« タニシ取りの場所にあった社? | トップページ | “花れん”の花は可憐 »

2007年11月19日 (月)

霧笛の消える日

犬吠埼霧信号所(銚子海上保安部)
(あの牛の鳴くような霧笛の鳴るところ)

 霧笛の音は、灯台の右横にある右向きに曲がったラッパ状の部分から、圧縮空気により出されます。現在灯台右手の岬先端(下の遊歩道の所の、池のような潮だまりがある所のガケの上)は、亀裂が入り危険なので立ち入り禁止になっているそうです。

Choshi0038

 実は・・・・・現在の写真が無かったりしてσ(^◇^;)

 この銚子にある犬吠埼灯台も、来年の平成20年には霧笛も廃止され、切符切りのおじさんだけ残し、灯台の機能自体は無人化されるそうです。船舶の航行がGPS化された今、航路標識としての灯台の役目もいずれ無くなることでしょう。ただ現実問題として、GPSを持たない小型のプレジャーボートなどは、霧が発生したときにはやはり霧笛と灯台の光が標識となるので、もう少し時間をおかないと危険だと思うのは、考えすぎではないと思うのだが・・・・・

 あと、観覧料も150円>200円になるそうです。ただし小学生まで無料なのは変わらないそうです。

|

« タニシ取りの場所にあった社? | トップページ | “花れん”の花は可憐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/17122049

この記事へのトラックバック一覧です: 霧笛の消える日:

« タニシ取りの場所にあった社? | トップページ | “花れん”の花は可憐 »