« 90W×4chフルデジタルマルチアンプ RSDA904 | トップページ | サイバトロン誕生!? »

2008年6月13日 (金)

スタイラスチップを削ってみました

削れ削れと遠くの方から亡霊のうめき声が聞こえましたので、意を決し、ダイヤモンドを削ってみたのですげっそり

いえいえ、ダイヤが本当に削れるわけではないですね。
レコードを聞くときに使うレコード針の先っぽに付いているダイヤモンドチップにレコードとの摩擦熱で汚れがこびりついていたようなので、カミソリの刃を使い削り取ってみました。
元の汚れたダイヤモンでチップはこれです。

Diamondtip_02

Diamondtip_04

で、それをカミソリの刃でカンチレバーごとそ~~~っと刃先でなでなでしてやり、削った後のキャプチャー画像がこちら。 薬品は一切使っておりません。

Diamondtip_05

よい子は真似しないようにしましょうね?!

自分で削ってスタイラスチップをカンチレバーからはがしてしまっても、オイラは責任取りませんからね!
もっともちょっとやそっとで取れてしまう代物とも思えませんから、相当手荒に扱ってもカンチレバーが先に曲がる・抜けると思いますが!?(笑)

汚れていた元の様子はこちら書いてあります。

|

« 90W×4chフルデジタルマルチアンプ RSDA904 | トップページ | サイバトロン誕生!? »

コメント

今晩は 
いや~ これだけ綺麗になれば最高ですよ タイシタモンダ~。。この腕なら液は要らないですね 匠の技が生きている・・
音も蘇ったことと思いますので 目一杯聞いて下さい。

投稿: サンテクニカ | 2008年6月13日 (金) 23時07分

サンテクニカさん、こんばんは。
匠だなんて冷やかさないでくださいよ~(^◇^;
指の間に挟み、はの重さを利用して削ったくらいですかね、注意点は。
でも一番苦労したのが”老眼”・・・(爆)
は~ぁ、近くが見づらいです・・・(T.T)

あ、ちなみに私のシステムはアナログ、無いですから~(笑)

投稿: 音爺@管理人 | 2008年6月14日 (土) 00時22分

凄い倍率ですね。
ボクは時計屋さんから頂いた Eschenbach
の5倍のルーペを使用しています。

さすがにこちらの写真とは比較になりませんが
それでもないよりはましと思って使用しています。
やはり肉眼では見えないヨゴレが結構ありますね。

投稿: akakura5 | 2008年6月14日 (土) 16時40分

akakura5さん
アイルーペも30倍くらいになると刃物の刃先のチェックくらいは出来る程度の倍率になります。
オークションでもそれ程高くないですから、お一ついかがでしょうか?(^_^)
あ、高性能レンズだとちょっと高いかな?

このカートリッジは、20年くらい野ざらし状態でしたのでカンチレバーまで腐蝕していました。
汚れは取れましたが、性能は・・・経年劣化で難しい話ですね(×_×)

投稿: 音爺@管理人 | 2008年6月14日 (土) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/41514988

この記事へのトラックバック一覧です: スタイラスチップを削ってみました:

« 90W×4chフルデジタルマルチアンプ RSDA904 | トップページ | サイバトロン誕生!? »