« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

オデオ/自分なりのこだわり/長文失礼

 さて、オイラにはオデオって言う趣味が、趣味連合の端っこに有るんです。だけど、でも全然メインの趣味じゃないのはご承知の通り。(何が?って、突っ込まないでよ~(^_^;)  オデオでも、拘る部分と「そんなのどーでもいいじゃん」が有るわけよ。今日の日記は、自分の中でも何が大事で、何がどーでもいいんか分類してみっぺーって考えた。人に見せると言うよりは、自分確認用に、支離滅裂に書き連ねてみるわけで、読んだマイミクさんが「列挙の仕方が滅茶苦茶だわ」って言うこともご勘弁をm(__)m あ、それと、どこが良かったとかを書くか書かないかは、その項目ごとの気分です<あくまでも自分用メモなので(^_^; 今は使っていないアナログプレイヤーなども混じってくるので、それもご勘弁を(爆)

 もう一つ。物によっては20~30年前に買ったものでの評価・価値観ですから、今更現代の物と比べられてコメントいただいても困ります、って物もあります(笑)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

@カートリッジ;絶対オルトフォン。シュアーもV15TypeIIIまでは使ったことがあるが、自分の環境ではオルトフォンのMC20SUPERが一番良かったから。テクニカなどはコストパフォーマンスには優れるが、根本的に勝てないと思った。今は使っていないから、各会社の製品の音は、わかんないのが本音。だから他人様の日記・ブログ等でも、アナログに関しては知らぬふりをします(^_^;

@アナログプレイヤー;ビクターのTT-71。これしか使ったことがないからね~、可もなく不可もなく、ただただ現代的な色づけの少ない音だった記憶が。シートを硬質の物に替えてから生き返った記憶が有り。あ、その前にビクターのJL-B44って言うのを貰って使っていたっけ。こっちはTT-71と違い、いわゆるオデオ的なゆったりとした音だったかな。

@トーンアーム;SAEC WE-308L。こいつは日本刀とは言わないが(上級機種が存在するので遠慮気味に(笑))、カミソリのような音だった。ロングタイプは当然MC型をメインに使う前提でチョイス。レギュラーレングスの物とは別物で、上級機種に近い音の様に聞こえた記憶があり。システム自体が違うので正確な判断ではないですが・・・

@カセットデッキ;ヤマハ750デッキ。価格とナナハンと言う響きがかっこうよくて買いました。ネーミングで買っちゃうって有りますよね(笑)

@ラジオチューナー;これもヤマハだったかな? どーでもいいや(爆) だってオイラの住んでいるところは電波の状態が悪く、八素子の八木を使ってもメーターがフラフラして、若干ノイズが乗るから本気で聞く気にはならんよね。

**********************************************
ここまでの分野は、今後も余り使う予定もないので、昔使った物だけ。マニアから見たら安モンばかりですが、手取り数万円から十数万円頃に買った物ですから、これで精一杯(×_×)これ以降は現在の価値観に入っていきます。
***********************************************

@CDプレイヤー;多少拘り有り:要はジャズベースがボワンボワンせずに”ゴン・ゴン”と鳴ってくれればいい。高音も美音である必要なし。クラシックはいらない。シンバルがシャイ~ンなんて鳴る物は論外。カツンじゃなきゃ駄目。ま、SPとの絡みもあるが、概ねその方向の音じゃなきゃヤダ。以前所有していたCD-903(NEC)はお気に入りでした。現在はVRDS-25X。(トランスポーターとして使用) ところでこれってメーカーどこだっけ、これを書いている時点で思い出せない(汗)<意外と無頓着(^◇^; 

@D/Aコンバーター;一台しか使ったこと無いからようわからん:現在WADIA DM-X32(Digimaster X32)を愛用中。ジャズが良く鳴るならメーカーの拘り無し。ワディアはジャズ向きという評価を信じて、金のないオイラはこれをチョイス。WADIA12でも良かったが、どうせならソフトウエアデコーダーを試してみたかっただけ。発売当時(1990)の定価480,000円はどうみてもボッタクリ。現在オークション価格9~10万円前後は、その音からして妥当な価格かと思う。クラシックをハイエンドSPで聴くのじゃなければ、ジャズ専用ならば、安いトラポに12やX32で十分だと思う。

