« 基板は完成。 | トップページ | 基板の配置は »

2009年3月28日 (土)

アンプ筐体の様子

 さて、基板の出来上がったアンプですが、組み込むジャンクアンプを引っ張り出してきました。
 テクニカルリサーチのプリアンプSCA-2000です。以前使っていましたが、音が出なくなったので中身を取っ払って、東京光音のアッテネーターを組み込み、一時期アッテネーターボックスとして使っていました。
Photo

 上蓋を開けるとこんな感じです。まだ電源部が残っていますね。相当古いモノですが、当時としては高価なガラスエポキシ基板が電源部にまで使用されています。取り払ってしまい残っていませんが、中身は全ての基板がガラスエポキシでした。
Photo_2

 所で電源部ですが、どうせ使いませんので、これもトランスごと取ってしまいましょう。しかしトランスまで完全にシールドされているとは、当時の高級機は徹底的に作り込まれていたのですね。今時のデジタルアンプの簡素さとは雲泥の差です。

 で、中身を空にして(アッテネーターボックス機能は残しておきます。)部品を配置してみます。
8ch4

 ま、大体こんな感じで配置する予定です。ACアダプター5個は、電磁的に隔離しようと思いますが、アルミ箔か何かでくるんでしまいましょうか?多分、ほとんど熱も持たないでしょうから。これは基板組み込み後に何時間かランニングさせて、その時の様子を見てから決めます。

 一応裏側の端子も取り付けてみました。一部穴の小さい所があったので、リーマで拡張して取り付けました。取付は単純作業なのですが、数が多いので結構面倒くさい・・・。
 さて、ここで困った事が起きました。何を血迷ったかSP端子の数を間違えて注文した様で、足らなくなってしまいました。σ(^◇^;) 仕方が有りません、又注文です。送料がもったいないな~・・・
Sp

 ここで注意点が一つ。D級(クラスT)のデジタルパワーアンプ(PWMパワーアンプ)は、出力をアースさせてはいけない事。回路的に内部ではバランス出 力をしているので、スピーカー出力は赤端子はもちろん、黒端子も筐体と接触させたり、端子の取付時にアースに接触していないか良く確認しないと音が出ませ ん。ICを使っている場合は保護回路があるので壊れないとは思いますが、音は出ませんので気をつけます。

<追記>
 上記入出力だと、入力は8ですが、出力が4しかない~~~! 入力はRCAは1個で1チャンネルですが、出力はプラマイ2個のターミナルが必要でした。ですのでアッテネーター機能は無くして、さらに穴を2個追加であけて、ようやくin 8ch、out 8ch でした。初歩的な考え違いをしてしまい、恥ずかし~~~!(;>_<;)

|

« 基板は完成。 | トップページ | 基板の配置は »

コメント

おはようございます。
私の迷走は止まりました。
音爺さんの迷走を期待しております(笑)

こういう勘違いって、自分も良くやります・・・
買ってきて、また買いに行ったりして(笑)

半分だけでも、早く音を出しましょう(笑)

投稿: jbl375jp | 2009年3月29日 (日) 10時43分

やっさんこんにちは。
ホント、おバカさんでした(^◇^;
先の事ばかり考えていたら、数も数えられなくなっちゃうなんて・・・
早くターミナルの追加が来ないかなって、首をなが~くして待っているところです!(^_^;

投稿: 音爺@管理人 | 2009年3月29日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/44494198

この記事へのトラックバック一覧です: アンプ筐体の様子:

« 基板は完成。 | トップページ | 基板の配置は »