« CS5000のお腹の中 | トップページ | ヘッドシェル、米へ注文しました。 »

2008年9月11日 (木)

ダイナミックバランス型トーンアーム

 今までスタティックバランス型しかつかったことが無かったのですが、今回のプレイヤーは、ダイナミックバランス型でした。 設計的には可動部分のアームパイプなどは、肉薄・ストレートと、極力低質量で設計してあるそうです。 日本のアームの作りとは正反対の思想ですが、音が細くならないかちょっと心配ですけど。
Dual_c5000_003__001_2

 スタティックバランス型というのは、最初に左右均衡を取ったら、錘を移動させてバランスを崩すことによってレコード針に重みをかけます。(1~3g程度)  これに対しダイナミックバランス型は、バランスを取った後は、バネとかスプリングなどの外部からの力によって針に力を加えるのです。

 スタティックバランス型は、アンバランスを作る都合上、バランスしている段階での水平・垂直の均衡が取れていないと、ちゃんと針に力が加わりません。 対してダイナミックバランス型は、外部の力を使うので、設置条件がそれほど厳密でなくても針への力加減が出来てしまうのです。 ただ、1g程度とか、僅かな重さの加減とかはスタティックバランス型のが得意とされているようです。 以上、WEBからの受け売りですので、詳しいことは突っ込まないでください(爆)

 さて、CS5000のアームは、斯様なダイナミックバランス型でして、支点の支持機構は”ジンバルサポート”と言うらしいです、多分(^_^;  上下左右の支持支点が、仮想的にアームの中心に来るような仕組みらしいです、多分(笑)
Dual_c5000_005__003

 後部ウエイトバランサーも低重心設計のようです。
Dual_c5000_004__002

 後、一番困ったのがヘッドシェル!
Dual_c5000_007__002

 ストレートパイプのトーンアームは一部の物を除き独自規格の物が殆どで、このDUALもそうです。 仕方ないので又 eBay で探すとします。(現在出品者と複数個の購入の件で交渉中。。。)
Dual_c5000_006__001

|

« CS5000のお腹の中 | トップページ | ヘッドシェル、米へ注文しました。 »

コメント

いよいよ熱が入ってきましたね~

早く音を出しましょうよ(笑)

投稿: jbl375jp | 2008年9月11日 (木) 00時49分

LPじゃなくSPに逝っちゃいそうですσ(^◇^;)

カートリッジももうすぐ来るし、アメリカに注文したヘッドシェルも10日ほどで受け取れるでしょうから。
ヘッドシェルが来れば(2個注文)都合3個になりますので、MM・MC・SPと、カートリッジを使い分けられそうです。

でも、LPにしろSPにしろ、はまりませんからね~paper
(何十枚かは買うとは思いますが、何百枚にはなりませんよ!)

投稿: 音爺@管理人 | 2008年9月11日 (木) 01時05分

はい、はい、はまりませんからね・・・、もう充分ハマってるように見えますが(爆笑)

投稿: jbl375jp | 2008年9月11日 (木) 12時34分

・・・・・・・・・・はまってませんってば~coldsweats01

投稿: 音爺@管理人 | 2008年9月11日 (木) 13時25分

はい、ハマッてません!

そうしておきましょうネ(笑)

投稿: jbl375jp | 2008年9月11日 (木) 15時32分

   sad
typhoonrainthunderraintyphoon

投稿: 音爺@管理人 | 2008年9月11日 (木) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/42426647

この記事へのトラックバック一覧です: ダイナミックバランス型トーンアーム:

« CS5000のお腹の中 | トップページ | ヘッドシェル、米へ注文しました。 »