@プリアンプ;余り拘り無し:SP以外で、一番音色を左右すると言われているが、そこまでの深い経験無し。マニアじゃないので余り深く考えていません。でも現在使っているSU-C1010 Ver.3.0(メーカー、またまた忘れた(爆)) は、色気のない冷たい感じでとてつもなく気に入ってしまった。しかもこの値段でボリュームを可変抵抗器にせず、ゲイン調整式にしてボリューム位置による周波数特性の劣化を防いでいるので、小音量位置(2時以下のボリューム位置)でも高域のロールオフが無いので、鮮度がよいのが気に入った。何十万円もするプリアンプも個性的な音でよいとは思うが、オイラはプリアンプはSU-C1010-N Ver.3.0で十分だな。しかもバッテリー駆動だ。(音の効果は良くわからんのも事実だが・・・(爆))

@イコライザー;拘り・・・良くわからん、無いでしょう?:ベリンガーのDEQ2496を使っているが、はっきり言って値段&多機能でチョイス(汗) 機能的には十分に価値ある製品だと思う。価格的に音質ウンヌンを言うべき製品でも無し。設定によっては位相がグルングルン廻って気持ち悪い場合がある。これを知らずに使うと、インプレッションは悪い製品となってしまうのだろうな。使いこなしの問題だが、意外とこれを知らずに評価している方を見かけるのも事実なんだな。価格を考えればお勧め。使いこなせないならアナログをすすめます。

@チャンデバ;拘り無し:バックヤードガレージのメジャグランの4wayをメインに使用中。オペアンプを使ったアナログ式のチャンデバですが、ディスクリートで組むことに拘らず、音の良い素子を選択して使っているメジャグランのオヤジに脱帽。はっきり言って音はよい。ただ、色づけは少ないので、好みも分かれるかも知れない。アナログ式らしい、力強い音ではある。高域の色気は殆ど感じられない。中低域には力感を感じる。あとベリンガーのCX-3400も追加チャンネル用に使っています。こちらは、高域に使用するのはホームオデオには質的に厳しい。中~低域用に割り切って使うならOKです。これも力強い音。

@パワーアンプ;拘り有り:とにかく”音色のない、クソ面白くない、無機質のパワーアンプ”が好き。特に高域が輝いたり、低域に量感のあるアンプは受け付けない。だから”スイッチング電源の”デジタルパワーアンプが大好き。アナログ式の電源の物は、音色が乗るから好きじゃない。何十万、何百万のアンプを聞いても好みじゃないから、安上がりで良いわ(笑)

@スピーカー;拘り有り:そりゃーもー、JBLしか無いっしょ~! 他に幾ら良い物が有ったって、金銭的に買える物って言ったらJBLの中古ユニットしか無いモン(笑) 貧乏人には救世主的だよね! そりゃーアルテックが良いって言ってもJBLの中古より高額だし、ガウスなんてのも中古市場では高額だから、ジャズ専用のスピーカーシステムを作ろうとしたらJBLになっちゃいますよ。それにフォステクスが性能的にJBLより遙かに優れていても、ジャズと言う単語からJBLは結びつきますが、間違ってもフォスは思い浮かびませんもん。(オイラはね!) 

@コード類(RCA・SP);拘り有り:材質的(製法的?)には、これはもうPCOCCの信者です。他の線材(製法)は殆ど頭の中には存在しません。6Nでも8Nでも、オイラには関係有りません。他人にもっと良い物があるとか何を言われても、はっきり言って右から左に聞き流す(文章の場合は読み流す?)だけです、ごめんなさいm(__)m  構造的には、素線の一本一本がなるべく太い物が好きですね。女性の髪の毛のように細い素線は、製品としての外形が幾ら太くても軟弱な音がするから嫌いです。軟弱じゃない物が有るのかも知れませんが、それはそれで好きな人が使えばいいだけです。オイラは使いません。他の物で唯一好感が持てるのは、普通のOFCですが、1.2mmの単線で作ったRCAコードです。これはゴツイ音がして結構好きです。好みから推測するに、材質的に固い物の音を好む傾向にあるのかも知れません。できればシースも硬質な物が好みかも? さすがにPCOCCの単線は高額すぎて、SPエンクロージャー内の中低域にしか使えませんでした。

