« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

困った、PCTVがおかしい(解決しました)

 I/OデータのテレビチューナーカードでTV録画をしているのですが、XPの上書きインストール後に、不可解な動作をするようになってしまった。

 予約録画は出来るのですが、専用のビューワーが起動しなくなっちまった泣き顔  テレビ自体も起動しなくなった。 そして、久しぶりのブルー画面に遭遇しちゃったのですよ(爆笑)たらーっ(汗)
録画したフォルダへ移動して、ふぁいるをくりっくで選択しただけでブルー画面なんて、チョー笑えるけど、HDDのせいか??? でも他のフォルダーは何ともないのにな~、訳わかんないですあせあせ(飛び散る汗)

 取り敢えずフォルダを削除して、他の名前のフォルダを作りそこへ保存にして様子を見るか。 だめだったらいよいよクリーンインストールしかないかな・・・めんどいな・・・
 
 
     その後・・・・・
 

 今さっきもテレビを立ち上げようとしたらブルースクリーンになっちゃって、仕方なく再起動。 そうしたら、ほんの一瞬だけどバイオス画面でメモリーの認識の所で引っかかった! 
もしやと思い、立ち上がったPCの電源を落とし、フタを開けてメモリーを抜き差ししてやりました。

 そして再び電源オン!

 その後問題のフォルダーをいじるが、特にフリーズもせずにファイルが開けた!(録画ファイルを視聴できた!)  じゃー、テレビも立ち上げられるかなと思い試すと・・・ヤッター! 問題なく立ち上がりました(*^_^*)手(チョキ)

 結局、OEMのXPをインストールするのに、付属のFDDを接続したりしていたので(インスト後取り外しました)、メモリーがゆるんだ?ようです。 以前も今使っているメモリーでトラブったことがありますが、マザボのコネクターが悪いのか、メモリの質が悪いのかは不明です。

 まー今回も以前同様、バイオス画面の一瞬の引っかかりに気がつかなかったら、原因が分からずじまいだったでしょうね。
 直って良かった良かった、またPCテレビ録画が続けられる!(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

ÖYKÜ BERK(oyku & berk)

 タワーレコードで売り出したのを知る前に、友人の分をトルコ雑貨屋さんに仕入れをお願いしちゃいました。

 取り敢えず3枚を確保しておきました。うち一枚は、いつも生録を送っていただく”のだっちさん”の所へ送る予定です。

 残った2枚は、さてどうしましょうかね? 仕入れた価格もタワーレコードよりも高く、一枚あたり3千円になってしまっていますし。少しでも元を取るために、ヤフオクへでも出そうかな? 現在1枚だけ出品中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

ちょっと遅い墓参り

リンク: RESORT OUTLETS OARAI.

 墓参りの帰りに大洗のアウトレットでお昼を食べました。

 MINOX DCC Leica M3 にて撮影。相変わらずカラー撮影はパーパルフリンジ全開でダメダメですが、モノクロにするといい感じ(汗)

_01

_02

カレーライス、美味しかったな(*^_^*)
_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

カーロ・グラン・スポルトR.C.2008・フォト

あまりにも多いのでほんの一部掲載。家の前で撮影出来たのでラッキー!

_mg_2948

_mg_2972

_mg_2994

_mg_3007

_mg_3020

_mg_3045

_mg_3047

_mg_3048

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

カーロ・グラン・スポルトR.C.2008

今年も銚子を通過します!
うちの前も通るって言っていました!
でも仕事中だと写真も撮れないかも(T.T)


詳細は下記ページをご覧下さい。
http://carogransport-rc.com/index.html


カーロ・グラン・スポルトR.C.2008出場者
ドライバー コドライバー 参加車両 色 年式 排気量
http://www.info-ginza.com/caro/entry.html
 だけど95番のマセラッティ、本当は”ギブリ”なのに”ジブリ”なんて表記されちゃって可哀想だな!(笑) 編集した人がスタジオ・ジブリを頭に浮かべたのでしょうね。宮崎駿さんは当時”GHIBLI””ギブリ”って発音するのを知らないで、”ジブリ”って読むものと勘違いして「スタジオ・ジブリ」にしちゃったんですって。

1日目:日時::平成20年3月22日(土曜日)

