« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

基板来たよ~!、だけど・・・・・

 え~~~~~、フライングモールって倒産したんだ~~~!!! ガックシ(×_×) 好きなメーカーだったのにね。

 で、ゆうパックが本日届きました~♪(/゚゚)/ ̄ハィ♪。

Photo

 早速開封して中身を確認です。

Dadm100pro

 初期の頃の物とは似て非なる物に見えます。と言ってもそんなに違っている訳ではないです。早くジャンクAVアンプの中身を空にして、こいつらを組み込まないと~!

Dadm100pro_02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

モールス誕生の日

-・-・ --・- -・-・ --・- (CQ CQ)

今日はモールス信号の開発者、
サミュエル・フィンレイ・ブリース・モールスの誕生日だそうです。

グーグルのトップページの「Google」が、
モールス信号「--・(G) ---(O) ---(O) --・(G) ・-・・(L) ・(E)」
の表記に変わっています!

Ws000027

ちなみに、今探したら変換してくれるページを発見、便利ですね!!!
(でも、何に使うんだ???(笑))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

ビンテージユニットの危険性

 これは事実に基づいた過去の経験。誹謗中傷ではなく、現実のオークションとはこんな事もあるよと言う教訓です。

 2年ほど前の事だが 「catcat3eagle」と言うIDの人から買った075、「完動品・動作確認済みにつきノークレーム・ノーリターン」で購入したら・・・なんと開封して見ると、片方のダイアフラムがバリバリに割れていた!

075_01

 詳しく書けば、割れて脱落して穴が開いているという状況でした。その落胆たるや、オーディオ好きの方なら想像がつくことと思います(×_×) もう片方も突っついた跡やしわしわが有り、落胆させられる状態だった。

075_02

 この出品者はオークションとしては割高に出品しているし、ノークレーム・ノーリターンを強調するので自信のある出品者だと思って購入したのが間違いでした。こう言うことがあるリスクを承知で購入したので、その後いちいち出品者に文句は言わなかったが。(中を確認したのも数週間後だったし) しかしその個体を開封したら不良品で使い物にならなかったのも事実であり、しかも未開封の075ではなく、既に開封履歴のある物なのに出品者は確認もしていなかったのだ。

 悪い評価も相当数有りそれに対して逆ギレしている状態である

 これに関しては全く信用出来ない出品者としか言いようがない。また、あんな割れたダイアフラムの音を完動品・動作確認済みとは、とても幸せな耳をしているとしか思えない。二度とお付き合いしたくない出品者なので、ブラックリストへ登録済みである。

 ブラックリストへ登録すると、私もその人に入札できなくなるので間違わなくてすむから便利な機能でもある(笑)

 この取引は、ある程度の対応をしてくれる出品者以外とは、高額な物のお付き合いはしないことにしたきっかけでもありました。

 ビンテージのユニットをお持ちの方は、ためらわずにダイアフラムを一度確認してみた方が賢明かもしれない。例え未開封でも、075(2402)や077(2405)などは、鉄粉などがダイアフラムにジャリジャリに磁力でくっついている時も有るから(これも経験有り)、要注意だ。高額で購入した方は、開封してみて卒倒したりしないように気をしっかりしてから作業するとよい。期待を裏切り見事に綺麗なダイアフラムの場合は、祝福してあげましょう!(笑)

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

ジャンクアンプも来ました!

4ch_

 黒モグラ基板4ch分を収納するジャンクAVアンプも届きました。十分な大きさのSPターミナルもあるし、入力端子も多数有るので、基板と配線のレイアウトはやりやすそうです。
 このアンプの消費電力は260Wなので、電源コードもそのまま使えそうです。黒モグラの8Ωでの消費電力は20W(最大出力の80%時の消費電力)なので、基板4枚でも全く問題ないですね。基板の電源も1chごとにスイッチング電源を搭載しているので、電源コードを共有しても、準モノ・コンストラクションと言っておかしくないでしょう。

4ch__

 中を見ると巨大なトロイダルトランスが! これ、中身を取っ払ったら売れそうですね!? 下手したら数千円で売れるかも知れないな。このジャンクアンプが送料込みで3千数百円なので、元を取れるかも知れません(笑) コンデンサーは何かに使えそうです。

4ch___2

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

低音用アンプも作っちゃおう!

