« 145系ウーハーの音 | トップページ | エリカ様、見てきました。 »

2007年10月 6日 (土)

発病前にHDD交換

 HDDの診断ソフトなどで来春頃の故障と診断されていた、懸案の未病HDDを昨晩、発病前に交換しましたexclamation ×2
http://choshi.cocolog-nifty.com/choshi/2007/09/post_1e5b.html

 とりあえず丸ごとコピーで全く同じ状態で新ドライブで快速快適に戻りました。未病のHDDは、シークに数秒かかることも頻繁でしたから、Pen4・3Gのマシンとは思えない激遅でしたたらーっ(汗)

Hdd_change

 黄色矢印の二つの内臓SATAディスク(二個とも日立製・160G)の内、上の方がシステム領域を含む未病HDDたらーっ(汗)です。ケースの上に載っかっている二個が新たに交換するディスクです。(ウエスタンデジタルの80Gとサムソンの200G)

 オイラの所は、深夜はオイラが使い、早朝4時とか5時に細君が使うので、このシステムは24時間稼働で2年8ヶ月くらい使っていました。さすがにシステム領域(C:)とデータ領域×2(D:とE:)が同居していると、壊れるのも早いようですね泣き顔

 以前まではシステム領域は必ず単独のドライブでやっていたのですが、この機械では初めての160G×2と言う大容量でしたので、”もったいない”病がでてしまい、ドライブを3つに区切って使っていました。まー、これが良くなかったのでしょう。ちなみにE:はiTunes 専用の50Gでした。これももう、一杯になりそうでした。

 今度は単独のHDD・80Gを、システム領域C:に割り当てました。Vistaになったとしても80Gあれば十分でしょう。二個目のHDD・200Gは、今まで一個目に割り当てていたD:とE:を半々で割り当てました。

 さて、移行の方法はと言うと、これが又簡単でした。HDD管理専用ソフトでパーティションを丸ごとコピーして、古いHDDを新しいドライブと交換するだけです。男の子なら普通にできる作業かと思います(?)

 でもパーティションのコピーに時間がかかるとか、そもそもそれ以前に古いHDD自体の不具合で再起動しなくなったりとかのトラブルがあり、本当はドライブのコピー前にシステムが飛んじゃいそうで焦りましたげっそり ここらあたりはハードに強くないと、実際は無理かも知れませんねあせあせ 

 OSの再インストール、、膨大なソフトと周辺機器のドライバーのインストールを考えれば、HDDの操作ソフトの1万円近い価格も良心的に感じちゃいますねわーい(嬉しい顔)

 結果HDDは、80G 200G 160G(以上内蔵SATA)+バックアップ用のUSB160G+40Gで合計HDDが5台ですか~あせあせ多いですねあせあせ(飛び散る汗) 

|

« 145系ウーハーの音 | トップページ | エリカ様、見てきました。 »

コメント

自作PCをやっていると、HDDは知らず知らずに増えてしまいますね。
私もHDDの総量がどれくらいか確かめたところ、1.5テラもありました。

ここだけの話、P2Pで動画を24時間体制でかき集めると1テラあってもひと月と持たないんですが・・・


未病の不安要素が無くなって安心して使えますね。

投稿: FD | 2007年10月 8日 (月) 07時12分

FDさんこんにちは。
貯めちゃうのは良いのですが、見ないで貯まっていくのが凄いと、P2Pをやっていた人から聞いて、貯めないように、直ぐ焼くようにしています(笑)
大体50Gを越えたら焼き初めて、一部の共有キャッシュを除き、全て削除してスッキリさせます。
しかしテラ単位とは凄い貯めようですね(笑)
写真も多いのかな?

HDDに関しては、データは毎朝自動バックアップしているので不備はないのですが、何十というソフトと周辺機器のドライバーのインストールがうんざりします。
中身がスッキリするからそれほそれで良いけど、最近、老眼になってくるとそう言うことも億劫でね~(爆)<本音

投稿: 音爺@管理人 | 2007年10月 8日 (月) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/16680986

この記事へのトラックバック一覧です: 発病前にHDD交換:

« 145系ウーハーの音 | トップページ | エリカ様、見てきました。 »