« 菊地成孔氏とイーストコースト | トップページ | nanoにDVDを取り込ませられています »

2007年12月14日 (金)

組合の意義(組合なんて大嫌い!)

 自分の属している業界の市町村支部での、役員をやらされている。(あくまでもやりたくてやっている訳ではないので、こう言う表現をします) 以前は青年部の会計>副部長>部長を歴任し、現在は"組織部長"と言う肩書きで、任期3年の半分を過ぎた。この一期で終わるとは思えないが。。。(×_×) 役柄は要するに、支部内での行事の仕切りをやっている、便利屋のようなものだ。

 何か行事をやる度にそれを企画・実行し、組合員に「お願いします、参加してくださいな」と頼むのがお役目な訳だが、自分自身が義理も面識もない人にお願いもするが、いまもって自分自身は組合の役目上やっているだけという意識しか持てない。だから「お頼み申します」と行っても、それは”組合からのお頼み”であって、私が本心で「お願いしている」訳ではない。だから見た目は一所懸命に活動しているようには見えても、実際はただ”やっているだけ”である。

 そもそもその原因は、自分の中で理解できないのが「同業組合」と言う組織の存在意義であることからきている。昔、業界のことに政治の目を向けさせようとしていた頃には、役所とのパイプという面では役に立っていた時代もあったのかも知れない。しかし今の時代、労働組合ならわかるが”同業組合”って言うのは、自分の中でその存在意義が全くつかめない。

 仲間意識と言っても、親睦目的でしかない会合や行事ばかりである。又いわゆる技術講習会と言っても集まるのはほんの僅かで、担当役員の苦労を重ねさせるだけに思える。それをもって「役員は大変だね」ってねぎらうのは、担当者は大変なことは認めるが、それは組合の自己満足にしかなっていないように思える。

 あちゃー、書いている最中にかみさんに話しかけられて、頭の中でまとまっていた事が散乱しちゃったよ~σ(^◇^;) ま~いいや。

 要するに組合で部長役を仰せつかっていても、その意義に疑問を持ちながらやっているっつー事よ。はよ辞めたいね。組合自体を抜けてもいいと思っているよ、最近は。あ~やだやだ、意味のない馴れ合いだもん。

|

« 菊地成孔氏とイーストコースト | トップページ | nanoにDVDを取り込ませられています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/17364032

この記事へのトラックバック一覧です: 組合の意義(組合なんて大嫌い!):

« 菊地成孔氏とイーストコースト | トップページ | nanoにDVDを取り込ませられています »