「低音用100W×4chパワーアンプも作っちゃおう!」

 

と言っても、完成基板を取り寄せてジャンクアンプに組み込むだけですけどね(^_^; 今回使用するのはDAD-M100ProのROLANDへのOEM基板。性能は現行のDAD-M100Proと同等かそれ以上という能書きが、ヤフオクの出品ページに書いてあった。と言うか、まだ物は手元には来ていませんが。

 ローとミッドローが2chですから、都合4枚の基板を調達です。フルパワー出すはずもないので、電源ケーブルはジャンクアンプの電源ケーブルでも十分でしょう。もっともフルパワーでも確か100V/30Wですので、4台でも120Wでしかないですが・・・
 しかも基板一枚ごとにスイッチング電源を搭載していますので、電源によるクロストークは事実上無視しうる範囲ではないでしょうか。

 これが完成すれば、一気に、大量の機材による置き場所の占有問題が解決しま~す!(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

女性必見!裸の男達!

 板東二七番札所飯沼山円福寺をバックに、銚子漁港で舟を曳く男達。。。 ロケーション的には利根川の舟の上から銚子の町に向けてカメラを向けている感じですね。舟を曳くと言うよりも、浅瀬にある舟を押し出しているように見えますね。つっかえ棒の様な物も見えますし。
Photo


 カメラのむきはこんな感じかな? 上がKITAになり、左側が利根川の上流、右に行くと太平洋になります。赤い薄い線は、当時の川岸です。で、現在の(この地図の)岸壁が上の写真の中州のような所ですね。
Setumei


 で、写真の一部を拡大すると、逞しい男達の後ろ姿が。。。
Photo_2


 さらに男達を拡大すると・・・ふんどしもしていない、まさにマッパですね~目がハート  マジで良く見ると、垂れているケツは一人もいないのは、さすが、海の男達!
Photo_3


 昭和初期の銚子漁港でした~!

 帆のむきから考えると北風ですから、2月か3月の春か、10月頃じゃないでしょうか?  影の出来方から見ると、真南より若干東のお日様っぽいので、11時過ぎくらいの時間帯だと思います。 春と秋ではどちらのが日が高いのでしょうか? 見た限りでは、結構太陽は高い位置にある感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

RUSSCO 局用ターンテーブル

極上 ラスコ RUSSCO
アメリカ局用ターンテーブル33/45/78回転
.

う~ん、激しく欲しいかも!(でも自粛します。。。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

22.2ch マルチサウンド!!!

 良くわからないから、NHKのHPを見てね~σ(^◇^;)

3次元音響 22.2マルチチャンネル
ワンポイント・マイクロフォン


3次元音響 22.2マルチチャンネル ヘッドフォン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

インピーダンスをどうしようか?

 デジタルアンプ、正確に記せばPWMアンプですが。オイラも良くわからないのが本音ですが、ネットで読んだ感じでは、ハイインピーダンスになると発振したり暴走したりするようであるげっそり  もちろんそれなりの価格のアンプには、ハイインピーダンスのユニットをつなげても大丈夫なような回路が入っているようですけど。(クロモグラとかもそうです。)
 まーもっとも暴走しても1Wで電源も5Vですから、暴走してそのまま5Vがかかっちゃっても、(5Vがそのままかかることはないですから)ツイーターでさえボイスコイルが焼けきれることはないでしょうけど。

