« チェット・ベイカー「枯葉」 | トップページ | DIY/iPodのバッテリー交換 »

2007年6月 8日 (金)

やっぱりE145は破格・別格

リンク: 聞いてがっせーよ・響気の館へようこそ.

 アルニコだフェライトだと言っていた頃が懐かしい(笑) D130のハイスピードを纏い(まとい)ながらも重量感を演出できる、非常に希有なユニットに間違いない。ハイスピードと重量感がバランスしている。アルテックの515に比肩しうるユニットと断言できる。もちろんJBL史上最強であることには間違いない。異論を唱える者がいるとしたら、その音を聞いたことがない者であろう。或いはできの悪いシステムに押し込められたかわいそうな145であろう。

 自分の箱が至上とは言わないが、聞いている限り失敗ではなかった出来上がりだ。金銭的と言うよりは、スペース的に許せるならば、ダブルウーハーにしてみたいものだ。

 ちなみにこのE145-8はK145の物にリコーンしてあります。

|

« チェット・ベイカー「枯葉」 | トップページ | DIY/iPodのバッテリー交換 »

コメント

ウーファーが軽いコーン紙の場合、なかなか納得のいく低音は出にくいものですが、軽いコーン紙をうまく制御できた時に聴けるハイスピードな低音は2235Hのような重たいコーン紙では不可能な音ですよね。
ところで、その制御ですが、以前紹介して下さったシャキットを効かせての制御でしょうか?
いずれにしても、素晴らしいユニットにようですね。

私もローに関しては、いつかは変えたいと思っておりますので、参考とさせて頂きます。

投稿: FD | 2007年6月 9日 (土) 21時27分

FDさんこんにちは。

今オークションにE145の超美品が2ペアー出品されていますよ!

 うちのスピーカーの成功は、大きな内容積に寄ることは間違い有りません。とにかく大きめな密閉で失敗することは有り得ないのだそうです。実はこの事を聞いていたからこそ大きくしたのです!(計算上は260Lです。実効は230Lくらいかな?)

 ウーハーだけかましてはいますが、実際シャキットを使わなくてもチャンデバの調整だけで、十分に本領を発揮します。もちろんグライコや音創夢を使えば言うこと無しでしょう。ただし、使うアンプはダンピングの効いたハイパワーアンプのが良いようです。プリもマッキンのC29は、はっきり言ってダンピングが効かない相性最悪でした(笑) 

 145も万能ではありません。E145も、150-4Cからなるホーンドライバーの系譜ですから仕方ないのですが、クラシックなどを聴くには、絶対にグライコとか音創夢とか(シャキットとか)を入れないと、深々とした音が出づらいです。もちろん平均入力で数十ワットも入れるような大音量なら問題ないかも知れませんが・・・(笑) FDさんの4344なら2220とかのが相性が良いと思います。無理して145を選択すると、クラシックが厳しくなりますよ~!ジャズだけ聴くなら良いけど・・・・スーパーウーハーって言う手もありますけどね(^_^)

投稿: 音爺 | 2007年6月 9日 (土) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/15357960

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりE145は破格・別格:

« チェット・ベイカー「枯葉」 | トップページ | DIY/iPodのバッテリー交換 »