■潮風公園集合6:00受付、車検スタート 7:30
■ゴール7:40自由の炎脇駐車場スタート 7:55/計測、ジムカーナー等
■ゴール8:05フジテレビ  1号車スタート9:55/
■10:00ベイコートクラブ正面玄関スタンプ   
■10:05豊洲地域経由して佃大橋経由入船交差点右折、本八丁堀左折C京橋左折
■銀座1丁目交差点直進 新橋交差点左折新橋インターへ
先頭車は10:30に銀座通りに進入し、全車両は11:50までに銀座通りを通過。 締め切り後の車両は鍛冶橋通を直進外堀通りへ迂回。
■箱崎JC経由両国JCから  常磐自動車道へ11:30
■常磐高速桜土浦インター出口  12:00 
近道防止の為、筑波山のぼり口付近車両通過確認ポイントがあり。
■阿見飛行場 14:00から 競技①②③④回、タイムトライアル   ■ヒルトン成田  16:00  1号車ゴール 
■パーティ開始時間 19:00 


2日目 日時::平成20年3月23日(日曜日)

■ヒルトン成田ホテル→ 1号車スタート 8:00                          
■日本自動車学校  → 1号車ゴール 8:20  計測①②③④回
■ふれあいパーク八日市場スタンプポイント 9:20(八日市場RC)
■八日市場JR陸橋 (海岸線へ) 9:40 
■旭市  ①(足川浜交差点付近スタンプポイント。児童、学童からプレゼント) 10:00  
■旭市内 ②(銚子信用金庫付近交差点付近スタンプポイント。児童、学童からプレゼント) 
■旭市内 ③トキワヤ前付近スタンプポイント。児童、学童からプレゼント)  10:15  
■旭市 ④飯岡荘前(スタンプポイント。身体障害者からプレゼント)10:30
■銚子 ヨットハーバー 
■銚子 千葉科学大学 計測①②③④回                             
■嘉平屋店舗駐車場 1号車ゴール 昼食  12:00
■嘉平屋駐車場 1号車スタート 12:45          
銚子から佐原、香取インター間車両確認ポイントあり
■銚子犬吠崎から佐原、香取インター 14:00
■高速を最大限利用して  1号車ゴール フジテレビ 16:00 
■表彰式セレモニー  17:30から18:10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

銚子 イオン 工事再開の見通し

最新情報 2008/06

 シネコン併設のための設計変更でここの所工事が中断されていた銚子イオンSCだが、まもなく再開されるようだ。

 知人の話によると、その人の知人の会社がイオンのカラータイル(中の遊歩道用?)の工事を6月から請けたそうだ。となるとその前に基礎なども終わらせるはずであるから、4月に入れば(あるいはそれ以前に)工事が再開されるのであろう。

 確か現在の工事の終了予定が2001年の夏~秋頃だった(これも土木関係者から聞いた)ので、ちょうど計算も合うようだ。

 ちなみに、旭市のサンモールのシネコンは、4月のオープンらしい。GW前には開業なんでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

Öykü & Berk

リンク: タワーレコード ; Oyku & Berk - Kismet.

 タワーレコードで扱いはじめましたね。

 紹介していたブログを発見しました。

 トラックバックしておきます。

 イスタンブールから取り寄せたほかに、追加分をトルコ雑貨屋に注文しちゃったよ(T.T)

 ま、しょーがないね・・・・・

 飛んでイスタ~ンブ~ゥル~ から届きました~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

夏タイヤ決定~!

 とうもろこし入りエコ・タイヤです(笑)

Eagle_ls2000hybrid2

 どうしようかと悩んでいた夏タイヤ、結局はグッドイヤーに決定しました。 以前のように拘りのある選択ではなく、ごく普通のレベルの物を選択(笑)  EAGLE LS2000 Hybrid2(215/60R16・95H)にしました。 って、こんなタイヤをブログに書くことでもないけどね・・・・・(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

2350ホーンを設置・試聴しました

 出来上がったJBLの2インチスロートドライバー&2350ホーンですが、いつまでも放っておいてもダメダメなので、取り敢えず所定の位置に置いてみました。2年以上ぶりの火入れです(笑)
Photo