 で、おいらのスーパーハイは10KHz以上でJBLの2405が受け持ち、そのインピーダンスが16Ωなんです。ある程度高域に向 けて周波数特性が上がっていっちゃう現象は、スーパーハイにとっては願ってもない症状なんで歓迎しますが、発振されると常時聞こえない高音が負荷としてか かるわけで、それはそれでボイスコイルには良いわけではない。

 なので、8Ωか16Ωの抵抗でもパラって、インピーダンスを落とそうかなと思っています。ミッドとミッドハイのドライ バーは同じく16Ωですが、こっちはハイを切っちゃうので多分発振はしないと踏んでいますが、詳しくは分かりません。安全を取れば、同じ様に 抵抗をパラっておいた方が良いのかな・・・どうしよう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

アンプ修理完了で、一段落です。

 異音発生で蓋をするのを待っていたデジタルアンプ。本日、追加の基板も届き、早速換装しまして、RCAジャックの修正と共に終わり、完全に蓋をすることが出来ました。
 今度の基板はフルパワーを出しても歪まないから、大丈夫そうです。これに気をよくして、この次はローとミッドロー用に、5W~20Wくらいの4chアンプを組む予定。もちろん電源から各チャンネル独立した、セミ・モノコンストラクションの予定。

 カマアンプでも4個買おうかな? あれは5千円くらいで5Wだったはず。98dbと103dbのウーハーだから、5Wでも十分と言えば十分。
 以前38cmのバックロードホーンにD-130(103db)の時には、通常”大音量”と言う音量では0.1W位の出力でしたから、98dbでも5Wで大丈夫と思うけど、どうしよう? まして高域の要らない400Hz以下だし・・・
 やはり電源から独立させないと、どうもクロストークが多いような気がするのは間違いだろうか? いずれにしろ又ACアダプターだろうから、話は早い。あるいはDAD-M100Proを基板だけの裸にして、AVアンプの抜け殻に四枚をぶち込むのも有りでしょうね。

 マルチというとアンプの置き場に困りますが、こうすれば今回の薄型プリの筐体を使った8chアンプと共に、設置が楽になるというモノです。特にフライングモールのDAD-M100Proは、小型筐体なので意外と設置がかさばる!(笑)

 さて、また工作の楽しみが残ってうれしい次第である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

ディレイ機能は保険ですね

 今夜は、不良だったRCAジャックを交換しました。あとは新しいアンプ基板が来れば不調の基板と交換して、完全に完成かな? 基板も一応2枚注文してあり、予備として1枚を作り置きしておきます。又、ひょっとしたらスーパーハイがミニキューブを取り付ける関係でパワー不足に陥ったら、5W位のデジアン基板に交換するつもりです。そうならないことを祈りつつ・・・・・

 さて、今日のお題。ステレオのアンプ、音質のためにはなるべく接点が少ない方が良いとか言いますが、それでも出力のディレイ・リレーくらいは入れておいた方が、精神的によいですね。今はテスト中なのでフルレンジを使っていますが、これがメインシステムに入ってくると、接続する相手がツイーターですから、万が一のポップノイズも精神的に悪いわけで。
 まして今のうちのシステムは、ミッドハイ・ハイ・スーパーハイはエンクロージャーにはめ殺し状態ですから、万が一修理となったら、丸ノコでも持ってきてバッフルを切り刻まなければなりません。(全く、なんて馬鹿な仕様にした物ですかね(^_^;)

 なんの心配もなくアンプのスイッチを入り・切りできるのは、やはりうれしいことですね。フライングンモールのDAD-M100ProもそのうちAVアンプの抜け殻にでも組み込んでしまうつもりですが、念のため追加でディレイ・リレーは入れておこうかな。別途追加スイッチで強制切断できるようにしておけば、万が一の時の暴走も大丈夫だし・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

うちのワンコは・・・超電脳犬

 うちのワンコはマトリックスの中で育ちました。

554176147_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

げ!発振してる(×_×)