@電源コード、テーブルタップ類;拘り有り:これもPCOCC信者です。コンセント以降、各機器まではオールPCOCCで揃えています。音的にはどうでも良いんです。PCOCCが中間に入っていると言うだけで安心していられる、そんな大馬鹿者ですから(爆笑) オーディオテクニカのPA用のAT-NF610DRを2台使っています。電気径路全てがPCOCCで出来ている電源ボックスです。

@エフェクター;拘り有り:LEF-12(鳴門音響)を愛用中。簡単に言えば”トーンコントロールの様な物”(笑) カー用のサウンドシャキットのデジタル版と言えばわかる方も多いかも。トーンコンとの違いは、中心周波数を1KHzとせず、低域・高域それぞれの作用点が離れているので、中域にかぶらない(エフェクトが中域に作用しない)と言う利点が売り。音の姿が崩れずに高域が突き抜け、低域がゴンゴンと唸り始める(笑) でも中域は変わらないからマジックだ!? クラシック的な雄大なホールトーンを含む低音成分の強調や、きらめく高音を求める人には不向き。ジャズ・ロックには最高の武器だと思う。

書き忘れ、有ったかな?今回はここまで。。。長(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

オイルパン・パッキンの交換

 以前から気になっていたエンジンのオイル漏れですが、ようやく修理しました。結論は、オイルパンのパッキン劣化による漏れでした。

 パッキンも注文取り寄せですと時間がかかるので、修理屋のおっちゃんが、汎用のパッキン材料から切り出して作ったので、その日の内に修理も終えました。

 これで安心して正月を迎えられる~(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

“花れん”の花は可憐

Karen

リンク その1: “花れん”の花は可憐.

リンク その2: 扇谷ケント

 今日、仕事上の行事で柏へ行きましたが、その行事の中で表題の”花れん”さんのミニライブをやっていました。

 どうせこんな行事に来る歌手なんて、しょうもない歌い手だろうと思っていましたら、何の何の、意外とスイング感が有ったり、サポートのキーボード奏者が掘り出し物のように上手だったりと、5曲(4曲だったかな?)程度とは言え、非常に興味深い、良い演奏に出会えた感がした。

 まだマキシシングルしか出していないようではあるが、ちょっと手にしてみたくなる彼女である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

霧笛の消える日

犬吠埼霧信号所(銚子海上保安部)
(あの牛の鳴くような霧笛の鳴るところ)

 霧笛の音は、灯台の右横にある右向きに曲がったラッパ状の部分から、圧縮空気により出されます。現在灯台右手の岬先端(下の遊歩道の所の、池のような潮だまりがある所のガケの上)は、亀裂が入り危険なので立ち入り禁止になっているそうです。

Choshi0038

 実は・・・・・現在の写真が無かったりしてσ(^◇^;)

 この銚子にある犬吠埼灯台も、来年の平成20年には霧笛も廃止され、切符切りのおじさんだけ残し、灯台の機能自体は無人化されるそうです。船舶の航行がGPS化された今、航路標識としての灯台の役目もいずれ無くなることでしょう。ただ現実問題として、GPSを持たない小型のプレジャーボートなどは、霧が発生したときにはやはり霧笛と灯台の光が標識となるので、もう少し時間をおかないと危険だと思うのは、考えすぎではないと思うのだが・・・・・

 あと、観覧料も150円>200円になるそうです。ただし小学生まで無料なのは変わらないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

タニシ取りの場所にあった社?

 タニシの採集の時に、奥にあった地下水の湧き出ているお社。緑の苔に覆われて、千と千尋の神隠しの冒頭のさびれたテーマパーク?的な感じですね。

Dvc00013

 

Dvc00014

 

Dvc00015

 

Dvc00016

 

Dvc00017

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

ヒメタニシの採集、クレソンも(^_^)

Dvc00020_2

 コッピーという洋メダカが7尾いるのですが、その水槽にアオコが発生して、緑色になり汚くなるので(水質汚染も)、貯水池にある地下水が流れ込んでいる所で「ヒメタニシ」を採集してきました。もともと何個かいたのですが、最近元気がないので、新しい個体の補充をしたのです。緑色に濁り見通せないくらい水質悪化した水槽でさえ、数日のうちにクリアーになっちゃうくらい浄化能力の高い生物です!

