« サウンドボード音源、その後 | トップページ | 光接続完了! »

2007年1月 7日 (日)

ミニコンプレッサー

 年のせいか車のタイヤの空気圧補充も、自転車空気入れタイプではしんどくなってきました。 フットタイプでも良いのですが、ワンプッシュでの空気量は、自転車空気入れタイプの方が若干多そうなので、今まで使っていました。

 しかし、昨夏、0.7kgまで減った圧を前2.3Kg、後2.2Kgまで復帰させるのに、なんと350回前後もポンピングしないといけなかったのです。 4輪で総計1500回位にもなりました(@_@;)  もちろん自力では無理で、ブーブー文句を言う子供達も総動員しました。 と言うわけで、年末に家庭用のオイルレスミニコンプレッサーを買いました。

312097352_189_4  

 タンク容量はミニマムな10リッタータイプ(事前に書いておきますが、エアー工具にはタンク容量不足)です。

スペックは、
重量9.0kg 、100V、2.0A、190W タンク容量10L
吐出量34L/min、空気接続口 1/4inchカプラ
最高圧力0.7MPa(7.1kgf/cm2)、安全弁設定圧力0.9MPa(9.2kgf/cm2)
再充填起動圧力0.5MPa(5.1kgf/cm2)
本体寸法420L×190W×410H

事実上の使用可能圧力は、タイヤの空気圧で言うと1kg分くらいって言うところですか。 タイヤの空気圧の補充だと、普通に使って2本分くらいでしょうか。 ランカの215/60/R16を、空の状態から2.5kg位に持って行くには、25L位のタンクで一本分でしょうか(推測ね)? 今回は1.6kg>2.4kgで、充填途中で再充填が始まりました。 次のタイヤに移るときには再充填が終わっていましたので、問題なかったです。

タイヤの空気入れ用のアダプターに付いているメーターは用を足しませんでした。 アダプターのメーターが3.8kgで、エーモンのタイヤゲージは2.4kgって、大きく狂っています。(エーモンが正しければ) まー、一度誤差を覚えれば問題なく使えますけれど(^_^)

と言うことで、この製品は私的には、必要十分な物でした。 もう一段容量の小さい8Lでも良かったかもね<場所をとらないし。

|

« サウンドボード音源、その後 | トップページ | 光接続完了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/13454621

この記事へのトラックバック一覧です: ミニコンプレッサー:

« サウンドボード音源、その後 | トップページ | 光接続完了! »