるので、一応、内部の目視チェックをしてみる。右側の基板は電源、左側はバランス入力をアンバランスに変換している基板のようだ。この左の基板一枚で数万円の価格アップです。一応申し上げておきますが、技術という物は対価があって初めて世に出ます。この価格が高いか安いかではなく、この技術が購入者にとって必要か必要でないかで、対価を支払う価値を見極めるのです。良く安けりゃ良いとしか言わない人がいますが、素人のやりとりではなく商売ですから、ショップはタダで物を提供することはあり得ません。
No26iout

 まー以前からメジャグランの「CC-4」を使っているし、ここの製品の仕上げは他のブログで見聞きしてもいましたが。しかし入力のRCA端子のアースがリアパネルに直接取付で 済ませてあったり、左右の信号線を束ねてあったり(クロストークが心配!)、配線が細すぎるとか(これは実害はないと思うけど、高価な買い物に対する気分 の問題)、せめて基板にガラスエポキシを使ってくれよ!だとか、およそ何十万円も出して買うものとは到底思えない仕上がりなのが残念である。
 勿論オイラが買った6万円位なら文句は言わないが。メジャグランの主は何かと理屈をこねる方だが、ものを売る気があるのか、或いは本人自体が そんなことを気にしていないのか・・・どちらにしても、チャンデバを探している人が欲しくなるような、購入者の所有欲を満足させるような商品とは到底言い 難いと断言しても良いだろう。金メッキ端子を使えば立派に見えるって言うくらいにしか考えていないのかな? いずれにしろ、音がよいのだから仕上がりに不 満が残りすぎる点は、残念で仕方がない。インターネットで情報が飛び火する現在、この仕上げは非常に売り上げを落とす最大要因と言ってもいいだろう。
 あと、中古を買った人に対するアフターも良く無さそうである。オイラは一度正規製品を購入しているので、それなりに対応してもらってはいるが、正規品の時に比べると、若干ぞんざいな扱いな感は否めない。

 前置きが長くなりましたが、さて、実際に稼働させるためにはチップを設定しないとなりません。ここで又トラブルが! 周波数設定用のチップの方向なので すが、チップの向きに関して切り欠きの有る方が奥になるのですが、シールを貼ってある側がチップによってまちまちなのです。写真の通りシールの貼ってある 側を揃えても、切り欠きが揃わない物もあるのです!
 チップの向きを間違えることによりDC漏れが起きたり、音が出なかったりするのですが(もう1台のチャンデバCC-4でトラブル経験済み)、 場合によってはユニットの断線も引き起こしかねません。これに関しては注意書きで、「切り欠きを揃えるように」と書き記すだけでなく、「シールの貼ってあ る側に惑わされないように」とも書かなければ、ユーザーは間違いますよ。今回もこれで一晩悩みました。はいそうです、シールの貼ってある向きで判断して、 逆接しちゃいました(爆)ぷっくっくな顔
Photo

 グチはさておき、これがリアパネル。上述したとおり、バランス受けになっています。内部でアンバランスに変換していますので、あまり意味がないと思いま す。マニアってこんな所に金をかけるのを惜しまないのですね~、お馬鹿さんが多いです(^◇^; 出力はアンバランスのRCAです。
Photo_2

 所定の位置に納めてみました。電源タップなどは適当です。今回は8chデジタルアンプで駆動しています。普通に聞く分には1Wで特に出力不足は感じません。

Photo_4

 ミッドバスはミッドローのホーンの上に載せてみました。地震の時には・・・・・どうにかなるでしょう!(笑) 今回はタイトルのように、ミッドバス仕様 にしてみました。今ま38cm~2インチドライバー~1インチドライバー~2402 でしたが、今回は1インチドライバーを外し、30cmミッドバスを入 れてみました。こいつは最初から100Hz以上で使う前提で、エッジをフリーに近いサウンドデンの鹿革エッジにしてあります。
 普通は鹿革エッジにすると、エッジによるダンピングが効かなくなるためオーバーシュートが起こりやすくなるので、相当ダンピングファクターが 高いアンプの使用を前提としなければなりません。しかしミッドバスに使うという事になると話は別で、普通のアンプで十分であり、なおかつ音の立ち上がりが 速いユニットによる抜けの良い音を期待できます。
 事実今回のもくろみは成功し、相当に速い音に仕上がっています。\(^o^)/

Photo_3

 それと書き忘れていましたが、ツイーターには魔法の小箱を付けています。メジャグランのミニキューブです。  

 今回の様な鹿革エッジとかにしなくてもミッドバスを入れる効用は相当な物があるので、設置場所が許せばミッドバスの使用をお勧めします!

|

« 中国四川料理 やまもと天山 | トップページ | オイラの耳は駄耳だった。。。 »

コメント

こんにちは。
メイン装置、相変わらずバルキーですが健在ですね(失礼・・笑)

フル・デジ・アンプでの駆動が待ちどおしいですね・・・

投稿: jbl375jp | 2009年5月 6日 (水) 12時51分

やっさんこんにちは、「バルキー」最高の褒め言葉と捉えさせていただきます!(笑)

最近はフル・デジタルと言うと、DAC内臓のアンプに直接、デジタルチャンデバやCDPからのデジタル信号をぶち込むシステムになっちゃいますので、お間違えなく。m(__)m
GWに入り、アンプ製作のこと、すっかり忘れていました~!(爆)
まずはAVアンプの中身を出さないと・・・σ(^◇^;)

投稿: 音爺@管理人 | 2009年5月 6日 (水) 13時43分

え~!
まだやってなかったんですか!・・・

私も今回のKT88ppシャーシ載せ換えは一向にはかどりません(笑)

オール・デジアンによる、フルシステムというべきでしたか・・・(汗)

投稿: jbl375jp | 2009年5月 6日 (水) 17時24分

ここ数日は、メジャグランの6wayチャンデバと8chアンプによる調整で過ごしていました。
そろそろアンプの解体も始めたいかと思います。
数年にわたりSPエンクロージャー作成から始まった客間の占拠に細君が業を煮やしたようで、今年中に部屋を明け渡さなければオーディオを破壊すると宣告されたのです。
そういういきさつもあり、最終段階であるアンプ作りを決意したのです。
ハ~、広いお屋敷が欲しいです。。。。。(×_×)

投稿: 音爺@管理人 | 2009年5月 6日 (水) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/44906944

この記事へのトラックバック一覧です: 6wayチャンデバ登場
& ミッドバスの威力
:

« 中国四川料理 やまもと天山 | トップページ | オイラの耳は駄耳だった。。。 »