 池の場所はここ!
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E140.51.40.5N35.42.19.8&ZM=12


 20mくらい先の地下水の流出口で、細君がタニシを拾い集めています。

Dvc00012

 二十個弱をゲットしました。最大でも小指の先程度にしかならないタニシです。水槽が大きければ普通のタニシでいいのですが、小さな水槽では、でかすぎるのもみっともないので、ヒメタニシで十分です。

Dvc00011

 ついでに自生していたクレソンも少々摘んできたので、おひたしにでもして、頂きましょうねうまい!

Dvc00019

 採集した予備池は、この撮影ポイントの背後です。目の前には貯水池が広がります。昔は田んぼのためでしたが、今は何のためにあるのかわからないような池になってしまいました。

Dvc00018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

レミールのしっとりバームクーヘン

Baum_2 

 表題の「レミールのしっとりバームクーヘン」って言うのを予約してみました。

 とっても美味しいらしいのですが、こればっかりは好みもあるので一度食してみるしかないと、思い切って注文しました。

 なぜ”思いきって”なのかというと・・・

 商品内容 バウムクーヘン1個・約3cmの厚み×直径約17cm
下のおっちゃん(失礼、パティシエの岡本さんです)が持っている”一片”が2,900円(税込)なんです!

Okamoto

 能書きはと言うと・・・

 『レミールの熟成しっとりバームクーヘン(バウムクーヘン)』は10時間かけて焼き上げ、その後、1週間熟成させることによりしっとりなめらかな食感になります。

 ですって!

 しかも注文後、「1~2ヶ月前後で発送いたします」だと~~~ぷっくっくな顔

 でも一度は食べたいから、ポチっと注文ボタンを押しちゃいましたあせあせ

 今回はこちらから購入~。欲しい人はクリック

 本当は、本当は・・・・・・楽しみ~ハート達(複数ハート)うまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

大物、二連発~~~!

 あまりにも悔しいので、写真なんか撮りませんでした。と言いつつ、引きは強烈なので楽しかったことも事実σ(^◇^;) え、なにがって? サメが釣れたのですよ(笑)

 昨日は雨もあがり、夜になり風も治まったので友人と釣行。友人は先月のヒラメが忘れられずに懲りもせずに、ハゼ活きエサで泳がせ釣りです。オイラはヒラメはルアーでしかやる気はないので、ブッコミで五目でした。

 昨日のポイントは、前回にも2Kgくらいと5Kgオーバーのアカエイが釣れているところなので、投げ込んでからドラグを目一杯ゆるめてスプールをフリーにして、竿立てにたてかけておきました。置き竿の場合には、こうしておかないとエイが釣れた場合に、一瞬にして竿を海中に引きずり込まれてしまいます。

 投げ込んで、十数分で何やら当たりらしき鈴の音がしました。そのうち「チリチリ」と元気よく鳴り出したので、軽く合わせてリールを巻き始めると、結構いい引きが(*^_^*) 内心スズキかなと思いましたが、頭を振る魚の感じがスズキとは違う??? アイナメかとも思いましたが、遠くに投げてアイナメがかかるのもおかしいし・・・ まー、これが一尾目の50cm・1.5kgくらいのドチザメでした。いい引きをして楽しいのですが、サメの姿を見た瞬間、”ガックシ(T.T)”でした。

 ハリを外し二投目。これも十数分すると激しい当たりが! 引き込むような当たりではないので、エイでは無さそうですが、結構強いあたりです。内心ドキドキでしたが、これも又軽く合わせて巻き始めると、トルクで持って行かれるような重厚な引き! でも首を振る感触もあるのでエイではない! となると、少なくとも70cmオーバーのスズキか!? 期待が高まる・・・