 以前短時間だけ試したことがあるPA用のケースに比べれば、明らかにスッキリとし、圧迫感が大幅に減少したのでよい感じだ。間口80cmで真四角なケースだともの凄い威圧感で、とてもおいておける代物ではありませんでした。これなら上出来です!
 と言っても、小さくはないですよ、38cmウーハーが小さく見えますからね! また今までのエンクロージャーが、小さく見えます(笑)  まー、ダブルウーハーズよりは小ぶりですけどね!(爆)
Photo_3 

 1インチのユニットと入れ替えて試聴してみましたが・・・1インチとは別物ですねexclamation ×2  笑っちゃうくらい違いました。あ~、暫く聞いていなかったこの音、ようやく戻ってきたって言う感じです~ハート達(複数ハート)るんるん

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

DCC leica M3 のフードを自作してみました

 いかんせんショボイC-MOSなもので、非常にハレーションに弱い事が分かりました。しかし物が物だけに純正フード何てありませんので、それではなんとか自作してみようと思いました。

 まずはDCC leica M3 の採寸を(^_^) 鏡胴の外形は26mmでした。ヤフオクなどでフードの大きさを見ていると、最小で内寸32mmでした。細い鏡胴に32mmのフードをかぶせるためには、何かはさまなければいけません。

 で、よ~くまわりを眺めていてふと目にとまったのが、子供達の飲んでいたジュースの500mlのペットボトル!そのキャップを取り去った後にリングが残っているのです。何となくこのリングを外してみると、ナンと外形が32mmではないですか! ヤッタ~\(^O^)/

Icm0006

 しかもツメの様な物があり、鏡胴にはめ込んでみると、ドンピシャ!!

_m_2917_2

 用意したフードに合わせてみても、も~バッチリでした!(*^_^*)
Mg_2919_2

 これを瞬間接着剤で接着しました。ツメの数もそのままでは、装着しっぱなしなら良いのですが、脱着するのにはちょっときつかったので、一枚おきにカッターで切り取っておきました。撮影中に脱落することは無さそうですが、長期間使えばキャップリングも緩んでくる(すり減ってくる)と思いますので、予備のキャップリングを取っておいた方が良いかも知れません。(あとで使って分かりましたが、ツメは全部残しておいた方が良いです。はめっぱなしにしましょう!) また、ご覧の通り、ファインダーを覗くと、実質右下1/4がけられますので、ライブビューに頼った撮影になりますので、5.0でなければこのフードは使いづらいと思います。
12109764_1790014689

 ここの溝に上手くはまるのです!
_mg_2917_2


Mg_2925


Mg_2924

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

デジカメで立体感

今回のダメダメデジカメ(駄目な子ほど可愛い?)、DCC Leica M3 ですが、カラー撮影は慣れないせいか行き当たりばったり感がまだ強いです。

しかし、モノクロの質感が、銀塩の様に立体感があって非常に気に入ってしまいました。

_2 

元画像はホワイトバランスを直し忘れていたので真っ青~(笑)
Ica0023

これは使い続ける価値のあるカメラかも知れないな・・・

Yane

こちらが元画像、日差しが強すぎて白く飛んじゃっていますね。
Ica0007

しかし、もう少しカラーがまともに撮れればな~、惜しい!

そのうちオートフォーカスにでもなるかもね、携帯だってあの薄さでできたんですから!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

Leica M3

カレンダーにキーホルダーがぶら下がっていますね。
Dccleica_m3_01

近くで見ると・・・やっぱりキーホルダー・・・かな?
でも、やけによくできていますね~・・・
 ん? Leicaとか刻印されているようですね・・・
Dccleica_m3_02

と言うことで、トイ・デジカメMinox DCC Leica M3 (5.0)でした。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2007/02/09/5555.html 
実売3万円なかばちょっとくらいかな、安くはないです。
写りは3年前の携帯カメラくらいかな~? (爆)
Dccleica_m3_04

カメラとしては、今使っている携帯、SH903iのが性能いいですね~・・・(;>_<;)ビェェン
完全にトイ・カメラですから、写りよりも姿形を愛でるようにしましょうね(^◇^;

300万画素で取ったそのままの素材です。   
白飛びが激しいですね(×_×)
Icam0001

この位綺麗に発色するときもあるんですよね~、良くわかりません???
Icam0001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »