« NEW 52nd STREET JAZZ 割れた~!(T.T) | トップページ | NEW 52nd STREET JAZZ »

2008年9月19日 (金)

録音ファイルの修正

 割ってしまったSPレコードのNew 52nd Street Jazz ですが、接着剤で修復した後に取り込みましたが、やはりノイズが結構出ていました。ステレオの前でプレイヤーで演奏するときには多分気にしないで済むと思いますが、保存用の録音物となると、やはり気になります。

 と言うことで、ソフトを使って録音したファイルのノイズ取りです。主に割ったところのノイズが主体で、全面にあるサーノイズ(ヒスノイズ)と気にしないで済む位の小さなパチパチ音(クラックルノイズ)は取りません。やってやれないことはないですが、一曲で幾らとかもらえるプロとしての作業ならやるでしょうが、私は自分の鑑賞用だけですので完璧に追い込むところまではやりません。たった3分のファイルの素人レベルの修正に数時間かかるのですから、完璧なんて作業は気が遠くなりそうで(面倒で)出来ないですよσ(^◇^;)

 一応、修正前と修正後を二十数秒ずつ同じ箇所を切り出したサンプルサウンドを載せておきます。wavファイルですと、ブログのアップロード許容量(1ファイル1メガまで)を超してしまいますので、ビデオ形式で1メガ以内に圧縮してアップしておきます。十分に比較できると思います。

「New 52nd Street Theme」 Sample Sound.wmv (966.5K)

 しかし思いましたが、今使っているソフトで、なんと”0.000025秒”単位で修正できるのですよ! この値はわかりやすく書くと 1/40.000 (4万分の1秒)! CDの規格の最小単位が 44100分の1秒ですから、ほとんどCDをビット単位で操作しているような物ですね。デジタルの世界は怖ろしいですげっそり

|

« NEW 52nd STREET JAZZ 割れた~!(T.T) | トップページ | NEW 52nd STREET JAZZ »

コメント

メールありがとうございます。
最近迷惑メールが多いもので、一瞬 音爺さんからとは気がつかず、消しそうになりました。

投稿: FD | 2008年9月19日 (金) 21時55分

いずれ早いうちに8曲全部アップする予定です。
こうご期待!(*^_^*)

投稿: 音爺@管理人 | 2008年9月20日 (土) 00時50分

こんにちは。
PCのスピーカーからですが、聴いてみました。
流石にノイズは多いですが、
SP盤って分厚そうな音がする気配を感じました。

投稿: FD | 2008年9月21日 (日) 15時55分

FDさんこんにちは。
音の躍動感には私も驚かされました。
ノイズがあっても、なお惹きつけられる音楽に感動です。

ノイズは新品でもそれなりに覚悟しなければならないのがSPレコードですので、ある程度で妥協しないとならないですね。
盤質がナイロンビニールじゃないから>堅いから、プレス時の平滑度によってパチパチ音が出ちゃうのじゃないかと思います。(WEBで調べれば出てくると思いますが)
一週間くらいで8曲全部アップしますね。
その時には美空ひばりやチエミちゃんは消します。(ディスク容量が足らないので)

あと、録音時の高域強調・低域減衰の特性も、会社・時期・制作者によって特色があるようです。
現代のように”RIAA”が制定されていないので仕方ないようです。

投稿: 音爺@管理人 | 2008年9月21日 (日) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/42524328

この記事へのトラックバック一覧です: 録音ファイルの修正:

« NEW 52nd STREET JAZZ 割れた~!(T.T) | トップページ | NEW 52nd STREET JAZZ »