 強烈な引きに対抗しながら足下まで寄せてくると、何とドラグを鳴らしながら糸を出して下に潜ろうと抵抗し始めた! これは大型のスズキか! 慎重になり、糸が切れないように少しドラグをゆるめて走らせる。一分ほどして奴も弱ってきたところでタモに入れるために水面まで持ち上げると・・・・・・・・「またサメだ~~~! 今度はでかいぞ!」との、タモ入れをしていた友人の声(^_^; その時点でオイラは魚を見たら、一気に力が抜けちゃいました。

 タモ入れして貰い、ハリを外して計測すると、ジャスト80cm・4kgくらい(同じ大きさのスズキよりは軽いです)のホシザメ(ドチザメの仲間、練り物の材料、洗いでも美味しい)でした。重いはずですね(笑) まー、結構スリリングに楽しめましたので元気なうちにお帰り頂きました(^.^)/~~~

 さすがにサメのあの柔らかいグニャグニャした体に包丁を入れるのは気持ち悪いのでね~。でも洗いにすると美味いらしいのですよー!?(^◇^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

ホーンのスタックって有り?

 題名で「有り?」って書いておきながら、自分でやってきたことです。 音がかぶるとか、そんなにマニアじゃないから気にしません。 逆に言えば多少の音の不具合よりも、やりたいことをやる楽しさ優先なので本当に楽しいです。

メインの1インチドライバー&ラジアルホーンを組み込んだ、これ単独でも完成形として使用可能&非常識な、4wayエンクロージャーです。 サイズはアバウトに言えば 60*60*90 です。 奥行きが十分にあるので、比較的深い低音まで出しやすい設計です。 200505

 システム全体図です。 ウーハーはE-145に変更されています。 パーツとアンプと全て揃っているのに、面倒くさくて組み上げていないだけです。 手元に全部揃ってしまうと、組み上げるのって面倒になりませんか~? おいらだけ??? この非常識なスタックも、苦情・ご意見は受け付けません。 (って言ったって、コメントを言いたい人は書き込むでしょうからご自由に(笑)) 4041706_1981476396

初期のホーンです。 JBLの2345+2470、2420+511タイプのフィン無しFRP砂ダンプドホーン。 砂+ボンドでダンプしていたから、結構まともな音でした。 1インチが二個有ってもしょうがないので処分。Horn_05

 黒い方は、JBL2386 2インチスロートホーンです。 サックスなどがもの凄く太く鳴るけど使いづらいホーンでした。 単に使いこなすのに技量がなかっただけでしょう。 マイミクののだっちさんが最近買われて挑戦しているようです。2386_01

最終的に残ったのはこの 2345 & 2350 の二種類のホーンでした。 Jbl_4530_01

自分の好みとしては、やはり金属のホーンの方が好きみたいです。 金属の歪みというのか、響き的な物に心惹かれますから、当分替える気はないです。 クラシックも殆ど聴かないしねσ(^◇^;) Jbl_4530_02

今にして思えば、この バックロードホーンは残しておきたかった~! 物理的な特性ウンヌンじゃなく(物理特性はすごく良くない)、直感的にまさしく「ジャズ」な音だったモンナ~exclamation ×2涙

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

ジェット戦闘機で木の葉落とし!

ジェット戦闘機で木の葉落としなんて、実機で初めて見ました!
すご~~~い!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

今回のスタッドレスの製造年月

 今回買った激安スタッドレスタイヤですが、昨シーズン物ではなかったです。 タイヤサイドに表示してる数字の下四桁を見ると・・・「3707」です。 と言うことは、今年2007年の37週目に製造でした。 今年8月半ばくらいの製造ですね。 去年モデルじゃなくてラッキー!手(チョキ)

Studrestire

 今回のスタッドレスタイヤの入れ替えにかかった費用は・・・

トーヨー ガリットG30 215/60R16 = 43500円

タイヤショップでの入れ替え(持込工賃) = 5000円
 
    合計 48500円 でした。

 前回ブリザックを入れた時が、9万円でしたので、ほぼ半値でした。地元のショップを使わなかったという負い目を感じながらも(^_^;、4万円も浮いたのは結構嬉しくも、ちょっと複雑な心境・・・

       地元、ゴメン!m(__)m
616078446_12

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

秋の夜長は・・・ビートルズ?

 最近、夜中の1時頃から2時頃にかけて、銚子観音のあたりで、音の外れたビートルズが聞こえるとか・・・

 なにやらあと何年かで50になろうというオヤジが真夜中に歌っているとか・・・

 んなはずあんめーやー・・・

 だって音爺はカラオケ大っ嫌いだから~・・・

 でもビートルズは大好きだから・・・

 今日もレットイットビーのすけ~・・・

 ついさっきはLovely Ritaが~・・・

 その前は・・・サムシングで~・・・

 もう覚えられないほど脳みそに来ちゃったかも~・・・

 ミュージックを見られたら何の曲かバレバレになっちゃうな~・・・たらーっ(汗)

 itunesは便利だな~・・・

 ほんでもってゲットバック、青春~・・・

 るんるんムードるんるん

 いまだに長く曲がりくねった道を行く音爺です~・・・

 のどが痛くなりそうだから寝よっとzzzzz眠い(睡眠)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

スタッドレスタイヤの入れ替え

 さすがにスタッドレスも6年目はアイスバーンが怖ろしくてイヤだって言うことで、注文しました

 ブツは昨シーズン製造(2006-2007)のトーヨーのガリットG30にしました。安いから(^_^; 215/60R16が4本で送料等オール込み込みで43500円です。都市部と違い、見比べて安いところを探すくらいなら、通販で買った方が便利なのが田舎です(爆) これに脱着工賃を入れても、地元で今シーズンの物より1万円以上安いからね。

 3シーズン冬だけ履いたら夏タイヤとして、あと2年くらい使います。と言うことは、オイラはいつまでたってもコンフォートな夏タイヤは履けないって事か・・・涙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

能力

前の市長はワンマンだったけれど、政治家だったな~。

惜しいことをしたよ。

人を好き嫌いだけで評価して、必要な政治家を排除した様に感じたのはオイラだけじゃないと思うが。

後の祭りで困るのは全ての市民なんだよな。

未だに政治家になれない筋肉脳みそ、何とかして欲しい・・・

| | コメント (0)

2007年11月 3日 (土)

SO YOU THINK YOU CAN DANCE

 アメリカンダンスアイドルのオリジナルタイトルです。この番組には、ダンスに対する目を、十分に養わせていただきました。

Dance_00_2

 出場する選手達の中にも直ぐにでもプロとして活躍できる人もいるし、ゲストダンサーの短時間ではあるが見事なダンスなどを見たりして、楽しませてもらった。ド素人でダンスの基礎さえ分からないオイラにとって有り難かったのは、予選から本線-決勝戦へと、全くのラジオ体操兄ちゃんは論外として、出場選手が徐々にステップアップする様が、まさにオイラのダンスを見る目を養ってくれたことです。 (現在3rdシーズン放映中です)

Dance_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

おぐしお効果で筋子のリベンジ

 さてさて、美味しいいくらを食べようと言うことで、岩手産の生筋子をスーパーで買って参りました。先日はワンコのおかげで醤油の味しかしないイクラを食わされましたので涙

 何故かバトミントンラケットが隣に・・・みゆきさんには以前みゆきさんの日記でコメントしたから分かっていますよね(^_^)

Sujiko_01

 そう、こう言うことです、おぐしお効果手(チョキ) これを洗濯板でごしごしするように(わかんない人も多いでしょ?あせあせ(飛び散る汗))すると・・・

Sujiko_02

 途中経過は写真に撮り忘れましたが、30秒後にはここまでになりました。手に持っているのはスジにくっついて残ったイクラです。ほんの僅かですが、かえってここから残りを取る方が面倒だったりして・・・もうやだ~(悲しい顔)

Sujiko_03

 全部取ったらぬるま湯の中でジャバジャバして、潰れたイクラの皮や、取りきれなかったスジ(袋?)を取り除きます。もちろん湯が熱かったり、チンタラとゆっくりやっていると、不味くなりますよ。

Sujiko_04

 最後にタレに漬けて完成! 前回ワンコのせいとはいえ、生醤油で失敗しているので、NETでタレの調合を調べて、何時間か置くこととしました。明日には美味しくなっていることと信じていますわーい(嬉しい顔)

Sujiko_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

銚子 イオン SC 着工予定

最新情報 2008/06

2007年 11月 26日 着工が決まったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »