« うどんが旨い! | トップページ | ワーブルトーンの作り方 »

2008年10月16日 (木)

LIC-iREC01の音割れについて

iPodをサウンドレコーダーに で書いた事。

 

Logitec(Logitechじゃないですよ!)の「LIC-iREC01」での録音で音割れする件ですが、はっきり言って回避は困難です。

 内蔵されているマイクカプセル自体が共振しているようですので、回避は出来ないでしょう。と推測しています。
 もう一つ考えられる原因は、リミッターの特性。リミッターをかけ始めてからリリースするまでの時間が短いと、リミッターをかける>止める>かける>止めるを繰り返すことになるので、歪むと考えられる。
 あ、もう一つあるかな?(^_^; リミッターは、歪みそうになるレベルに達しそうになると効き始めるのですが、その始まりのレベルが結構低めの所から効き始めると、意外に歪みっぽく聞こえる場合があるのですが、それかも知れません。

 一番考えられるのは最初に指摘したマイクカプセル本体のチープさによる振動板の飽和でしょうね。でも内蔵マイクを使わないとリミッターオートゲインコントロール(AGC)機能)も使えないじゃなかったっけ??? と言うことは、やはりこの機器はメモ帳代わりと言うことですね。

 

オーディオ鑑賞レベルには適さないと結論づけてもいいでしょう。

|

« うどんが旨い! | トップページ | ワーブルトーンの作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/42802723

この記事へのトラックバック一覧です: LIC-iREC01の音割れについて:

« うどんが旨い! | トップページ | ワーブルトーンの作り方 »