 基板が一枚、「キーーーーーーーン」って・・・・・げっそり  一応電源を他の基板と交換してみたり、アースの取り方を変えてみたり、半田付けを盛りの少ないところを再ハンダしたりしてみましたが変わらず。 こうなりゃ原因なんて分かるはずもないですから、基板ごと交換します涙
メーカー品のデジアンでも同じ様な症状にあったことがあるので、ピンときました。 ネットワーク(C・H)を通すと聞こえないので、結構デジアンの発振は気がつかない人も多いみたいですよ。
 ついでにACアダプターもう1個買って、発振している奴はナンか小さい箱にでも収めて、iPod用のアンプにでもしちゃおうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

8chデジタルアンプ、
完成~~~~~\(^o^)/

 先日来組み上げていた”1W×8ch・デジタルパワーアンプ”が完成しました! 老眼にめげず、細かい作業に音を上げず、と言ってもキット物を作っただけですが(^◇^; それでも電気物は火入れの瞬間が”怖い”です!(笑)

 配線もなるべく電源と入出力が重ならないように気をつけて・・・と言いながら、若干かぶっていますが(×_×) 一応アースも多点は駄目らしいので、電源と離れたところに一点で落としてみたりと、少しは無い頭を使ってみたりして(笑)

Wo

 筐体に元々付いていた赤色LEDが使えるように、12Vに1KΩの抵抗をかまして、スピーカー出力がディレー回路でONすると同時に点灯するようにしたりしてみました。やはりパイロットランプがないと様になりません物ね。

Wled

 で、バックシャンかどうかはわかりませんが、8chともなると、さすがに入出力のターミナルが多いです。デジタルパワーアンプは出力がBTLなので(全てかどうかは分かりませんが、ほとんどがそうです)、黒ターミナルの信号(-信号)でも筐体に触れさせる事が出来ませんので、ターミナルもシャーシと接触しないような物を選択しました。

W

 恐る恐る電源を投入後、発火の心配がない事を確認したら、次はいよいよ各チャンネルの音だし確認です。無事に次々と確認を繰り返していきますが、ここで重大事件発生! 入力のRCAターミナルが一つおかしい! センターの端子が上手く圧着しないようなのです。良く見てみると、なんとジャックのセンター端子がスカスカ状態(×_×) これでは上手く信号が伝わらず、音圧がちょっと小さくなったりするときがあります。これはターミナルを注文し直さないと駄目ですね。
 一瞬、アンプの不具合かと思い焦りましたが、原因が単純な事で良かったです。

 とりあえずこれでアンプ作りは終了とします。

 肝心の音質は、デジアンらしいスッキリとした押しつけがましくない音です。例によって音だし一発目はギスギスしたポケットラジオのような帯域の狭い音でしたが、数時間の鳴らしこみで、普通になっています。
 能率88dbのタンバンのW4-927SCを豪快にドライブしています。20畳のライブな店舗内だと、朗々と言っていいほどの鳴りっぷりで、わずか1Wとは到底思えない音量です。低音も大出力の物ほどではありませんが、相当強力にドライブしています。基板一枚ごとにスイッチング電源を与えた事も影響しているかも知れませんね。

 しかしデジアンに共通していると思われる事は、アナログ増幅のアンプに比べ、出力による低域ドライブ能力の差(ハイパワーのアンプの方が低域が良く出る)があまりない事です。たとえ1Wでも、その低域の力強さは大出力のデジアンにひけを取らないと思います。
 とは言え、それは全く同一と言っているのではありませんので、お間違えの無いよう。

<追記>・・・・・独断と偏見で・・・・・
ノイズ対策の必要ない場所で、シールド線を使う必要はないと思います。
シールド線よりも静電容量を殆ど気にしないでよい単線を使った方が、抜けの良い音になると思うのだが。
全く持って過去の数少ない経験から言っているだけなので、科学的、オーディオ的な裏付けはありませんけどね。
でもプリアンプやパワーアンプでシールド線よりも普通の線の方が好結果だったから、未だにノイズに悩まされる部位以外はシールド線を使いません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »